犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
C1-4続き
先日書いた通りCapture One 4が正式導入となりまして。
ぼちぼち使い始めております。
随分とDPPに慣れてしまったこともあり、
現時点では同じファイルの現像比較をすると
DPPの方が好ましく現像出来ていることも多いのですが、
C1-4の落ち着いた感じを
自分のデフォルトにしても良いのかなと思いつつもあり。
慣れればC1-4の方が作業効率が良くなりそうですし。
明日はPC直結撮影があるので、
ホットフォルダ機能を初使用してみようと思ってます。

さていくつか疑問があったので某所へ問い合わせ。

1.回転時以外にグリッドは表示できないのか?

2.現像時にsRGBを指定したい時、
プロファイルは「sRGB Color Space Profile」
と「sRGB Profile」のどちらを選べばいいのか?

3.ヘルプ以外に使い方の資料はないか?


1についてはあっさり「出せません」というお答え。
そしてすぐに「Proなら出るんですけどね」と付け加え。
そーか、そんな細かい所に差別化が(笑)。

2については「sRGB Color Space Profile」
を使ってください、とのこと。
「その二つはどう違うんですか?」と聞くと・・・
「調べておきます」だそうで。
ただ、おそらく「sRGB Color Space Profile」が一般的なsRGB
(いわゆる「IEC61966~」なんてのが付いてる奴)
とイコールなのではないか、とのこと。

3についても「無いです。そんなに難しいソフトじゃないですし。」
とあっさり。
あ、ちなみに「フォトテクニックデジタル7月号」にC1-4の
「機能ハイライト」という記事が載っていたらしく、
その抜粋冊子は出回っているようです。
それは持ってたんですけどね。

いずれにしても年末までにはProも出るらしいので、
いろいろ出るとすればその時かも、と。

あとUSのPhaseoneサイトに
C1-4のチュートリアルムービーがあります。
英語出来なくてもそれなりにわかりますよ。
以下にリンク載せときます。

http://www.phaseone.com/4/

「How it works」のタブから
「Watch&Learn」をクリックしてくださいませ。

あ、それと質問の後でwebコンタクトシートを使ってみたのですが。
画像を大きくした時の解像度が低いのか絵がちょっとザラザラ。
設定が間違っているのでしょうかね?
mとn
今日地下鉄銀座線に乗ったのですが。

ローマ字駅名表記、新橋がshi「m」bashi、日本橋がniho「m」bashiなんですね。

神田はka「n」da、銀座はgi「n」zaで全部が「m」な訳でもなく。

何故なんでしょねぇ?
初鳴き?
こんな夜遅くだというのに…
先ほどミンミンゼミが鳴いてました。
土から出てきたばっかりなのかな?

今年は暑くなってもセミの鳴き声を聞かないなぁと思っていましたが、ようやく夏本番ですね。

今日も暑かった…
プールに行きたい気分です。
ぽーにょぽにょぽにょ
ぽーにょぽにょぽにょ
Canon EOS40D SIGMA 18-50mm F2.8 Macro DPP

で、公開3日目、海の日に見てきました。

以下ネタバレってほどでもないですが・・・
まだの方、一応注意。
コメント欄にも場合によってはお気をつけを。
メモリースティックねぇ…
我が家の日産ノート君も先日12ヶ月点検を済ませ
無事一年経ったのですが…(あ、まだ11ヶ月だった)
未だにナビやオーディオの細かい設定を使いこなせていません。
取説を熟読すればいいのでしょうが…
ほらただでさえ年中カメラやらソフトやらの取説などを
読んでいるのですから、もうプライベートでは面倒で面倒で。
とはいえいろいろ欲求はでてくるので仕方無く。

プラスHDDナビモデルだったのでナビとオーディオが一体型、
音楽もHDDにストックできます。
でi-tunesのようにCDDBで曲の情報を取り込めるのですが、
たまにCDDBデータを更新しないと
新譜の情報は出てこないのですね。
で何種類か方法があるのですが、
日産のサイトでダウンロード、
メモリースティックでデータを移す方法があるそうで。

なんでまたメモリースティックなのか不思議ですが…
ナビがソニー製なのかな?
基本的にソニーはあまり好きではないので(笑)、
メモリースティックなど買ったことがありません。
ちょいと調べてみますと…
「Duo」がついてない「メモリースティック」は旧規格、
基本128MBまでしかなかったんですね。
し、知らなった。
今どこかで売ってるのでしょうか?
上位互換らしく「Duo」は使えなそうだし、
入手困難もしくは割高、なーんてことだと困るなぁ。
秋葉原に行くべきか、はてさて。
Capture One 4 導入
先にハナポンパパさんとこの記事にコメントいたしましたが・・・
少し前に書いたとおり、上司に相談したらOKが出まして、
ついにCapture One 4(以下C1-4)導入決定。
これで試用日数を気にしなくて済みました。

