犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
夜店
070915_01
Canon EOS40D  以下全て

最近ソフトなどお堅い話の連続で
カメラマン以外の人には???だったでしょう。
という訳で今日は違うネタ。
と言ってももう2週間も前の話。
アップする暇が無くお蔵入りかと思ってましたが・・・
たまたま夜中に写真を見たら妙に美味そうだったので怒涛のアップ。
碑文谷八幡のお祭りです。
ここは夜店が充実しております。

070915_02
まず目に入ったのがこちら。
何件か出てましたが、初めて聞く名前の食べ物。
夜店ではメジャーなのでしょうか?

070915_03
これも看板に引かれる。

070915_04
ま、これが「くるくる」なんでしょうけど。
でもケバブなんて昔は夜店に無かったなぁ。

070915_05
こういう「ラテスカービベ」みたいな逆さ言葉が目を引きます(笑)。

070915_06
この日最初に娘が食べたがったのがこのチョコバナナ。
最近のは凝ってますね。
見事に娘の好みにヒット。

070915_07
このお好み焼き屋さんもビジュアル的にはかなりGoodなのですが、
まずは我慢我慢。
なんてったって我が家は・・・
全員たこ焼き党。
以下たこ焼き屋さんの物色が続きます。

070915_08
まずはこの人だかりのある店が気になる。

070915_09
今考えるとこの店のも美味しそう。
たこがでかい!
でも通過。

070915_10
お、ここは?

070915_11
う~ん、飾りのたこは目を引くんですけどね。

070915_12
で、結局買ったのはここ。

070915_13
決め手は一個一個にうずらの玉子が入っていること。
美味でした。

070915_14
他に食べたのはこの「大阪焼き」なる食べ物。
たこ焼きのように型に流し込んで作るお好み焼き、ってとこですか。
これも底についている玉子が美味のポイント。

070915_15
あとはラムネ飲んで~

070915_16
締めは焼きそば。

070915_17
でも子供はやっぱりこういう「くじ」ものに弱いんですよね。
後半は食べ物よりそっちに目が行ってました。
でもこのおやじも盛り上げ方が上手いのが見事。
常に人だかり状態でした。
40D直結撮影
に昨日仕事で初めてトライ。
昨日まではNikonでやろうかと思っていたのですが、
急遽気が向いたので(笑)。
撮影したものは小さいシールになる、と聞いていたので
スタジオでCanonの撮影の手始めにはちょうどいいかと。
結果そんなにトラブルなく撮影は無事出来ましたが、
いろいろ気づいたこともあり、いい練習になったかも。
ライブビューの使い方はもう少し勉強しなければ。
それにしても白飛びが確認できないDPPには困りもの。

なのでスタジオにもかかわらずRAW+jpegにて撮影。
ViewNXを同時に立ち上げて同じフォルダを表示すると、
CR2はとばしてjpegだけ表示してくれます。
単体ビューソフトで白飛び警告が見られるのがこいつのいいところ。
まぁカメラ内生成jpegでは厳密には違うかもしれませんが、
白飛びの傾向が見られるのは嬉しい。
Winならフォトのつばさでいいのですが、
Macならこれかな。
もっともCS3が入ったらフローが変わりそうですが。
とはいえ、なんてったって無料のソフトなので使わにゃ損損。
機材導入
昨日ついに山のような機材が入った…らしいのですが忙しくて目にする暇もなし。
1Dmk3以外は入ってるはずなんですけどね。
今日触ることができるといいのですけど。
メールデータようやく復活
この連休に重い腰を上げて再び格闘してました・・・メールソフトと。
5月のことですからずいぶん時間が経ってしまいましたが・・・
Cドライブクラッシュ以来、
何度かチャレンジしてもうまくいかなかったのです。
メールソフト関連に強い人からは笑われてしまいそうなお話ですが、
どうもHelpが分かりづらく・・・
結局Helpの指示と一部変えてみたらうまくいきました。
結局自分の分も妻の分も、隠しフォルダになっていたメールデータを
うまく救えていたので無事復旧。
仕事でないとバックアップがおろそかになっていたのが恥ずかしい。
まずは大事なメールはプリントアウトが基本ですね。
実は・・・PhotoshopElements5.0やSilkypix3.0のシリアルが
分からなくなってました。
これでようやくSilkyも復活です。
9/22捨身研
070922_01
Canon EOS40D  SIGMA18-50mmF2.8 DPP 以下すべて

