犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
では「雪の撮影」行ってきます
昨日のスタジオ片付けの続きと出張準備をして帰ってきたらこんな時間に。
やばい、運転もあるというのに。
では本日朝6:00会社発で「雪の撮影」行って参ります。
皆さんのアドバイスを生かして頑張ってきます。
ちなみに場所は長野の小海近辺。
結構暖かいのかも。
でも雪の状況によっては移動する可能性あり。
ネット接続出来ず、PHSもつながらない可能性もあるので、更新滞るかもしれません。
3/1帰宅予定。
コロン好きなあなたへ
Collonポンジュース
Nikon D70 M60mm SILKYPIX 3.0

四国地区限定「Collonポンジュース」。
ま、ありがちなご当地バージョンみやげ、いかにも空港ショップ用なのですが・・・
あなどるなかれ、意外に美味しい。
私はどっちかというとパッケージのかわいさにやられてしまったのですが。
小箱の6個セットなのもポイント高しです。
ポイポイと配るには最適。

徹夜&徳島
日和佐
Nikon D200 DX17-55mm NC4

月曜日終電。
火曜朝から都内ロケ2本。帰ってきてスタジオ物撮り。
デジタルの現像処理、報告書関係、スタジオ片付け、出張準備・・・
気づけば朝4時。やむを得ず久々の深夜タクシーにて帰宅。
家でシャワーだけ浴びて、すぐ羽田に向かう。
7時の徳島行きの飛行機。
撮影地は空港から2時間弱、「日和佐」というところの近く。
何でもウミガメの産卵で有名な場所らしい。
実はほぼ20年前、高校時代に一人旅でこの日和佐の駅に降り立ったことがあり感慨ひとしお。
まさかもう一度来るとは。
写真はそのあたりを流れる川。
透明度が素晴らしい。

帰りは結局徳島7時発。
なんだかんだで今日も終電帰り。
お疲れ様でした・・・。
飛行機で往復とも飲み物もらわなかったのは初めてでした。

雪の撮影2
あらためましてみなさんありがとうございました。
皆さんのコメントをプリントアウトして仕事の合間に何度も読んでおりました。
そしてやはり火曜水曜と予想通りハードでした。
それはまた別記事にて。

----------------------------------------------------------
>沼田さん
いつも多方面でコメントを拝見しているのでつい見知った気になってしまいますが、こちらはお初なのですね。
いらっしゃいませ。
長文のアドバイス、本当にありがとうございます。
実体験の感想は説得力がありますね。
モニターは・・・カブリですかね、やはり。
防水な黒布を探したいところです。
結露対策が本当にやっかいそうですね。
ノートを2台持っていって、外でレッツノート、ホテルでMacBookProを使おうかと思ってます。

>画像屋さん
応援感謝です!

>animatoさん
今回はただ撮るだけでなく、間違い探しやらパズルやら迷路やら・・・
かなり企画が無謀なので・・・PCチェック出切るに越したことは無いんですよね。
編集者だけの希望でなく、私もPC使わないと判断付きづらいかも。

大き目のクーラーバッグは持って行きますが、本当にクーラーバッグとして制作物保冷に使われてしまいそうです。
何か他の防水ケースが欲しいなぁ。
あ、トロ箱みたいな発砲ケースなら軽いか?
アルミシートみたいなのを敷いちゃうのもありか?

北海道寒そうですね。
そちらもご健闘お祈りいたします。

>CrazyCrowさん
実父ロック(!)いやジップロックの大きい奴ですね。メモメモ。

>tatsphotoさん
いや、おっしゃることもごもっとも。
私自身もフィルムにしたい気持ちも半分はあり・・・
実はRZ一式も車には積んでおくつもりです。
なにせ雪の中での仕事は初めてなので予想がつきません。
デジタルにしたいのは上記の理由で細かい配置確認がしたいことと(こまごまポラはきってられません)、制作物が溶けていったりすることも考えられるので、「OK、撮れてるよ」となるべく言えるようにしたいがためです。
確かに露出は難しいでしょう。
結果フィルムになっていたら笑ってやってください(笑)。

