犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
夏休み
を取るために水曜木曜とタクシー帰りでしたが・・・
今日から3泊4日で沖縄に家族旅行です。
うちの家族3人、88歳の妻方のおばあちゃん
(つまり娘から見るとひいおばあちゃん)
それと義妹夫妻と0歳の息子で総勢7人。
すごい珍道中になりそうです。
ホテルは日航アリビラ。
海と水族館(混んでそう・・・)が楽しみです。
では行ってきま~す。
では私も
脳内イメージ_本名


早稲田のitoさんちで見た「脳内イメージ」。
一応本名をちゃんと入力してみました。
更新できないほどヒーヒーしていたと思ったら・・・
この結果。
よく出来ていて怖いくらいです(笑)。


脳内イメージ_wan-wan


先ほどの本名のときも「嘘」がサンドイッチされていたのが
気になっていましたが・・・
このブログは嘘で塗り固められているのでしょうか?
スパイスの様に効いている「幻」と「金」も気になります。
トラックバックとは?
「アディダスのサンダル」なんぞをネタにすると
早速知らない人からトラックバックが付いてきます。
えーいと消してしまいましたが・・・。
私このトラックバックというシステムがいまいちよく分からず??
なんか単に面倒くさいもの、という認識なのですが・・・。
誰か上手な付き合い方(もしくは付き合わない方法)をご存知の方いらっしゃいます?
バリさんは詳しいかな?
以前トラバしていただいたものの理解不足で申し訳なかったです。
2007年7月の月例展
07wanwan07

7月の白ヒゲさんちの月例展投稿作品です。
お題は「お気に入り」。

以下投稿時のメール抜粋。

さて私の「お気に入り」ですが、
アディダスの「アディレッタ」というサンダルです。
「1972年に発売されて以来、
スポーツサンダルの代名詞となった定番シャワーサンダル」
なんだそうで。
高校時代に読んだファッション雑誌のうんちくにやられて
いつか買おうと思ったまま忘れてました。
が、カメラマンの仕事を始めた15年ほど前、
スタジオ撮影のときに普通のスリッパでは疲れるのに気づき、
思い出して購入。
以来毎日仕事で履いてます。
とても快適。
これ無しでは生きていけない?は大げさにしても
このサンダル愛してます(笑)。
当然グニャーっと曲げたりハードに使うのでそう長くは持ちません。
2~3年ごとに買い換えてます。
大体黒か紺地に白の3本線、というモデルを買っていたのですが、
昨年は気が変わって写真の黒地にラスタカラーのモデルを購入。
結構気に入ってます。
写真は・・・いつもながらつい直球勝負になってしまいます・・・。

Nikon D200
AF M60mm
Comet CBc-12X 1灯 アートレ
NC4+Photoshop CS2


白ヒゲさんの「このサンダル欲しくなりますねえ~」のコメント・・・
私にとっては最高の褒め言葉!
物撮りで、見た人に「欲しい」と思ってもらえる写真が撮れたら
何よりではないですか。
素直に嬉しいです。
図に乗って月例の写真展の第2作にしちゃおうかな?
でも2点出す場合はその2点の食い合わせが気になりますかね・・・?
一人で2点出す場合展示方法は・・・
隣同士になるのでしょうね、やはり。

「流石場数を踏んでいる証し?」のコメントもいただきました。
・・・場数だけは踏んでます、きっと。
男性用の高級靴の本を2冊ほぼまるまる撮っているので・・・
それだけでももう1000足以上は撮ってます(笑)。
「1000足ノック」は効きますよ~。
とりあえず肩が上がらなくなります(笑)。


ここのところスタジオ撮影が続きます。
今日・・・というか昨日は撮影無し。
納品を急ぐ件も一段落で気が緩みました。
前日終電だったこともあり今朝はゆっくりと。
というか体が重くて起き上がれませんでした。
妻もだるそうだったのですが低気圧のせい、とかあるんでしょうか?
7時のマッサージの予約が取れたので、
宿題のように貯めたデータ処理は後回し、久々早めの退社。
あまりに体がバリバリだったので鍼も打ってみました。
でも実は鍼は苦手。
一番細い鍼を使ってもらっても途中でギブアップしたりします。
今日の先生は私が苦手なのを知っているので、
妥協案を出してくれました。
本当は腰にダイレクトに打ちたいのですが
「きっと今日のハリだと無理でしょう」と判断。
ひざの裏、ふくらはぎ、くるぶしの横に打つ。
遠めに打っても腰にもある程度効くでしょうとのこと。
今日の場所ならギブアップしないで済みました。
さて明日になって楽になってるといいのですが。
スイカといえば・・・はいどうぞ
スイカと塩?
fuji Finepix F710