昨日はyamadaさんの仕切りで捨身研&飲み会。
ハナポンパパさんが早々にリンクを貼ってくださったので(^_^;)
取り急ぎ写真だけでもアップ。
上の写真はDPPで補正しましたが、
酔っ払っていたから?AdobeRGBでWB蛍光灯・・・とほほ。

070922_02
元データは上のとおり。

070922_03
肉屋の奥の座敷が会場。
ディープです。

070922_04
モツ鍋美味かったです。

今回もいろいろお勉強できましたが、そのネタについてはまた後で。
Nik Color Efex Pro 2.0 for Capture NX
Nik Color Efex Pro 2.0 for Capture NX


久しぶりにニコン板をのぞくと・・・大発見。
なんとNik Color Efex Pro 2.0 for Nikon Capture 4 がアップグレードしてCaptureNXに対応しているではないですか!
しかも既存ユーザーは無料アップグレード!
今までのシリアルをそのまま打ち込むと有効になります。
アップデータのダウンロードはこちら
で、早速入れてみると・・・
メニューバーの「フィルタ」の項目から呼び出せるのですが、
調整ステップとしてかけることになるので、
部分がけも自由自在。
NC4時代より使いやすいです。
これでまたCaptureNXが手放せなくなりました(笑)。
リモートライブビュー
フィルム撮影の合間に(笑)40Dを触っています。
昨日初めてリモートライブビューとやらを試してみました。
おーPC画面に写ってる。
む、ピントをAFにしておくと…
なんとPC画面のボタンクリックでピントがぎこぎこ動く(シグマレンズでも)!
画像の端までもカーソルを動かせて、そこを拡大したままピント移動。
AFポイントなんて関係なし。
これでわざわざAFロックなどしなくても、三脚に固定したまま、合わせたい所でピント合わせが容易にできます。
俯瞰撮影など格段に楽になるかも。
とりあえずこれだけでも大感激!
ストロボ撮影のテストはまだしてないので、白ヒゲさんが1Dmk3のテストでおっしゃっていたあたり、検証はこれからですが。

ところで会社機材、一週間後に入ることが決定しました。
1Dmk3はさすがに後日のようですが。
ほとんどCanonになりますが、Nikon希望者が2名ほど。
その人たちは結局D3&D300導入で決まったようで、それまでは残したD200でつなぐようです。
入ったら触らせてもらおっと♪
比較テストも面白いかも。

新機材ラッシュは嬉しいですが…
セッティング地獄が待っているのが頭痛し。
SIGMA18-50mmF2.8簡易テスト
SIGMA18-50_24mm

SIGMA18-50_50mm

SIGMA70mmMACRO
Canon EOS40D DPP 以上すべて

前の記事のmoonisupさんのご質問を受けまして、簡易テスト。
「階段とティッシュBOX」という自宅感あふれるモチーフ・・・
お見苦しい点お許しを。
カメラはたまたま持って帰ってきてましたが、
水準器など無く、方眼スクリーン交換もまだしてないので、
水平垂直は完璧ではありません。
大体の感じでご容赦。
方眼方眼・・・そうかライブビューなら!
と思って使ってみたけれど方眼のマスが9分割程度なので、
いまいち役に立ちきらず。
せめて長辺5分割くらいだと嬉しいんですけどね。

「例えばCDとか書籍を斜めに立てて撮る場合に、
垂直線とかきちんと出るかどうか」
との話ですが・・・
こういうテストでよかったでしょうか?

物撮り前提でしたので望遠域50mmで
短焦点70mmMACROと比べてみました。
で、後で気が向いて24mmも追加。

24mmだけ近づききれなくて
ティッシュを階段一段降ろして置きなおし。
振りは厳密にはあってないかも。
とはいえ18-50、なかなか悪くない?

いままでもNikonのカメラで物撮りの場合、
17-55mmF2.8では無くMicro60mmを使うことが多かったので、
仕事で物撮り、は基本単レンズを使うと思いますが、
流れの中で「これも撮って!」なんて急なオーダーもありますから、
歪まないに越した事はないですよね。

余談ですがNikonのMicro60mmは後玉が結構平らで、
実はデジタルにはあまり向かないらしいですね(特に逆光時)。
つい先日とある方に教えていただきました。

テストについて「もっとこういうほうが分かるのでは?」
などオーダーありましたらよろしくお願いします。
シグマとタムロン
早稲田のitoさんちでシグマのレンズの話題になったので、
ついつい長いコメント書き込みを。

