犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じ雲
同じ雲

Fuji Finepix F710 + NikonCapture4 + Nik Color Efex Pro 2.0

「今日は天気に恵まれ・・・」たので・・・
なんとyukinyaaさんと同じ雲を撮っていたようです。
朝10時頃ですかね。
いろんな雲が出ていてさわやかな気候でしたね今朝は。

さて、ちょっと集計して見たら今月は初めてデジタルの仕事本数がアナログの仕事を上回りました。
今月はデジタル度65%でした。
だんだんこうなっていくのですかね。
どうりで終電帰宅が多い訳だ。
やはりPCが共用だと効率が悪いです。
一人1台は夢のまた夢。
ならば、自分で買うべきなのか・・・。
懐具合と健康状態を天秤にかけて考えるべし、ですかね。

スポンサーサイト
では一番好きなスポーツは?
最近は見るの専門なのが悲しいですが。
自分がしてきたスポーツ遍歴としては水泳・野球・テニス・スキー、といった感じです。
では見るスポーツでは何が一番?
というと実はNFL(アメリカンフットボール)です。
サッカー観戦も好きですが(今はなき横浜フリューゲルスのファンクラブ会員でした)、アメフトはサッカー以上に好き。
シーズンは9月~2月頭のスーパーボウルまでで、基本的に1チーム週1試合なのも適度でいいですね。
それでもあまりちゃんと見る暇ないですが。
今も後ろのTVでニューオーリンズvsアトランタの試合をやっていますが、それを見るより早く寝なければいかんです。
ちなみにニューオーリンズは昨年のカトリーヌの被害でスタジアムが避難所になり、ほぼ1年試合が出来ませんでした。
今日の中継はその久々のニューオーリンズのホーム開催。
地元のファンの喜びは相当でしょう。
まだ終わってませんが大差で勝っているようで盛り上がってますね。

あ、そうそう、私はニューヨーク・ジャイアンツファンです。
イーライ、もうちょっとしっかりしてくれよ。


一番好きな食べ物・・・ですか?
yamadaさんのブログの現在の最新エントリーですが・・・
「一つに絞って」って言われてもなぁ・・・
あ、絞るどころか増えちゃいました。

コロッケ!

そう言えば大好きでした。
「鱧」なんて高尚なものとは比べるべくもないですが、
立ち食いそばの「コロッケそば」なんてのもいいですな。
緑

Fuji Finepix F710

夏場はバスクリンを入れたお風呂と化す外堀ですが、見ようによってはキレイかと(笑)。
デジカメ考
さて、フォトキナに向けて各社続々と新製品発表ラッシュですね。
その中で興味があるのは・・・やはりPENTAX。
yukinyaaさんの受け売りになりそうですがK10D良さそうです。
でもお仕事で使うためにはもう一歩の前進が欲しい。
開放F2.8クラスのズームレンズも必要ですし、なんといってもシンクロ接点が本体に無さそうなのが痛い。
D70使ってますから身にしみてますが、ホットシューアダプタが別だと付け外しに一手間増えるし、なくしたり忘れたりの心配がどうしてもあります。
PENTAX645を仕事で使っているので、プロが使うメーカーとしての安心感自体はあります。
これで645Digitalが買える値段で登場すればPENTAXでワンセット組んでお仕事、というのも考えたくなります。

今や片ページ断ち落としなら35デジでまったくOKというのが一般常識ですが、ポジの写真(もしくはバックタイプデジ)ばかりが載る雑誌のなかでまったく遜色ないか、と言われると自分はまだ不安があります。
被写体や条件が良ければ遜色ないことも多いんですけどね・・・
「やっぱりデジは(もしくは「デジカメを積極的に使う奴は」)ダメだ」とは言われたくないですし。
当然見開きは中判ポジと比べると苦しいです。
いまだ4×5ポジの仕事があるような保守的な環境で仕事しているもので(良く言えば「クオリティ重視の仕事」でもありますが)、完全デジにするためには中判デジカメが必要ですね。
ただペイしないほど機材にお金をかける訳にも・・・いかないんですよね・・・。