>早稲田のitoさん
いえいえ、先日のブログのスキー場の記事でもう少しいろいろ聞いてみたいなと思い、「雪の撮影」記事にさせていただきました。
露出の基準アドバイスも助かります。
「インバーター」確かにあったほうがいいかな?とは漠然と思ってました。メモメモ。
こりゃ土曜日にいろいろお買い物だな。

----------------------------------------------------------

あと、先輩から「新雪だと三脚が埋まるからジッツォのロケーションシュー(もしくはマンフロットのスノーシューズ)があった方がいいよ」とのことで貸してくださるそうです。感謝。
あ、それとジッツォ持って行くならレッグウォーマーが必要かな。




雪の撮影
今度の日曜から長野のスキー場近くで雪を背景にした撮影をします。
いろいろ考えて、結果デジタルで今のところいくつもりなのですが・・・不安が一杯。
人形や雪・氷で作った制作物を雪バックで撮るので、純粋に撮影要素だけでも大変なのですが、カメラやPCが現場の状況的に大丈夫なのか、が一番分からないところです。
単純に考えて、
・低温下での動作(カメラ・PC共)
・雪(水分)対策
・結露対策
この辺は気をつけないといけないですよね。
カメラのバッテリーについては複数持って行って、ポケット(カイロをいれるべき?)などであっためながら使いまわそうかな、とか思ってます。
結露対策については・・・機材をホテルなどに持ち込むときは慎重に温度を慣らしていかないといけないのでしょうか?
それと見開きでページレイアウトを考えながら構図を作っていかねばならないため、PC直結での撮影を考えています。
できればPCは車の中に引き込むべきなのでしょうが、それができない時はどうするか・・・
軽い折りたたみいす&PC用に空のカメラバッグを用意して・・・かな?

あとは自分の防寒対策ですね。
温度的には晴れたスキー場での撮影、をイメージしているのですが、なにせ雪の中であれやこれや制作しながらの撮影になるので何時間雪の上にいることになるのやら・・・。
それが4~5日続きそうですし。
一応先日ICIスポーツ(登山用品屋さん)で防寒長靴と灰懐炉は入手してみました。

というわけで北の国の(もしくは雪の国の)賢人の方々、知恵があったら教えていただけると嬉しいのですが・・・
今年のバレンタインデー
2007バレンタインデー

Fuji Finepix F710  SILKYPIX 3.0

いまさらですが・・・
もっぱら自分の記録のために今年のバレンタインデーネタなど。
今年妻と娘から、ということでもらったのが目黒のOGGI「ショコラ・デ・ショコラ(オレンジ)」
当然「パパのものはみんなの物」(笑)ということでさっそく家族でいただきます。

実は以前こちらの「オレンジピール」を撮影して自宅に持って帰ったことがあり、とても美味しかった記憶がありました。
「オレンジピール」自体は他のケーキ屋さんでもよくある商品なのですがこちらのは私いまだに一番好きです。
で、この「ショコラ・デ・ショコラ(オレンジ)」ですが結論から言うと、私はいたく気に入りました。
かなり濃厚なチョコレートケーキなので甘いものが余り得意でない人やご年配の方はキツイかもしれませんが、濃いけど嫌な甘さが無く、オレンジやスパイスの入り方が絶妙ですので残すことなく食べられます。
6歳の娘も大好きでした。
ずばりおススメです。

ところで最近コンデジのjpeg画像修正にSILKYPIXを使うようになりました。
jpegでホワイトバランススポイトが使えるのと、ノイズリダクションを気楽に使えるのがとても便利です。
といっても、まだまだプライベートレベルでの使用で、仕事となるとちゃんとテストしないと怖くてまだ使えませんが。
ま、Lightroomでもいいんでしょうけどね。
読み込むのが気分的になんとなくかったるいのです。
お二人とも誕生日おめでとうございます
「僕今日誕生日なんですよ!」と会社の後輩に言われました。
おや、yukinyaaさんと一緒とは。
「おめでとう!」
「僕金正日と一緒の誕生日なんですよ」
なんだ、知ってるんじゃん、つまんないの。
ちなみに彼は29歳になったそうです。
来月結婚式だというのに・・・
彼の誕生日は私と一緒に終電帰りでした。