ろ、ロシアンルーレット・・・。
続・金沢回顧
さて、続き。
お寿司を食べて大満足・・・でしたが何せお酒を飲んでない。
飲める編集さんだったので「飲まないのも・・・ねぇ?」
ということでホテルに戻って車を置いてから再度出直し。

今回泊まったホテルは「金沢ニューグランドアネックス」。
楽天で予約すれば6~7000円とほどほどのお値段。
こじんまりしてますが部屋・バスルームともそこそこの広さ。
そして部屋にはLAN回線も付いてますし、なんとFAXも付いている。
そのFAXが売りで別の編集者からの強力プッシュがありました。
繁華街にも近いので飲みにも行きやすい。

さて、繁華街にはもう一軒覚えていたお店がありました。
こちらは香林坊のすぐ近く、「高砂」というおでん屋さん。
・・・いかにも白ヒゲさん好みな感じのお店(笑)。
おでんはどれを食べても美味しいですが、
特にバイ貝のおでんの大きさにびっくり。
その他この日は「くじらのおばけ」というメニューがありまして、
くじらの皮の辺りを薄切りしたものらしいのですが、
酢味噌を付けて食べると油ののった感じがちょうど良く、
なかなか珍味で酒が進みました。
いつでもあるものじゃないらしく、
その日は久々に入ったとのこと。
お寿司で満足のはずが・・・意外と食べてしまった(笑)。
お店のご主人(?)も味のある人で楽しい時間が過ごせました。
ここは行きやすさから言うと最もお勧めですね。
カメラは持っていかなかったので写真はありません。

今回は行きませんでしたが、
前回行って美味しかったおでん屋がもう一軒。
これは「千取寿し」のすぐ近く、「若葉」というお店。
こちらも「高砂」に負けず美味しかった記憶があります。
「千取寿し」の帰りに前を通ったらちゃんと営業していたようです。
こういう創業昭和10年とか11年とかの店が
しっかり残っているのが嬉しいです。


中六商店・外観
Nikon D200 CaptureNX  以下すべて

話は前後しますが食事前に一軒お買い物。
中六商店」というお味噌屋さん。
こちらも老舗で有名らしい。
このたたずまいにやられてしまいます。
何か買いたくなる雰囲気です(笑)。

中六商店・内観


これも前回買って帰って美味しかったような記憶あり。
ただしお味噌は人によってかなり好みが分かれると思うので・・・
お試しになってはいかが?ぐらいですかね。
あまり買っても重くなるので、
今回は一番小さいサイズのお味噌と・・・
少量の「山菜味噌」「もろみ味噌」を買ってみました。
結果「山菜」は◎、「もろみ」は×。
普通のお味噌は今回はまだ開けてません。

いや、ほんとに金沢は楽しい。
金沢回顧
千取寿し・いわしのつみれ汁
Nikon D200 CaptureNX

さて、いまさらですが書きそびれた金沢の食の話。
昼ご飯を食べそびれた日、その反動で
「夜は美味しい物食べようね!」と編集さんと意見が一致。

金沢は久しぶりでした。
何といっても娘が生まれる前後が金沢出張だったことを思い出します。
金沢出張から帰ってきてまたすぐ行かねば、
というタイミングでそろそろ、ということになり
出張の荷物も持って病院へ。
夜通し付き添って早朝無事立会い出産。
そのまま羽田へ直行でした。