眠い・・・
昨晩は今日ロケ直行のためレンタカーにて帰宅。
終電を気にしないで良いからついつい午前2時までお仕事。
さて、今日は朝から都内で絨毯ショップ3軒取材。
そーいえば我が家にも6年前にイランに行ったときに買ったペルシャ絨毯が眠っていたな・・・。
「使わないのはもったいないです!子供がいてもお手入れすれば大丈夫だからどんどん使ってください」とのお話あり。
お手入れ方法の説明プリントを頂戴したので、近々出してみますか。
それにしても絨毯屋の撮影、体に(カメラにも)悪いです。
埃だらけで、終わると鼻がツンツンして風邪引くかと思いました。

ひっそりとNikon Capture 4のバージョンアップがされました。
何をいまさら・・・と思っていたのですが、公式の修正点のアナウンスとは別にどうもD2Xsの画像が開けるらしいという噂。
D2Xsのデータ持ってないのでわかりませんが。
コソコソやるのはやめて欲しいなぁ・・・

さて、今日はまだこれから自宅で一仕事。
画像処理ではありません。Excel仕事です(泣)。
2006年9月の月例展
2006-09新藤月例展


Nikon D70 + Tamron SP AF M90 f2.8
Nikon Capture 4 + nik Color Efex Pro2.0(Photo styler:Varitone使用)

出展して少し経ってしまいましたが、今月の新藤さんちの月例作品展(お題は「球」)に出したものをアップ。
ちなみに撮りっぱなしの元データは下の画像。


2006-09新藤月例展元画像

さて、ここはどこでしょう?
浅草NPS階段


FinePix F710 NikonCapture4+ nik color Efex Pro 2.0使用

ここのところ写真が無くて寂しいので旧作から。
ただの階段ですが・・・きっと見覚えのある方も多いのでは?
夜行かないとわかんないかな?
オーバーワーク?
余りに疲れて木金と更新できず。
毎日のように終電帰りで・・・良くないですね。
仕事が来るのは嬉しいのですが、「一息つけるかな~」と思っている日に撮影が急に入ったり、予期せぬ雑務が入ったりでちょっと頑張りすぎました。
気持ちに余裕がないと、撮影後の片付けも集中できずだらだらと時間かかるし。
結局今日は泥のように寝て過ごしました。

そんな中でも、PC関係のセットアップを少しづつ進めなきゃ、だし。
MacBookProはようやく2GBのメモリーを注文して、それがセットできればようやく実働できますかね。
PX-5500はいまだ開封できてません。
メモリーについては銀一のショップの方に相談。
銀一のショップの方はそれぞれに個性があって、誰に聞くかでアドバイスが変わる印象があるのですが(笑)、今回聞いた方(Xさん、としましょう)からはMac純正メモリではなくトランセンドのメモリを勧められました。
「信頼性と価格のバランスが良い」というのがその理由。
IntelMacになって以前よりも相性問題がナーバスになった、といわれているらしく、「銀一のほかの方は純正メモリを勧めるかも」ともXさんは言っておりましたが、Xさん自身が今トランセンドをIntelMacに実装しているらしく、2週間ほど使って結構重い作業をしても問題ないので価格を考えるとお勧めです、とのこと。
2GBで4万円程でしたので、こちらを注文。
純正より2万円くらい安いそうです。
実はトランセンドについてはCFでトラブルにあっていたのでちょっと心配だ、とも言いました。
そこはXさんもわかっていて、「トランセンドはもともとがチップメーカーで、メモリー自身はファームを使うような商品ではないので大丈夫でしょう」との見解。
もともとPCのメモリーを扱っていたことから銀一もトランセンドのCFを入れたそうなのですが、高速化の為にソフトウェアで無理をしてしまったらしくトラブル続出、当時Nikonからも「困っている」と報告があったほどだったそうで、結局それ以来取り扱いはやめたようです。