で、さんざん書き込んだ挙句に、
「これは自分のブログに書くべきだったか?」
と後から思ったわけです(笑)。

ま、こちらだけ見る方もいらっしゃるかもしれないので、
以下やや修正して再録。

シグマの18-50mmF2.8。
私も40Dの相棒を決めるにあたって
最後はタムロン17-50とギリギリまで悩みました。
タムロンもあちこちで評価高いんですよね。
で、1ミリ広角が広いのに安い。
普通の人が選んだら多分タムロンの勝ちかな?と思います。
これのほかにもMacroレンズでもタムロン90mmとシグマ70mmという
2本の名品対決がありますよね。
両方の対決に言える傾向としてカリカリシャープなシグマ、
ソフトでやや暖色傾向のタムロン、
というイメージをお持ちの方が多いと思います。
ま、多分そうでしょう(笑)。
その辺は好みなんでしょうね。

で、私がシグマを選んだ理由。

まず今後5D、1Dmk3、40Dと3サイズを使うので
Macro70mmを必ず買うべし、と決めていました。
昔35フィルムカメラでは55、105と2種類のマクロを
使い分けていましたので、短いマクロが欲しいシーンも出てくるかと。
それを考えた時に、少しでも撮影倍率が上がる、
よりマクロとして使えるのがシグマ、それが1つ目の理由。

あとはズームリングの回転方向。
シグマはCanonと同じ。
タムロンはNikonと同じ。
今後Canonを使っていくなら回転方向はそろえておきたいな、というのが2つ目。
ま、それで今つい反対に回して苦労してますが(笑)。

で、3つ目としてはCanon以外はシグマのみ、という方が修理などの時もシンプルに一箇所でいいかと思ったから。
ま、今後絶対タムロンやトキナーを買わない、と決めたわけではないですが。

実際しばらくSIGMA18-50を使ってみて、画質的にストレスはまだあまり感じていません。
もっとも本気で仕事で使っているわけではないので、これからアラなども見えてくるかもしれませんが。
でもCanonのAPS-Cって1.6倍なんですよね~。
今まで仕事でNikon(1.5倍)で17-55のズームを使っていたので、その分ワイドにならないのが慣れない、ストレスといえばストレス。
ま、でもワイドを無理してない分か、歪みとかは使ってて嫌になるレベルではない感じです。


話題は変わりますがViewNX、
どのレベルの話かは確かめてませんがxmpに対応しているようで、
実際試してみたところではViewNXでjpegファイルに付けた赤のラベル、ブリッジに持っていっても赤のラベルが付いて表示されました。
これも便利なこともありそうです。
View NX
ViewNX_01

そろそろ出るぞと聞いていましたが、こんなに早くアップされるとはビックリ。
Nikonの新しいビュアーソフト「View NX」です。
不評だったPictureProjectにも見切りを付けたんですかね?
移行ソフトも作ってありました。
実質的にはNikonViewの後継ソフトでしょう。
後継らしく無料でダウンロードできます。
昼間試しにと思ってDL、
Macでプリント作業中に自分のWinノートに入れて使ってみると・・・
かなり使いやすい!
ヘルプを見なくても大体使えます。
ブリッジやフォトのつばさなどからしっかり学んでいる感じで、
以前のNikonViewとは比較にならない程快適。
なもんですぐさまMacにインストールして早速仕事で使用。
Mac版はWin版ほど早くは無いようですが、
今までのNikonViewに比べればはるかに良いです。
上の画面の状態、「イメージビュアーモード」がとても便利です。
セレクトするのに必要な要素が揃っていて快適に呼び出せます。

・選んでいるファイルがそこそこの大きさで見えて
・その前後のコマもサムネイルで見られて
・撮影情報がすぐ見られて
・100%と画面大の行き来がスムーズで(シフトキー)
・ヒストグラムが見られて(スペースキー一発)
・ハイライト表示が見られて(シフト+H)
・さまざまな現像ソフトにボタン一つで送れる(F1~F10キー)

と、上記の要素が基本一つの画面で見られるのがとても良し。
しかも純正ソフトだからきちんとNikon色で見られる。

ViewNX_02
環境設定の「表示モードの移行」でダブルクリック時を
「イメージビュアーモード」にしておくと便利。

ViewNX_03
環境設定の「アプリケーション」に使っているソフトを登録しておくと、
上から順にF1キー、F2キー、とショートカットボタンが
自動で割り当てられます。
これもとても便利そう。
あとはファイル形式を指定して、それだけ見ることも出来ます。
RAW+jpgで撮っている人には便利かも。