さて、そのときの金沢では某大物作家さん二人の対談などもあり、
いろいろ美味しい店を教えてもらう機会がありました。
幸い土地勘や記憶力はいい方なので今回何件か思い出しました。
で、まず最初に是非!と思ったのが「千取寿し」
正直あまり高い寿司屋など行きつけない私ですが、
ここは本当に美味しかった記憶がありまして。
名前も電話番号も(お幾らぐらいかも)忘れていて、
場所だけ覚えていたので直接車で行ってみました。
金曜日で予約無しで大丈夫かなと思っていたらすんなり入れました。
おまかせにする程お財布に自信がなかったので、
注文は「お決まり」で。
「地の物」を食べたかったので「季節寿し」\4500を注文。
いや~、昼もそんな状況だったので天国でしたね。
美味しかった。
この日は特に炙った万寿貝が最高に美味しかったです。
で、あまり景気よく頼んでいない私達に
「お椀はどうします?いわしのつみれ汁なんですけど・・・」
とわざわざ聞いてくださったので
「ご自慢の品だったかな?」と思い注文。
出てきたとたん思い出しました。
そうだ、これも食べた!美味かった!
もうこの店の開店以来変わっていない名物だそうで。
寿しは一個一個カウンターに出てくるので
さすがに写真撮る勇気が無く、このお椀を撮ってみました。
車だったのでお酒も頼まずお茶だけでサッと食べてきましたが、
もう大満足。

皆さん金沢行ったら絶対のお薦めです。
是非!

ちなみに場所は繁華街から少し離れた文教地区
(金沢大学付属病院のすぐそば)
にあるのでちょっと行きづらいですが、
わざわざタクシーで行く価値は十分あります。
香林坊からなら3km弱くらいですかね。
冬じゃなければ・・・
帰りは酔い覚ましにホテルまで30分ほどかけて歩くのもいいですよ。
昔歩いた記憶があります。
もろもろ考える-機材編
1Dmk3マイメニュー
Fuji Finepix F710

以前「Canonの機材を考える」でいろいろ皆さんにご意見頂きましたが、結局その時の最終候補をそのまま希望機材にしてみました。

1Dmk3
5D
16-35mmf2.8Ⅱ
24-70mmf2.8
70-200mmf2.8
TS-E45mm
TS-E90mm

以上のラインナップ。
あと580EXは1台もらえそう。
マクロとST-E2とNikon-Canonマウントアダプターを
自腹で買う必要がありますね。

順調なら8月か9月あたりに導入。
mk3ってまだまだ入荷待ちなんですかね?
・・・とはいえ計画がポシャる可能性もゼロではありませんが。

で火曜日の午前中に銀座のCanonに寄れたので、
ようやく見てきましたmk3。
なるほど良さそう。
私は1Dmk2は数回しか使ったことがないので
以下mk2からある機能の話になってるかもしれません、あしからず。

さてmk3、ライブビューはもちろん魅力。
私が気に入ったのは3×4、6×6、6×7などのアスぺクト比に
縦線を入れてくれる機能。
残念ながらファインダーには線は出ませんが、
液晶モニターに表示されるのでライブビューならばっちり。
私はデジ一眼の横長すぎるフォーマットが苦手なので重宝しそう。
階層が深いメニューも「マイメニュー」に登録すれば何とか、
って感じでしょうか。
「ミラーアップ」「ライブビュー」「アスぺクト比」あたりは
「マイメニュー」に入れておくと便利かも。
この「マイメニュー」、6項目しか登録できないのが残念。
「マイメニュー」の1と2を作って6項目×2にしてくれればいいのに。
あと「ハイライト警告」のオンオフがNikonに比べて面倒くさいです。

ダブルスロットで振り分け記録できるのはやはりいいですね。

レリーズタイムラグは55ms。
意外。
D200の50msより遅い。
ただこちらはカスタムファンクションで約40msにできるらしい。
なんで最初から40msにしないんだ?と思いCanonのお姉さんに質問。
なんと開放から3段のところまでしか40msにならないらしいです。
「55msに慣れていらっしゃる方も多いのでデフォルトは55ms・・・」
なんておっしゃってましたが・・・。
早けりゃ早いほうがいいんでないの、こういうものは?
いずれにしてもカスタムでもD2Xの37msには及ばないのですね。
これも意外でした。
5Dなんて75msですもんね・・・。

やはり純粋なカメラとしての作りの良さはNikonにはかなわない?
マウント部の丈夫さやミラーショックの小ささ、
液晶モニターの質などはNikon、って話に出てましたもんね。
D200、とてもバランス良くて気に入ってるんですけどね。
コメントにも書きましたが
ほぼ「フルサイズ」「TS-E」「AWB」だけの問題ですね、本当に。

あと見たかったのはストロボ、580EX2。
おお、ついにシンクロ接点付いたのですね。
やはりこれが付いてると使い方に幅が出そう。
最近SB-800でコード接続撮影が意外に多いので。

今SB800でオムニバウンスもどきを常用しているのですが、
580はオムニバウンスを付けるとオートはうまく利かないんですかね?