・・・やはりみずがめ座はカメラマンが多そうだぞ。
ちなみに
20070215120730
開いたらこうなってました。
これって…
20070215115327
どういうことなんでしょう?
初めて見た警告です。
内蔵HDDに問題があるのでしょうか?
ターミネータって何?
皆さんのお知恵を拝借したく。

ディスク障害により破損
読みづらかったのでちゃんとした画像アップ。
SB-800シンクロ使用
武蔵小山01

Fuji Finepix F710  

写真は白ヒゲさんに対抗して私も武蔵小山で(笑)。

ここのところ人物撮影が続きそうでポラ代わり&バックアップにデジタル、本番はフィルムという体制でロケに行っております。
つい先日ようやくSB-800にさせる形のシンクロコード(5m)を購入しました(メス-メス?オス-オス?の形状の端子ですね)。
メインライトはワイヤレスではないですがNikonのSU-4モードを使ってサブはワイヤレス、そんな形でF5でフィルムでもOKという布陣にしております。
これが出来るのはNikonのえらいところですね。

ワタナベカメラサービス
先週金曜日、ハッセルの修理が上がってきました。
ハッセルの話題なんて珍しい・・・というか初めてかも知れませんが。

十数年前に購入して以来あまりメンテナンスをしていなかったので、ミラーの戻りがおかしくなりました。
で、シュリロに見積もりを取ったところ・・・
ボディー1台(503CX)にマガジン2つで10万オーバー。

これはちょっときついなと思い、他のところは無いかな?と。
ちょっと前のアサヒカメラの付録で修理屋さんリストがあったのを思い出し、「ワタナベカメラサービス」発見。
記事を読んでみるとハッセルの修理認定店のお墨付きをもらっていて、ハッセル社から純正部品が入手できているのだとか。
修理品もかなりの割合でハッセルのいわば専門修理店。
ここなら大丈夫かと思い、訪ねて見積もってもらいました。

結果6万ちょっと。
値段は文句なし。
ドアをあけたらいきなり部屋、机が二つ前後に並んでいてカウンターもなし、とかなり狭い部屋で、出てきた方もこれまたいかにも職人さんといった感じ(笑)。
でも信頼できそうだったので(事前にネットで調べた評判も良かったです)お願いすることに。
「いつ欲しいの」なんて言ってくれましたが今回は急がないので結果一週間ちょっとで出来ました。
「修理部分だけじゃなくていろいろ見といたから」(つまりほぼオーバーホール?)と言って下さったのも嬉しい誤算。
次回も是非お願いしたいです(笑)。
ちなみに場所は銀座で銀一のショップと同じ通り沿いのビルの8Fにあるのですが、入り口がその通りから一本曲がったすぐ脇にあるのでちょっと分かりづらいです。
近いこともあって銀一さんからの急な修理の依頼もあるそうです。

<ワタナベカメラサービス>
中央区銀座1-4-9 第一田村ビル8F
TEL 03-3561-8666
10:00-18:00 日・祝休み

実は私80ミリしかもっていないもので、最近出動機会が減ってはいたのですが・・・
VX125のお供で人物用に使いましょうかね。
THE BLUE VERANDA
THE BLUE VERANDA

Nikon D70 AF-S18-70mm NC4+Nik Color Efex Pro 2.0

日曜日、義母の還暦祝いをしました。
総勢7人。
お店はいろいろ迷いましたが、みんなでワイワイ出来た方が楽しいだろう、ということで竹芝のインターコンチネンタル東京ベイの1Fにある「THE BLUE VERANDA」にてランチビュッフェに決定。
ビュッフェですからコース料理などと比べてはいけませんが、なかなかどうして、どれも美味しくいただけました。
外れが無いのはとても嬉しい。
コーヒー・紅茶がセルフではないのもいい感じ。
サービスの方もとても感じが良く、また機会があったら是非利用したいと思いました。
ランチビュッフェとしてはかなりポイント高いのではないでしょうか。
(ビュッフェを評論できるほど詳しくはありませんが、もちろん。)
コンデジの会(ちょっとだけ)参加
コンデジの会