ちなみにIntelMac、Rosseta経由の現状でもCS2はPowerBook並み(以上?)のスピードで動くそうです。
「感覚としてはデスクトップG5のシングルCPUくらい」と言ってたかな。
メモリー積んだら自分でも検証してみます。
「CS2の起動が遅い」と先日言いましたが、ソフトのアップデートをかけたら512MBメモリのままでも50秒→30秒と少しは早くなりました。

昨日はもうちょっと早く帰れるかと思いましたが、そんなときに限ってPCトラブル。1台のMacからプリントが出来なくなってしまいました。
プリントの指示をしても、プリンタに送られたあとすぐジョブが停止してしまう。
OSは10.3.9のG5。プリンタは今までのPM4000PX。
直接的なきっかけは「四辺フチなし印刷がしたい」との希望があったため、「新しいプリンタの登録」をしようとしたのですが、ごちゃごちゃやっているときに「標準」を削除してしまい、それ以来登録しなおしてもダメ。Epsonのサポートに電話してドライバの入れなおしなどいろいろしてみましたが直らず。
どうもMac側に原因があるようですね。
Appleのディスカッションボードにちょうど同じような質問が載っていたのですが、はっきりとした有効な対策は結局見つからなかった模様。
長引きそうで頭痛いです。
PX-5500なら大丈夫かな?
いろいろやってみるつもりはありますが・・・
頑張り過ぎないようにします、はい。
館山行き
今日は会社の上司Nさんのお母様の告別式で館山へ。
Nさんは私に5年間みっちり写真を教えて下さった師匠でもあります。
お母様の写真Nさんにそっくりでした。
御冥福をお祈りいたします。

館山に行く電車は意外に少なく、ちょうどいい時間には特急が走っていません。
いろいろ調べて、行きは東京駅から出ているJRバスに乗車。乗換もないし座席はリクライニングするし今乗っているJRの鈍行よりはるかに快適(帰りはちょうどいい時間のバスが無かった)。
もう目的地まで切符買っちゃったのでなんですが、帰りは京浜急行のアクアラインバスで木更津から品川あたりに出れば良かったとちょっと後悔。
どちらでも時間はあまり変わらないけど...お尻がだんだん痛くなってきたので。
千葉から乗り換えた電車は新型で、同じ様なボックス型のシートでもシートがまるでやわらかい。
やはりちゃんと進化してますね。
そういえば10年位前までは新幹線も乗り心地悪い車両があったもんな。
リースアップとMacBookPro 15"
本日4年間使用したiBookG3、D100などがリースアップで引き取られていきました。
あんなに新品時「かっこいー」と思っていたiBookも今となっては何となく古臭く感じるのが悲しい・・・。

さて、今日は午後一件メンズ誌のインタビュープラス物数点のロケ。
その前後に先日納品されたMacBookProのセッティングをぼちぼち。

とりあえずシステムプロフィールを確認してみると・・・あれ、メモリが512MBだけだ・・・。
自分で注文しろってことですね、こりゃ。
ま、ともかくCS2だけでもインストール。
会社のLANにはセキュリティーの問題でアクセスできない。
基本的にはネットにつながず使うのでいいのですが、
CS2のアクティベーションの為にネット必要だよな・・・。
会社のシステム担当に相談。
臨時でアクセスさせてもらって無事アクティベーション完了。
JQさん、やっぱりメモリが512のせいもあってかCS2の起動やたら遅いです。
メモリ増設したらまたご報告しますね。