ViewNX_04

このハイライト表示、ホントは「フォトのつばさ」に付かないかな~、と思っていたとても欲しい機能でした。
正直まだ「フォトのつばさ」が勝っている点ももちろん多いですが、
これ無料ですからね。
これだけで十分、という人も多いかも。
陳さん大変だ、頑張ってより良くしていってくださいね。
私は残念ながらこのViewNXを仕事で使うシーンは減りそうなので、
「フォトのつばさ」の改良に期待します。
ハイライト表示を是非。
「INNOVAの風の色」
070911_01
Canon EOS40D  SIGMA18-50mmF2.8 DPP 以下すべて

という訳で玉内公一・平尾秀明両氏の写真展、
オープニングパーティーに行ってまいりました。

両氏とも持ち味が出ていてお美しいモノクロプリントでした。
これだけきれいにプリントできたら気持ちいいだろうなぁ。
モノクロ作品に取り組む心の余裕がない自分に反省。
INNOVAペーパーもいいですねぇ。

070911_02
ストロボ焚くと補正が難しいですね。
特にDPPだと手が動きません(笑)。

で、玉内・平尾両ご夫妻でございます。
玉内さんの奥様は合同展の時にご挨拶させていただきましたが・・・
平尾さんの奥様、初めて拝見いたしました。
多くの方の本日のサプライズだったようです。

070911_03
今日もいろいろな方とお話しましたが、
気づいたらあまりスナップ撮ってませんでした。
今日はおとなしい写真でご勘弁を。

070911_04
え~と、「スライドショー」と言っていいのでしょうか?
プロジェクターで作品を流したりもしていただきました。

070911_05
今日は2軒目は不参加、おとなしく帰りました。
目黒駅までの道すがら発見!
何度も通っているのですがね・・・。
これも40D効果?
なんて言ってると東大和の伊藤さんあたりに突っ込まれそうですが。
いやいやD200持ってたらきっと
「バーバーニコン」が見つけられたに違いない(笑)。
傘差しながらこんな写真とってたら、
yukinyaaさんとmoonisupさんに追い越されました。
追いついて3人で歩いてたらだんだん豪雨になってきてびしょ濡れ。
夜の雷は嫌ですねぇ。
今日はNikonのソフトについて
snx


えーと、福岡のOさんからご指摘。
「wan-wanさんのNX使用レポートが無いな~ 」
ごもっともです。
すっかりフェードアウトしてました。
逃げ切りたいんですけどね~(笑)。

もはやNX使いは世にたくさんいるであろうと思われ・・・
あ、プロは少ないかな・・・(笑)。
そして使い込むとすると結構奥深そうなので、
中途半端に書いても恥ずかしいなぁなんて尻込み。
ま、ともかく・・・
実は最近NC4とNXの使用比率が逆転してまいりました。
カラーコントロールポイントやUSMの部分がけなどをするため、
が理由ですかね。
バッチもヴァージョンアップで無事出来るようになりましたし。
まぁ、まだNC4の方が使いやすいんですけどね。

私のワークフローをあらためて記しておきます。

NC4にしてもNXにしてもNikonのソフトの場合は、
フォトショップやシルキーピックスのように
元ファイルと調整ファイルが別に存在する仕組みにはなっておらず、
調整したレシピはNEFファイルに内包する仕組みになっております。
これは良し悪しで、
私は実は調整ファイルが別になっている方が本当は嬉しい。
なぜならいろいろなソフトを使うことがあるので、
元のRAWデータファイルはなるべくそのままとっておきたいのです。
いつか検証しなければと思っているのですが、
調整したNEFファイルを他のソフトで現像できるのか?
例えば一度調整をしても撮影時のパラメーターに戻すことが
出来るわけですが、完全にもとのRAWデータに戻るのか?
その辺をちゃんと確かめるのが面倒くさい・・・のです。
ゆえに私は「元NEF」と「修正NEF」の二つを保存しています。
これがかさばるのだな~。
やっぱ元データ+調整ファイルなら軽いでしょ。

ところでDPPやcamera rawの場合はどうなんですかね?
例えばフォトショの場合xmpファイルが加わるだけで
オリジナルはなんら影響ないのでしょうか?