Fuji Finepix F710  

コンデジの会、スタートから2時間ちょっとだけ参加してきました。
上のようにおなじみの「不動前テストセット」。
コダックのグレーチャートにエナジーランプでダイナミックレンジのテスト。
ついでに感度違いも撮影。

私個人的には私のF710と新藤さんのF810(まだ持っていらっしゃった!)の差が興味深々・・・ってすでに4~5世代は前のカメラでレアなネタになってますが。
F710と810の大きな違いはCCDの違い。
ダイナミックレンジ重視のハニカムSRか解像力重視のハニカムHRか。
であればこのチャートテストでは是非SRに軍配が上がって欲しいものですが(笑)。
私両方のカメラでこのチャートを撮っていたのですが、取った直後のデータを液晶で見た感じはどうもHRがいい感じな気も・・・
目の錯覚であって欲しい(笑)。
それとは別に気づいた点として、感度設定の差。
F710は最低感度(=常用感度)がISO200から。
以降400・800とあって、おまけに1Mになってしまうけど1600。
対してF810は最低が80で100・200・400とあっておまけに3Mで800。
「100があってうらやまし~」と言っていたら、
「何言ってんの。200スタートってことはそれだけ高感度が優秀ってことなんだよ。200以下に落としても画質があまり変わらないから200スタートってことなんだから」
と数人の方に言われてしまいました。
知らなかったです。

あとはチョコチョコとテストをしながら雑談をし、短いながらも毎度楽しいひと時を過ごさせていただきました。
白ヒゲ様、いつもありがとうございます。
テスト結果楽しみにしてま~す。

私が帰る直前にyukinyaaさんから今から行くとの連絡あり。
いや~相変わらずすれ違いが多いですな。
コンデジの会
参加表明が遅れましたが・・・
2時から2時間限定で参加可能となりました。
短い時間ですみません。
いざ不動前。
PAGE2007(初日)の話
書くのが一日遅れましたが、PAGE2007行ってきました。
2/7、初日です。
といっても、一日いても結局ブースをゆっくりとは見られませんでしたが。
午前中は興味のあったGMGとフジのブースで話をしたらほぼ終了。
その後7階に上がって13:00~はJPSのセミナー。
受付で事前登録が必要だと知らされる・・・。
でもなんだかんだで大丈夫そうでしっかり入場しました。
その受付でyukinyaaさんと出会う。
いらっしゃる予定と聞いていたので特に驚かず。
横に座ってさっとマクブクプロを開かれる姿を見て、
「あ~レッツノート持って来ればよかった」といまさら思う。

で、JPSのセミナーと言ってもAdobeの栃谷さんの3時間独演会。
内容はLightroom製品版の機能紹介90分、PSCS2のTips連打60分、そしてCS3の機能ちょこっと紹介20分、って感じでした。
結局例の「バイブランス」って奴は「自然な彩度」って日本語にされてました。
う~ん、分かるような分からないような・・・。
yukinyaaさんにとっては「知ってるよん」な内容だったかもしれませんが、私には役に立つセミナーでした。

でそのあとyukinyaaさんについていくとdojou7さんとお久し振りのholmeswanさんにお会いすることが出来ました。
ここでお話をして17:00タイムアップ。
他にEIZOのデモ聞いて記念品もらいたかったし(笑)、モニターも見たかったし、DxOなども説明聞いてみたかったし、測色器メーカーも回りたかったのですが・・・無理でしたね。
でもそんなことより100倍ためになる話をdojou7さんから聞けました。
いや~、そんな話になっているとは想像も付きませんでしたよ・・・。
固有名詞になってしまうのでちょっとここには書けませんが。
でも大方yukinyaaさんとどじょう7さんでLightroom勉強会の打ち合わせと化してました(笑)。