「評判が良いので入れてみたけど・・・それほどねぇ」
という意見も出ているようですね。
確かに今となっては他のソフトも進化してしているので
他に比べて目新しい機能てんこ盛り、という訳ではありません。
むしろ機能的にはLightroomの方が充実しているかも。
ライブラリ(ソフトへの読み込み作業が必要)が嫌いでなければ、
そして値段の差が気にならなければ、
C1-4ではなくLightroomの方がいいかもしれません。

C1-4は「CMYKにしたときの墨版がきれい」
「シャドー部のノイズが少ない」などの噂も聞くのですが、
まだ厳密な比較はできていないので何とも言えません。

ただ、先日書いたとおり「回転&切り抜き」が優れている、
そしてクイック調整がしやすい。
現実的な部分でこれが大変大きなメリットと感じました。
大量に撮影、とりあえず最低限の調整をして
編集にセレクト用のデータとして大至急渡す、
こういう流れの仕事の時に大いに助かりそうです。
例えばうちでよくあるのがイベントの手持ちスナップですかね。
後輩が今この手の仕事が多くて、本当に助かったそうです。

あれもこれも出来るCaptureNXやSilkypixよりも
要素が少ない分迷わない、
DPPはピクチャースタイルで一長一短、
CS3CameraRawはインターフェイスが何故かあまり好きではなく、
C1-4の方がしっくり来る(笑)。
というわけで、さくさく現像設定を決定していける、
よって生産性が非常に高いです。
現像スピードは遅いようですが。
現像中はお茶でも飲んで一息つきましょう(笑)。

色についてはちょっと地味目で落ち着いた感じ?という印象。
他と比較してしまうと被写体によって良し悪しありますね。
これについては使いこなせていないのも大きいかも。
あ、あと「バリアント機能」というのが売りのようで。
先週までの仕事では使うの忘れていたのですが、
同じRAW画像から複数の編集バージョンを作り、
並べて比較できる。
これは便利なのではないでしょうか。

また来週にでもいろいろ試してみたいと思います。
2008年7月の月例展
0807月例展


さて7月のテーマは「アサヒスーパードライ(350ml缶)」。
カメラマン泣かせ、周りのものがしっかり写り込む被写体です。

以下投稿文。

いつもお世話になっております、wan-wanです。
私にとっての「初」ライトセーバー作品になりました。
ずいぶん前に購入してお見せしたLEDライトですが、
覚えていらっしゃいますでしょうか?
マスタージェダイ・ヨーダ様共に「これは青いよ~」と酷評された(笑)
例の一品でございます。
今回はこの青さを生かしたつもりで?
「Asahi」~「朝日」~「夜明け」のイメージで撮影。
ホワイトバランスは太陽光にして、朝日役にミニマグライトを使用。
ライトセーバーは・・・お手軽カップ麺容器案を採用で。
背景は紺色バックにガラスを乗せました。
撮影風景ではないですが
一応使った道具の写真も添付しておきます。
終わったら飲もうと思っていたスーパードライでしたが、
おなかの調子が悪いので泣く泣く冷蔵庫へ。
皆様も寒暖の差、冷たい飲み物の取りすぎ、
お気をつけくださいね。

Canon EOS40D SIGMA 70mm F2.8 MACRO
F11 6秒 ISO100  DPP


0807月例展道具


白ヒゲさんのコメントはリンク先で見ていただくとして・・・
ちょいと注文は付きましたが今月も座布団いただけました。
嬉しいです~。
新聞も
今朝の朝日新聞の一面にチラッと告知が。
朝日は21日の朝刊からFMスクリーニング印刷になるそうな。
従来のAMにも長所はあるようですが、今回はFMの採用で「精細、色鮮やか」をうたってますね。
昨年私も器の本で結果的にFM印刷を採用されたものに関わりましたが、やはりFM印刷ジワジワと普及してきているのでしょうか。
全部は読めませんが
某所で村上龍さんの話が出たので思い出しました。
大好きな作家さんの一人です。
個人的には作家として、というよりも
その発想、着眼点、そして言葉の選び方、実行力、
その辺がもう根本からして私と違う人種だなぁと
素直に尊敬しております。

で、その村上龍さんが編集長をなさっている
JMM(ジャパン・メール・メディア) 」
というメールマガジンがありまして、
不確かですが6年くらい前でしょうか?
そのあたりからずっと読んでおります。