お次はキャリブレーションソフト。
Spyder2ではなく初代のSpyderProをいまだに使っている人はいまや珍しいのではないかと思うのですが・・・それしかないのでしょうがない。
「初代SpyderはIntelMacでは使えないかも」と聞いていた気がしたのでソリューションシステムの方に問い合わせ。
「仕組みはSpyder2の初期と余り変わりない筈なので、大丈夫だとは思いますが・・・割とすぐ検証できると思うので折り返しますよ」と、嬉しいお答え。
数時間後、「OS10.4.7で検証OKでした」との答えが返ってきたので、無事ソフトをインストールしてキャリブレーションできました。
ただ、気になることが一つ。
今回ユーザー画面でキャリブレーションをしたのですが、ユーザーのライブラリのColorsyncフォルダが・・・見当たらない。
IntelMacになって構造が変わったのでしょうか?
2台とも同じ状態なので、個体の問題ではないと思うのですが・・・。
仕方が無いのでユーザーのホームフォルダ直下にそのモニタプロファイルを置き、Machintosh HDのライブラリのColorsyncのProfilesフォルダにコピーしときましたが、これでいいのだろうか?・・・
まだ仕事には使えないのでぼちぼち確かめていくとしましょう。


中東正之氏写真展「サヨナラ軍艦アパート」
さて巷で話題の写真展、今日のお昼前に見に行ってきました。
皆さんの「オリジナル見とくといいよ~」の声に押され、何とか最終日に間に合いました。
会場には中東さんもいらっしゃったので、早速お声をかける。
「新藤さんとこの月例に出しているwan-wanと申しまして・・・」っていきなり言われても・・・わからんですよね、そりゃ。
でも、大変丁寧に応対していただきました。
惜しみも無く今回の苦労した点や、展示や輸送のノウハウまで教えていただき大変感謝です。
作品のクオリティにも驚きました。
Epsonの大判インクジェット出力(Epsonプレミアムマット紙使用とのこと)での作品群。
「最終出力のツールを自分が持っている事は強いし、結果楽ですよ。銀塩でそれなりの出力を枚数出すと結構コストもかかりますし。そう考えるとEpsonの今のPX-9500も決して高くは無いですよ」
というご意見も作品を見ると納得。
いや、こうやって頑張っている人に触れるといい刺激を受けますね。
新藤さんも写真展するし・・・
これは自分も頑張らねば!

あ、ちなみに偶然会場にてJQPさんとyukinyaaさんにばったり。
そちらでもいろいろお話できて今日は充実の一日でした。
お二人そろってLightroomがお気に入りなんですね。

モブログテスト
私はWILLCOMユーザーなので、携帯でブログの投稿ができると聞いても「どーせPHSはダメなんでしょ」とはなから決めつけてましたが、このサービスってメール形式なのですね。
なので...テスト!
母校の文化祭
くすのき門


昨日は高校時代の友人達と飲み会。
もともと文化祭の実行委員の面々で、卒業してかれこれ18年。
誰かしら欠席はあっても毎年続いています。
今年は久し振りに現役の文化祭を見てみよう、ということになり
埼玉は小江戸の県立男子校まで出向きました。
さすがに東京から飲むためだけに出向くにはちと遠いですが。

生徒自ら立候補して100人近く集まる実行委員会。
毎年パワーだけはあります。
上のような門が毎年シンボルとして作られています。
当日になっても裏で、チョコチョコ作業をしていて、
「あら、実はまだ完成してなかったのね」というのも
毎年の伝統です(笑)。

川越プール


この高校の文化祭の目玉はなんといっても男子シンクロ。
あの「ウォーターボーイズ」のモデルの高校です。
ちょうど私が3年生のときに始まったのですが、
当時は「なんか気持ち悪いのやってる」としか言いようが無かったのですが、まさかこんなにブームになる程のものだったとは・・・
私が着いたのはもう夕方だったのでシンクロは見られませんでした。
もっとも朝から並んで整理券をもらわないと見られない、という噂ですが。
パンフレットを見ると・・・一日5回公演。
ジャニーズと張り合ってますな。
で、写真はそのシンクロ会場のプール。
屋外とはいえ最深部1.8mの50mプールで、結構立派なものです。
このプールがあったからこそシンクロも生まれたのでしょう。
でもどう間違っても眞鍋かをりのような先生はいません(笑)。