ドゥ・ボン・クーフゥ
ドゥ・ボン・クーフゥ外観

Fuji Finepix F710  SILKYPIX 3.0

武蔵小山のケーキ屋「ドゥ・ボン・クーフゥ」
前から一度行ってみたいと思っていました。
まだオープンして1~2年くらいかと思いますが、おおよそ「むさこ」と思えないコンクリ打ちっぱなしにアンティーク家具を並べたお洒落な店。
ケーキの値段も「むさこ」とは思えませんが(笑)。
実は昨日2/6は私の誕生日。
37になってしまいました。
でもあいにく知人のお通夜と重なってしまい5日の晩に祝ってもらいました。
夕飯はもちろん妻のお手製ですが、自分の誕生日ケーキは自分で購入(笑)。
イチゴ使うなだの、お酒使うなだの自分以外のリクエストがうるさく(笑)、結局ピスタチオのクリームのケーキを前日に予約。
ドゥ・ボン・クーフゥ ケーキ1

詳しい内容は忘れてしまいましたが紅茶味のスポンジにラズベリーも入っていたような・・・
ドゥ・ボン・クーフゥ ケーキ1カット

食事をしっかり食べた後に食したのが敗因でした・・・。
見ての通りかなりぎっしりとつまった重めのケーキ。
素材がいいのは食べてすぐ分かるので嫌な甘さは無いのですが・・・
これはデザートにしてはいけないな。
ドゥ・ボン・クーフゥ ケーキ2

でもこの店で人気があるらしいイチゴのショートケーキもしっかり買っていたりする。
一個でもきついと言いながら3人で分けて食べましたとも。
こちらもショートケーキにしてはしっかりとしていますがさすがにピスタチオほどの重さは無い。
美味しかったですよ。
こっちは素直にお勧めできます。
いずれにしても大人向けですね。
また別のケーキも買ってみたいです。

で、昨日はお通夜に行くつもりでスーツ持参で出社したにもかかわらず、午後から急に忙しくなり、しかも他人の仕事の尻拭いまでさせられて結局通夜に行けず(泣)。
その後もなんかやることなすことチグハグで・・・
こんな時間にブログアップしたりしてます。
さて、そろそろ寝る気が湧いてきました(?)。

結局PAGE2007は明日・・・じゃない今日行くことになりそうです。
木金は撮影になりましたので。
グラビア印刷の校正
B&W001

Fuji Finepix F710  NC4+Nik Color Efex Pro 2.0

ここのところ雑談が続いていたので今日はお仕事の話でも。
最近良くお世話になる某編集部でのお話。

私、恥ずかしながらポジ時代は印刷についての知識が余りありませんでしたし、知ろうともしていませんでした。
しかしデジタル撮影が増えてどうもポジ時代では考えられなかったような印刷トラブルがあったり、また、自分自身データの作り方に自信が無かったりしたこともあり、印刷所に相談することも増え、またそれに伴って校正紙なども見る機会が増えてきました。
(ま、それでも一昔前に比べればカメラも優秀になり、印刷所も少しはデジタルの扱いがましになったので、ほぼ取って出しのデータでもそこそこうまくいってしまうケースもあるようですが)