あと、今更一つ発見。
今までのCanonのクリップオンストロボって
ネジを回して締め付けるタイプだったのですね。
どうりで梅本クリップに単純なシューをつけるだけで固定できる訳だ。
Nikonはネジではない変なロック機構で止めているので、
なんか不安定だったのですよね。
ようやく皆さんが苦労なさらない理由が分かりました。
今回は形状こそ変わったものの
締め付けるタイプであることは変わりない。
ここはNikonより良いかも。
Nikonの場合は圧倒的にSB-600よりもSB-800を買うべきですが、
Canonはどうですか?
下位機種はサブに使うにもやはり不便なのでしょうか?
もろもろ考える-ソフト編
いろいろ書きたいことはあるのですが多忙で追い付かず。

さて、7/5が過ぎてしまいました。
え、何の日かって?
そりゃー・・・

Lightroomの割引価格期限、ですがな。

最後の最後まで迷いましたが・・・
結局購入しませんでした。
勉強会にも出られなかったし・・・って訳でもないのですが(笑)、やはり読み込みがめんどくさいというのが一つ目の大きな理由。
画像管理ソフトは今のところ必要無いんです、私。
もう一つの大きな理由がCameraRaw4.1の登場。
結局現像機能が欲しかったんですよね。
会社にはMacPro&CS3が入る可能性が出てきましたし、自宅winにはエレメンツ5.0があるので両方CameraRaw4.1を使える目処が立ってきました。

yukinyaaさんのように隅々まで使いこなせればぺイするのでしょうが、そこまでできる自信もなく。

実はハナポンパパさんに電話で相談までしました。
話を聞いてもらって、結局私の場合は無理して買わなくても良いのでは?という結論を後押ししてもらいました。
ハナポンパパさんありがとうございました。
金沢出張2泊3日
どじょうの蒲焼
Nikon D200 NC4

水曜日も帰りが遅く2時間半睡眠。
木曜から3日間金沢を中心に車で撮影に回る。
木曜の晩はさすがに疲れ果て食事からホテルに戻ったとたん
倒れるように寝てしまい・・・
あ、目覚ましセット忘れ・・・
やばい、予定より寝坊した。
慌ててバックアップ作業をしながら朝の準備。
ご飯をきちんと食べる時間が無くなり、
ホテルのレストランに顔を出すもパン2個程で終了。
お昼をきちんと食べる時間も無く、2件目の取材先へ。
1件目のお宅の方が気を使ってくださって
軽く食べるものを出してくださいました。
写真はその時に出た「どじょうの蒲焼」。
美味しい。
気に入りました。
なんでも金沢独特のものらしいです。
夜入った居酒屋でもメニューに載ってました。