ところで、えび君今サハリンで仕事しているとは聞いていたが、「マイナス20℃でカメラを使いたい」のだったら先に言うように(笑)。
レンズ込み15万のカメラセットで果たして使えるかは私もすぐには答えられないので。
業務連絡
え~残念ながら9月のゾロ目会は参加できません。
高校時代の友人の集まりと日程が重なってしまいました。
今回はスタジオだから人数集まるのですかね~?
また来月参加できたら、と思っています。

さて、えび君は無事帰国できたかな?
おすすめデジタル一眼は?
高校時代の友人えび君からメールあり。

>ところで今、物欲が滅茶苦茶盛り上がってます!!
>で、話題(??)のデジタル一眼レフが欲しいのですが、お奨めの機種って>なんでしょう??
>予算は10万ちょっと。
>レンズとかアクセサリー入れたら15万円くらいまで。
>ソニーのアルファなんてどうでしょう?
>アドバイス願います!!

「い~んじゃないですか、ソニーで。」
と、軽く返せないのが私の悪い癖。

会社にあったアサヒカメラ9月号などを電車の行き帰りでぱらぱら見てみる。
ネットで「デジカメwatch」と「yodobashi.com」をざっと見てみる。
そー言えば新藤さんもカメラ購入付き合ってたな・・・。
でも新藤さんのとき(7月末)と違って、NikonとCanonの新製品が出てしまったし・・・。

結果として、特に「写真が趣味」という話を聞いたことの無いえび君はごく一般的なユーザーだと推定できるので、新製品の出揃った今ならほぼどれを選んでも問題ないのでしょう。
絞るならNikon、Canon、Sony、Pentaxですかね。

この中で自分が買うならファインダーの良さが一歩抜けているNikon D80にしそうですが(四谷のitoさんもお気に入りでしたね)、あいにくこの中では値段がやや高め。よって脱落か?
Pentaxもいいと思いますが(こちらもわりとファインダー良さそう)、どーせなら1000万画素が欲しくなるのかな?
本当に600万画素で充分なんですけどね。
Sonyはスペック的には申し分なし。
CanonKissD-Xはまだ発売前なのでちょっと情報不足ですね。
ちょっと前までは問答無用でKissがお勧めだったわけですから、
その新機種ならきっと良いのでしょう。
ただ、新しい機能が盛り込まれた分電池の持ちがどこまで悪くなったかが心配ですね。

あとはえび君本人が売り場で手にとってそのフィーリングで結論を出すのが一番かな?

ちなみにコンパクトならここ数年断然FUJIを勧めてます。
高感度が売りになってようやく市場シェアにも反映されてきましたね。
結果的に私の周りで「FUJI買ったよ~」という人が5人くらいいます(笑い)。

あーまた2時だ
どーも宵っ張りですね・・・。
いかんいかん。

今日は駄文で更新。

ちなみにこのブログにアップした写真、最初の夕焼けと伊東の花火がNikon D70、それ以外はFUJI F710です。

明日は幼児雑誌の撮影。
幼稚園の先生が教室で簡単な一人劇をするプランのプロセスカットなのですが、D200-Mac直結で1カットづつ絵柄確認後本番は645ポジという非効率なワークフロー(笑)。
後の作業がポジの方が助かる、という編集者(or編集部)は相変わらず多いのです。

さ、寝るぞ。
第二回 Capture NX リポート
さて、今回はNXの目玉機能、U-Pointテクノロジー。
「マスク作成処理を行うことなく画像の一部分を編集することが出来る」のが売り。
「ブラック」「ホワイト」「ニュートラル」(以上画像の全体調整)「カラー」「赤目補正」(以上画像の部分調整)の計5種類のコントロールポイントがあります。
ちょっとづつ試していますがいまだ慣れきれないですね。便利だとは思うのですが、しっくりくるまでもうちょっと時間が必要そうです。
ま、使うのは主に「カラーコントロールポイント」のみになりそうです。