で、修正NEFを作る理由はもう一つ、保存のスピードです。
「NEF~NEF」の保存は「NEF~TIFF」「NEF~jpg」よりも早いのです。
私は調整自体は一つ一つファイルを開いて調整するので、
「修正NEF」フォルダを作り、そこにNEF形式で「別名で保存」します。
NC4の場合は元ファイル名の末尾に「s」を、
NXの場合は「snx」をそれぞれつけて保存、元のNEFと区別します。
で調整のすべて終わった「修正NEF」フォルダ内のファイルをバッチでTIFFなりjpgなりに単純変換します。
これが私の中では結局一番効率の良い(?)フローになっております。

で、ここまで書いていてあらためてOさんの記事を読むと・・・
あ、あれ上に書いた話は関係無かったかな・・・。

えーと「NXで調整してTIFFで保存」とありますが・・・
「シルキーピクスで現像してTIFFで保存、CS3で修正」したTIFFファイルをオリジナルとしてそれをNXで再調整、という話なのでしょうか?
ちなみにまったく同じではないですが「PS Elements4.0でTIFFに現像、そのTIFFをNXにて調整・上書き保存、PS Elements4.0にて再度開く」
という作業ではしっかりNXでの調整は反映されておりましたが・・・
いかがなものでしょう?

ところでシャープネスの話は
いくら話しても結論が出るものではないですが、
私は軽くかけることを常としております。
(高感度でざらざらの場合は別)
で、NC4にしてもNXにしてもNikonのソフトのアンシャープマスクは
フォトショップの「Lチャンネルにシャープをかける」と同じことを
デフォルトでやってくれます。
ま、つまりフォトショップでも同じように出来るのですが、
手間をかけずに出来るのがよい。
RGBモードのままのフォトショップのUSMやスマートシャープよりきれいにかかるのではないかと個人的には思っているのですが。
なので気に入って使ってます。
これのためにCanon派になってもNXで最終調整するか?(笑)
ま、でもCS3でバッチ組むのが一番簡潔か。
さようならこんにちは
カローラ2&ノート
Canon EOS40D  SIGMA18-50mmF2.8

本日は朝から娘の授業参観。
その後、夕方は車の納車と大忙し。
家の前で家族とカローラ2の記念写真を撮って・・・
ディーラーの前で今度は2台と記念写真。
一通りやり取りを終えて、さぁカローラ2とお別れ、となったら・・・
娘が大泣き。
まぁ、仕方が無いでしょう。
何とかなだめて帰ってきました。
さて、前の車は「クロちゃん」。
じゃ、新しい車にも名前を付けてあげよう、ということになり。
娘に命名権が。
・・・「かーくん」だそうです。
「赤」の「か」と車の「car」をかけているんだそうですが・・・
・・・昔ローラースケートで踊ってた人ですか?(笑)。
ま、いいや。
クロちゃん今までありがとう。
かーくんこれからよろしく。


さて、話は変わりますが40D。
今週からD200のサブとしてお供させております。
もちろん・・・無理の無い範囲で(笑)。
なんてったってニコ爺の私には・・・

あ”あ”あ”あ”ああああぁぁぁぁっっっっ使いづらい!!!!

ピントこそほとんどAFなので気になりませんが、
どうせならCanonと同じに、と思ったシグマのズーミングがつい逆に。
露出補正にまごつき、AFポイントを動かすのにいらだち、
感度もドライブもWBもつい逆のダイヤルを回してしまう。
バッテリーグリップ無しでの40Dは三脚に付けると電源入れづらいし。
画像の消去、ミラーアップ、白とび確認のオンオフなどもNikonの方が操作性良し。
慣れの問題で解決してくるのかもしれませんが・・・ねぇ・・・。

その他の感想は・・・なんか早稲田のitoさんのお話のとおり(笑)。
高感度は期待していたほどではないですねぇ。
NR無しだとしっかりノイズあります。
でもなんといっても魅力は3型液晶モニター。
これは文句無くいいです。
コンデジの3型モニターはボタンが使いづらくなりそうで、
「どうだかなぁ?」と思ってましたが、一眼には大歓迎。
これを見ると小さいのに戻れなくなりそう。
あとはAWB。
これは後々D200とちゃんと比較したいところですが、
今週あえてミックス光の場所で少し撮ってみた限りでは・・・
意外に電球光に敏感に反応しますね、Canon(もしくは40D)。
D200の方が赤を抑えてなじませている感じの場合もあり、
ちょっと驚きました。
jpgで見栄えのいい写真が上がるのはどちらか?
という問題だとまた判定が微妙に異なるかもしれませんが。