で、当然良く見れば見るほど「なんじゃこりゃ」も良く見えてくるわけです。
で、先日色校正紙は良かったのに届いた本を見たらピンボケのようになっている、と言う話でクレームをつけたところ、4色の見当(けんとう)がずれてしまった(=版ずれ?)というのが主原因ではあったのですがそれと同時にオフセットからグラビアの合わせ込みがうまくいかなかった、というお話あり。
「何ですかそれ?」
ということでお話を聞いてみると、その雑誌はオフセットのページとグラビアのページが存在する。
で色校正の際に本誌と同じ紙で刷り出して校正をしているのですが、その刷り出しはすべてオフセット。
つまりグラビアのページでもオフセットで印刷をして校正していたわけです。
当然校正紙と最終印刷はかなり差があるのですが、それは編集者も承知した上で「この状態にこういう赤字を入れればこう直る」という経験則で指示していたそうです。
で、この状態を改善(?)しようということになり、このグラビアページについてのみ「デジコン(デジタルコンセンサス)」というものを使って校正してはどうか、ということでテストを始めました。
いわゆる「DDCP」の一種ですね。
で、このDDCPにも種類があって、上を見ると高いけれど網点再現が出来るものなどもあったりします。
で、今回はその印刷所でグラビア印刷のシミュレーション設定をした刷り出しです(残念ながら網点再現できないタイプですが)。

もうすでに出た号があったので、最終印刷物(本誌)と従来のオフセット校正紙、そして今回のデジコン校正紙の3種を見比べて見ました。
もっとも本誌は多少の赤字直しが入っているはずですから厳密な比較にはならないことが大前提のお話です。
で、グラビアの本誌とオフ校正紙はやはりずいぶん違います。
印刷方式が違えば当然インクなども違うので、色味がまるで違うし、オフの方がコントラストが高く、そのせいもあってかシャープな感じがします。
それに対して本誌はコントラストが低くややシャープ感が足りない感じ、シャドー部が滲んでつぶれ気味に見えます。
ま、それはある意味しょうがない部分もあるとは思いますが。
では本誌とデジコンはどうかというと・・・
これがほぼコントラストの低さや色味などはほぼ本誌に近く、オフ校正紙よりは本誌のイメージに近いのです。
若干デジコンのほうが明るく浅く出ているのが気にはなりましたが。
今までの慣れを考えなければこのデジコンを使っての校正の方が意思の疎通はしやすいかも、と思いました。
コストダウン・スピードアップにもなりますし。
編集者には戸惑いもあるかもしれませんが。

ただ、デメリットもあります。
1.校正紙は原則3枚まで。
 それ以上だとオフ校正紙よりコストアップや
 スピードダウンしてしまう。
2.網点再現できないタイプだとモアレ確認が出来ない
 (いままでこれが原因でトラブルになったことは聞いたことが無い
  と担当の方はおっしゃっていましたが)
3.オフ校正紙よりメタメリズムによる影響が大きい。
 (その確認ためにグレーチャートが一緒に刷られています。)
など。

その辺をどう克服していくかが問題ではありますが、その雑誌のグラビアページは全てではありませんが、最近の号はテストではなく本番導入を始めたようです。
メタメリズムの問題は・・・
世の雑誌編集部の環境が決して良くないのは今に始まったことではありませんが、せめてそういうシビアな校正をするときだけでも使えるように色見台を導入しようという話になりつつあるようです。

あとはこの校正システムの変更が効率アップによるクオリティダウンにつながらないよう祈る(いや、気をつける?)ばかりです。
耳鼻科
私の自宅近辺は本当によく・・・
店がつぶれます。
前住んでいた三鷹は大きい駅だったのでつぶれる店が多少あっても新しく出来る店もそれなりにあって気にならなかったのですが。
引っ越してきて3年ほどですが
コンビニ2軒、レストラン2軒、ファミレス、デパートもどき、オリジン弁当、薬局、古本屋・・・
が、私鉄の小さな駅近辺から無くなっていきました。

そして今度は隣駅ですが・・・
かかりつけの耳鼻科が消えていました・・・。
病院がなくなったのは初めてです。
「そろそろ花粉症対策~」と思っていたので慌てました。
妻に聞くと・・・
「あそこの女医さん子供に厳しいって評判だったのよね~」
・・・それが原因ですかねぇ。
確かにめっちゃ空いてました。
子供ではない男としては(笑)とても好都合だったんですけどね。
結局また別の駅前の耳鼻科を探して一件落着。
そこの先生は・・・
混んでるだけあって確かに感じよかったです、はい。
ちなみに今年は去年と同じく花粉症は軽い、という予測だそうです。