「カラーコントロールポイント」はポイントを置いた場所を中心にして色と明るさを部分調整する機能ですが、マスクなどの範囲選択でなく、ポイントを置いた場所の色(テクスチャーなども関係しているようです)を中心にソフトが判断したエリアに対して、ユーザーが調整したい部分のサイズの大小や各要素の強弱を決めて使用します。
ひとつのコントロールポイントの影響は多少なりとも画像全体にかかります。画面の中の白などは特に影響が大きいので注意が必要です。
よって使い方のコツとして覚えておきたいのは、

・ 一個目のカラーコントロールポイントを打った後、もう一つ新たにカラーコントロールポイントを打つとその部分は一個目のカラーコントロールポイントの影響をなくし元に戻すことが出来る。

・ カラーコントロールポイントを複製(Winの場合コントロールポイントにカーソルを置いて右クリックから選択可)すると、同じ効果を別の部分に適用することが出来る。

以上の2点。この作業を使いこなすことがキモのようです。
ちなみにカラーコントロールポイントは初期設定ではBCSモード(明るさ・コントラスト・彩度の三要素による調整)ですがHSBやRGB、及びその全てを並べたモードでの調整に変更可能です。私は今のところBCSのまま使用していますが、そのうち他も試してみたいと思っています。

「ブラック」「ホワイト」「ニュートラル」コントロールポイントは・・・ちょっとまだ使いこなせません。「ブラック」「ホワイト」については「ウェディング用?」とおっしゃっていた方もおりましたが、対象の色を白or黒にする、と言うことはツブし、とばす、ということではないのですかね?ただ、ダイナミックレンジのエンドを決めるだけでなく画像の明るいor暗い階調を中間色化するという機能でもあるらしいので、色カブリをニュートラルにしたい場合に使える機能らしいのですが。印刷原稿用以外でぬるい画像を締めたい場合にはアリなのかもしれませんが・・・。
そういう意味ではニュートラルコントロールポイントの方が使えるかも知れません。
この辺ちょっと自信ないので誰かレクチャーできる方いらっしゃったらフォローよろしくお願いします。

ちなみに「赤目補正」は余り使いそうに無いので今のところ検証してません。
初体験!
東京タワー


と、言うほどではないですが、30年以上東京近郊に住んでいながら昨日東京タワーに初めて行ってしまいました。
日中でしたので夜景ならまた違うのかもしれませんけど、上の展望台からの景色は特に感動するほどではありません。
が、初めて東京タワーを真下から見上げると結構カッコ良くて感動。
つい何枚もシャッターを押してしまいました。
最近カメラを向けると嫌な顔をしがちな娘(6歳)も、東京タワー全景バックではピースサインまで出してくれました。しかもしっかりクレームつけて。「1枚目は暗いからストロボで明るくしろ」ですと。ちゃんとストロボたいて2枚目はクライアントにOKいただきました(笑)。
第一回 Capture NX リポート
捨身研での勉強会から既に約一ヶ月。
リポート提出期限はとっくに過ぎた感じですが(笑)書き込んでみましょう。
Nikonの方から聞いた説明、自分の検証、他人の意見などごちゃ混ぜで書きます。現時点で私がそうであろうと思っていることを書きますが、もちろん検証は各自自己責任でよろしくお願いいたします。
「当たり前」「そんなのわかってるわい」という意見もあろうかと思いますが、流してやってください。

まず、インターフェイスががらりと変わりました。
否定的な意見も多いようですが、良い点も見られるので、悪い部分を何とかアップデートでつぶしていって欲しいですね。出来ればNC4より明らかに悪くなってしまう点はなくして欲しかったですが。
良い点としてはファイルディレクトリとブラウザが付いたこと。NC4のイメージブラウザ、私は余り好きではなかったのでこちらの形態の方がうまく使えそうです。ブラウザでラベルが使えるのもいいですね。NC4で欲しかった機能の一つだったので嬉しいです。
ファイルの移動は「分割ウィンドウ」を使って行います。一見便利かと思うのですが、Nikon Viewのようにファイルディレクトリ内のフォルダに直接ドラッグ&ドロップ出来たほうが良い、という意見を聞いて、「ま、確かにそうだよな」とも思いました。ま、この辺はビュアーソフトとの線引きが難しいですが。(Nikon View Proはどうなるんでしょう?)
ブラウザ上でのバッチも便利かもしれません。私はあまり使わないかも知れませんけど。