それにしてもDPP、使いづらい。
皆さん良く白とび警告なしで使えるな、と思ってしまいます。
その他どうもやりたいことが出来ないフラストレーションがありますね。
早く対応ソフト増やしてください・・・
というかソフト会社の方頑張ってね。
取り急ぎ「フォトのつばさ」アップデート、希望いたします。
最後のドライブ
070902横浜_01
Canon EOS40D  SIGMA18-50mmF2.8  DPP 以下すべて

新しい車の納車が今週末に決まり、今の車とももうすぐお別れ。
実はタイヤの側面に少しヒビが入っていてあまりよろしくない状態。
遠出は怖くて出来ないので・・・
日曜日の夕方に横浜中華街までラストドライブ。
行きは少し節約、国道一号線で横浜へ。
高速(&有料道路)使わずに横浜に行ったのは実は初めて。
途中でスタバのドライブスルー発見。
ものめずらしさについタゾチャイティーラテのアイス、お買い上げ。
う~ん、いつもながらスパイシーで美味しい。
娘も美味しいと言っていたのはびっくり。大人じゃん。

070902横浜_02

「横浜媽祖廟」にて。
実は我が家3人揃って携帯を買ったのですが私だけau。
あとの二人はsoftbank。
ま、確かに普段使いだけならホワイトプランが魅力なんでしょうね。
親戚一同softbankのようなので、確かにお得かも。
すみません私だけ反抗児。
だって・・・
私の周りでは「つながらない」と悪評高かったんです、softbank。
で・・・早いとは思うのですが、いろいろあって娘にもキッズ携帯。
もう張り切って写真撮ってます(笑)。
角度変えて撮ろうとあっちこっち動き回るのは・・・
まるで自分を見ているようで苦笑・・・。

ほどほどお安いお店で中華料理をいただき、早々に帰宅。
帰りは贅沢(?)、首都高速でベイブリッジ~つばさ橋~レインボーブリッジ~東京タワー経由の夜景ドライブ。
途中で観覧車も二つ見えるし。
よく働いてくれましたカローラⅡ。
あ、車と記念写真撮れなかったな。
また明るい時に改めて。
記念すべき一枚目?
au W52SA
Canon EOS40D SIGMA18-50mmF2.8

金曜日、31日、40D発売日。
お昼頃、無事に銀一より40Dが届きました。
そして夕方まではまじめに仕事。
それ以降はバタバタと仕事以外で・・・。
まずは歯医者。
何故か銀座の歯医者行き。
これについてはまた改めて書きましょう。
仕事に関係ある話です。

その後携帯電話購入のため、19時過ぎにお店に駆け込む。
で、上の写真、au W52SAを購入。
sekiさんちにも書きましたが・・・
夏のキャンペーンお得そうだったので。
ついにもうすぐWILLCOMとさようならです。
WILLCOM安くて良かったのですけどね。
地方でつながらないのと、変換がおバカだったので。
地方出張も増えてきたので、日本全国でつながりやすいのが希望。
周りの人の評価もauが一番だったのでそうだといいのですけど。
携帯つながりのある方、
おいおい皆さんに変更のお知らせをするつもりです。

で、そののち新宿西口・・・JQPさん風に言えば・・・
ヨロシクカメラ(笑)へ。
前の記事のコメント欄にも書きましたがレンズも購入。
SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO
以上2本です。
これで一応ほとんどの仕事が出来そうです。
ま、ワイドは足りないこともありますが。
40Dは私の知っているところでは銀一が一番安そうだったのですが、
この2本は銀一よりもヨロシクカメラの方がポイントまで考えると安い。
で、今年の2月の白ヒゲさんのF31fd価格交渉を思い出して・・・
勇気を出して価格交渉。
前にやったことがあるだの何だのいろいろ話をして・・・
するとなんと出来ました。
ポイント分をその場で引いてもらってさらにプラスアルファ。
言ってみるものです。
ただ、なるべく人のよさそうな人を選びました。
最初に話をした人はいまいちだったので、
何となく避けたのは正解だったかも。
気分が良かったのでついでに40D用の液晶保護フィルムと、
売り切れそうだなと思った方眼スクリーンも買ってみました。

ちなみに40D,西口カメラ館の売り場では売れ行き絶好調のようで、
山のようにあったカメラがその日の夜にはもう残りわずかだった様子。
「次回入荷は未定なんですよ~」とその店員さんは言ってました。
私はもう別の店で買った、という話をした後の会話なので
嘘ではないでしょう、きっと。

で、記念すべき正真正銘の40Dファーストカット。
初物同士のコラボです。