さて、あと1日。
皆さんは仙台ぞろ目会ですね。
楽しんできてください。
私はお仕事頑張ります(泣)。
では寝ます。
CCDのゴミ
明日から金沢方面に2泊3日で出張、今回はデジタル。
昼間の雑務が終わり夜準備を始めてみるとD200のCCDに大きめのゴミが。
ブロアでシュコシュコしてみる(ちなみに私はブロア肯定派です)が取れない。
ゲッ、こういうゴミ久しぶり。
これだから共用機材はいやだと思いながらも愚痴を言っててもしょうがないので対策を考える。
普段はなるべく自分で触らないようにしてSCに持ち込むようにしているのですが、今は夜、明日使用なので無理。
こんな時のために講習まで受けたNikonのクリーニングキットがあるはず・・・見つからない(泣)。
無水エタノールだけは見つかったけど。
こんなことならCanonやペンタのペッタン君やHCLの綿棒を買っとけば良かった・・・
とここで以前緊急用にセンサースワブを買っていたのを思い出す。
贅沢だけどまずガラスフィルターで練習。
うーんどうも拭きムラが残る感じで不安だが。
えーい、ままよ、ゴミが付いているよりまし、と思いきって決行。
何とか狙いのゴミも取れ、意外とムラも気にならない。
少しほっとしましたが・・・
今度は本気でグッズをそろえておこうと誓うのでした。
フルスロットル?
一昨日は男性ファッション誌で今回はカバンの撮影。
今後連載になるようなのですが・・・基本黒バック。
先日は外のスタジオでの撮影だったのでアシスタントが二人もいて楽々だったのですが、今回は会社のスタジオなので全て一人作業。
大きい黒の布を張って、カーペット用のコロコロで埃取り。
これが毎月かと思うと少しブルーになります。
カバンの撮影は大抵大変で変なシワがどこかに入るので、スタイリストのアシスタント君と一緒にうんうん悩みながら撮影。
結局タクシー帰りでした。

昨日は急遽依頼が入ったとある本の表紙。
私のような雑誌系のカメラマンにとって表紙のオーダーは何より嬉しいものです。
張りきって3台6灯ライティング。
おぉ、まるで早稲田のitoさんの「梅本雲台」のフルスロットルライティングではないですか(笑)。
あ、でも最高出力ではないから「フルスロットル」ではないか。
むしろできるだけ絞りを開けるためにジェネは全てミニマム。
こういう、多灯にしたいけど小出力、しかも撮影物に近付けたい、というシーンが最近増えてきたような気がします。
やはり白ヒゲさんオススメのサンパックの小さい奴があると便利なのかな?
itoさんのアクセ用ライティングも真似したいし。
2007年6月の月例展
wanwan0706

今週もへばってブログをサボリ気味。
もう7月ですね。
遅くなりましたが6月の白ヒゲさんちの月例展投稿作品です。
お題は「金属製品」。

以下投稿時のメール抜粋。

今日はスタジオ撮影だったので、これはチャンスとばかりに
月例もサッと撮ってみました。
7年くらい前ですか・・・私の最初の師匠からいただきました。
中国出張?の海外みやげ・・・です。
南京錠?とはまた珍しいおみやげだと思ってましたが・・・
ようやく役に立ちました。
しかも被写体(笑)。
今回はなかば強引に4×5アダプターを使ってみました。
ピントコントロールに少しは役に・・・立ったかな?
月例作品展だいぶそろそろと言った雰囲気になってきましたね。
楽しみにしております。
またいろいろお世話になってしまいますがよろしくお願いいたします。

Nikon D70 4×5アダプター使用
TOYO-VIEW G2 Nikkor105mmF5.6
f5.6 2/3
Comet CBc-12X 1灯 アートレ+レフ   CaptureNX


「ディフューザーの写り込みが僅かに惜しい場所も有りますが・・・」
という白ヒゲさんのコメント、ごもっともです。
ちょっと簡易的なセットで始めてしまったので、予想終了時間で終わらず、「あ、電車で帰れない・・・」と思って終了してしまいました。
さすがお見通し。
急がば回れ、ですね。反省反省。

で、先日購入報告した4×5アダプターを使ってみたのですが、やはり105mmでの使用はかなり強引でした。
ベースティルトのVX125よりはましかと思ってセンターティルトのTOYO G2を使いましたが、確かに微妙にピント&アオリの範囲が広がるかも。
それでも105mmだと「ムギュッ」とくっつくギリギリで何とか撮れている感じ。
やはり安心なのは135mm(あ、レンズデカイけど120mmって手もあるか?)からですかね。


2007合同月例展

さて、こちらでは告知初になりますが・・・
この白ヒゲさんちの月例展の作品で合同写真展を開催することになりました。
会期は8/14~19。
場所は目黒の大鳥神社のすぐ近く「Gallery Cosmos」です。
私も2点ばかり参加します。
お時間がある方はよろしければ是非いらしてください。
私がギャラリーにいる時間は近づいたらまたこのブログでお知らせします。
ちなみに案内状真ん中の茶色のお酒のボトルが私の写真です。