次にエディットリストについて。
NXのメインとなる機能です。「photoshopのヒストリーと調整レイヤーを合わせたようなもので、ヒストリーと違ってひとつ飛ばして適用したりできるもの。」とはyamadaさん曰くですが、まさにそのとおり。結構優れた発想だと思います。効果のオンオフが全てクリック一発で見られるのもいいですね。
「1.基本画像調整」は「画像全体にかける(=部分ではかけられない)調整」でNC4の作業は基本的にこちらで出来ます。「色モアレリダクション」が他のNRと項目が分かれたのはこの「全体にしかかけられない」という理由のためで逆に言うと他のNRは部分的にかけられます。
基本画像調整以外は新規ステップということで自分で調整項目を選択するわけですが、NXはNC4と違ってこのステップ2以降は順番を変えると効果が変わるので注意が必要です(NC4はどの順序でかけても効果は一緒でした)。
このエディットリストでNC4に比べて不便な点は
1. パレットをたくさん並べられない
2. パレットを拡大できない
3. パレットを一つ一つ独立させられない
というかなり致命的なものです。トーンカーブはもう少し大きく出来ないとつらいですね。あと、トーンカーブでうったポイントを矢印キーで上下できないのもNC4からの改悪でしょう。
ただ、色変換などスライダーの三角ポイントをクリックし、それを矢印キーで左右1ポイントづつ動かすことは出来るようです。今やってて偶然気づいたのですが、確認したらNC4でも同じ仕様だったんですね・・・。でも、NXの露出補正だけはそれで動きません。NC4では動くんですがねぇ。
ちなみにNRなどのエンジンはNC4とほぼ同じエンジンだそうです。

次に「ファイルを開く」・「保存」について。
NXではファイルオープンの際に荒めの画像がすぐ出る仕様になっています。NC4ではこれが無かったため完全に開くまでどんな絵柄か待たされましたが、NXでは望みの画像でなかった場合荒めの画像を見て待つことなくすぐキャンセルが出来ます。
また保存について、NEF形式で保存したファイルは環境設定で指定されたフォルダに、リンクされたキャッシュファイル(RGBデータ)が自動的に作成され(有効にしている場合のみ)、以降そのファイルは速く開くことができます。ま、これが便利かはその人の使い方次第でしょう。ちなみに「別名で保存」にした場合、元のNEFデータは当然キャッシュファイルが作成されません。

では本日はこの辺で。
CaptureNX アップデート
いや、お恥ずかしながら報告できないままにしていたら、
昨日Capture NXのアップデートがあったようです。
ま、昨日発売のD80に対応、が主な目的のようですが。
バッチ処理の一部のバグは直ったようですが、細かいバグフィックスだけのようですね今回は。(でもたくさんありますが・・・)
まだインストールしていないので未確認ですけど。
早くバッチ処理の大きな改善とIntelMac対応を果たしてもらいたいものです。

ま・さ・かレパードが出るまでIntelMac用出さないわけじゃないですよね、Nikonさん。(そんな気もするけど・・・)

昨日今日と娘の面倒を一人で見ているのでバタバタ続きです・・・。
EN-EL3e入手
EN-EL3e


銀一に無いので、ヨドバシ、Bicのネットショップも見てみましたが無い。
で、Amazonを見てみたら・・・在庫ありました。恐るべしAmazon。
領収書を会社宛にしたかったので、そのやり方がわからずメールで質問してみたところ1日ほどで回答あり。商品に同封される納品書兼領収書に「________________様上記料金を領収いたしました。」という空欄があるのでそれを利用すればいいそうです。
で、8/31午前発注で今朝(9/2)午前到着ですからほぼ丸二日でOK。いや便利ですねぇ。どうりでAmazonの業績が良くなるわけだこりゃ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。