詳しくはリンクでご覧になっていただくとしまして、
簡単に言うと金融・経済を中心として
既成のメディアだけでは伝わってこない
「わかっていること・不明なこと」を
明らかにすることを目指したメールマガジン、だそうです。

具体的には
「専門家によるネットワークを作り、どこが不明なのかを、
村上氏の質問にネットワーク参加者が答える形」が基本。
その他海外からのレポートやエッセイ、
最近では医療問題などの現場の声も取り上げられてます。

それらが全部メールで届くと結構な量で、
私もとても全てを読む時間は取れないのですが、
気が向いた時に好きなコンテンツだけ読むだけでも
勉強になります。

少しでも興味のある方、オススメです。

という訳で、私は経済を始めてからの村上龍氏が結構好きです。
「経済を始めてからはね~」という意見が多いんですけどね。
回転&切り抜き
前の記事の続き。
という訳で・・・
500枚弱ほどデザイナーに見せたい写真が集まったのですが。
そこは未熟者、やはり人間三脚には限界があったようで、
真っ直ぐにしたつもりでもやはり微妙に垂直がずれてます。
デザイナーが「まっすぐ星人」なもので、
やはり見せる時にはまっすぐにしておきたい。
大量に短時間で処理ねぇ・・・。

一番良く使うDPPの最大の弱点、
それが90度以外の回転が出来ないこと。
いつもは現像後フォトショに持っていくのですが
さすがに今回はうざったい。

CS3のCameraRawもあるにはありますが・・・

で、思いついたのが前から試してみようと思っていた
Capture One 4。

使ってみたら垂直出し~回転&切り抜きはこのソフト抜群ですね。
回転した時に自動的にそのアスペクト比での最大の大きさで
切り出すフレームを付けてくれていて、
現像時にはその大きさでファイルを書き出してくれます。
パラメーターもわかりやすいし、
とてもなじみやすいインターフェイス。
効率よく仕事できそうです。
仕事で初めて使うのはどうかな?と思いましたが、
結果使ってみて大正解でした。
というかこれが無ければ間に合わなかったかも。

やっぱこのソフト欲しいなぁ。
そんな高くないのだから導入して欲しいものです。
部長に掛け合ってみますかねぇ。
地道な仕事
080701秋葉原
Canon EOS5D EF16-35mm f2.8LⅡ DPP

一昨日は秋葉原、昨日は歌舞伎町&中野。
街中をとあるテーマでクルクルと撮って回る。
正面・真っ直ぐ縛りはその他の3倍は
労力も時間もたいへんなのよん。
日頃の運動不足、
人間空気イスにも限界が。
お尻イタイっす。

写真はもちろん仕事と関係なし。
2008年6月の月例展
0806月例展

やばやば、まだ月例展のアップしてない分放置中・・・。
近日中に何とかしなければ。

さて6月のテーマは「雨に因んだ物撮り(スクエア画面)」。

以下投稿文。

新藤様
こんにちは、wan-wanです。
駆け込み提出ですみません。
一昨日の「東大和の伊藤さん還暦祝いお誕生会」、
またまたお世話になりました。
そのときの宣言どおり、難しく考えるのはやめてアジサイです。
アジサイの花ではなくて葉にフォーカス、にしました。
これは本当に雨上がりをそのまま撮ってます。
私のブログ6/27分にアメリカデイコを載せましたが、
それと同じで渋谷のNHKの脇にて。
最近散歩できてないので、
仕事の買い物途中とはいえちょっと楽しめました。
フルサイズで開放の撮影も意図的に。
普段は1.3倍or1.6倍での仕事がほとんどなもので新鮮でした。

Canon EOS5D
SIGMA 70mm F2.8 MACRO
F2.8 1/400 ISO400  
DPP


に対しての白ヒゲさんのコメント。
すみません今回は転載させてください。

wan-wanさま、先日はお忙しいところお越しいただき
有り難うございました。
スナップに近い作品ですが、よく見ると物凄い面白い・・・。
葉の水滴の一つ一つを観察してみると、
手を上げていたり、走っていたり・・・
人間のようなハイライトが写りこんでいますよ!!
これもっと接写したら素晴らしい広告が作れそう。
意図してないかもしれませんが、
個人的には大受けなんで
座布団進呈。

そうなんです、物撮りというよりはスナップに近いので
どうしようかとも思っていたのですが時間切れでした。
いろいろ撮った中からこのカットを選んだのは
まさにこの水滴の映り込みが目を引いたからなのですが・・・
「人間のような・・・」までは思いつきませんでした。
さすが大先輩。
同じものを見ても発想力の差を感じさせられます。

大甘の座布団ゲットですが、何せ初座布団!!
素直に喜んでます(^_^)