犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
2008年9月の月例展
0809月例展

9月のテーマは8月に続いて「地球温暖化」。
「続いて」?
はいそうです、
先月はどうにもアイデアが浮かばなくってギブアップでした。
今月も会心の出来ではないですが・・・
ともかく間に合いました。

以下投稿文。

新藤さま
いつもお世話になっております、wan-wanです。
テーマ難しかったです。
先月はギブアップ、今月もギリギリでどうしようかと。
何となく撮ってはあったのですが、
あら、新藤さんに似たようなところを、
しかも上手に攻められてしまいました(泣)。
まぁ気を取り直して結局文字を入れて提出です。
地球温暖化といえば環境問題に目が行く
わけで、でも軽く調べただけでも諸説紛々。
「アルミ缶はリサイクルの優等生」とはよく聞く話だったので、
素直にテーマにするつもりでしたが、
(そのつもりで全体が緑のイメージだったのですけど)
これも調べてみると問題が。
京都精華大学の人文学部環境社会学科、
2003年のweb授業公開、
「リサイクルが地球を救わない理由」
が分かりやすかったです。
「リサイクルは、しないよりはマシかもしれないけれども、
しても環境問題は解決しない。
じゃあ、しなくてもいいのかというと、したほうがマシな場合はある。
しかし、しないほうがマシな場合もある。」
という結論が述べられていました。
なるほどごもっとも。
人類にとって、よりも政治経済の要因で
物事が決まってしまうことが多過ぎるこの世の中。
悲観するときりがないですが・・・
小さなことでもやれることからこつこつと、
そして盲目的に一つの意見を信じすぎないように、ですかね。

写真としては久しぶりに4x5Nikonアダプターを使用、
5枚スティッチング(結果トリミングしたので4枚分くらい?)してます。
先輩のD3を借りて使ってみました。
あ、そうそう、この小さく畳んだ缶もポイントということで(笑)。
以前ゾロ目会でご好評だった小ネタ。
アルミ缶に指で斜めに筋を三、四本入れて
捻りながら押しつぶします。
ビール党の方、回収日に溢れる缶もこれでスッキリ!?

Nikon D3 4x5アダプター使用
TOYO-VIEW VX125 Nikkor135mmF5.6
f11 Comet CBc-12X 2灯 CaptureNX+Photoshop CS3


以下白ヒゲさんのコメントより抜粋。

さて頂いた作品。先ず背景が美しい!お見事です。
アオリも効いている。気持ち良いですね。
これで上方にもう少し余裕があればと思うのは、私だけか?


そうなんです。
自分も撮った後でそう思いました。
さすがです。
最初はもっと寄って縦位置で考えてたのですが。
テストと思って撮っておいたスティッチングの材料を
結果採用してしまいました。

追伸:おや~、ニコンD3・・・良さそうですね。

持った感じはやはり手になじみますよね~♪
ただライブビューはCanonになれてしまったので、
ちょっともどかしかったです。
これもまた慣れなんでしょうけどね。

さて、白ヒゲさんは聖地を目指すのか(笑)。
結果によっては追随する人多数な気も。
私も2年後は人事ではないですが。
ドバイその3
ドバイ11
以下Canon EOS1Dmk3 EF16-35mm F2.8LⅡ
 &Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8
 &FUJI Finepix F710
Silkypix3.0

忙しさと疲れかな・・・
このところなかなか落ち着いてブログを書く時間が取れませんでした。
さて、再開。

9月といえばドバイではまだまだ暑い時期。
かなりの厳しさを覚悟しましたが、予想よりは暑くなくて拍子抜け。
もちろん日本の夏くらいには暑いし、
ずっと外にいるのはやはり辛いですけど。
現地の人に聞くと
「一週間前まではもっと暑かった」とか
「いや、今年の夏は割と暑さが厳しくなかった」とか、
いずれにしてもラッキーだったようです。

ドバイ12

それに対して「冷房がきつい」のは事前情報通り(^_^;)
中には上着を着ても寒い場所もあったので注意が必要です。
ホテルの部屋のエアコンも
早目にスイッチをOFFにしないと風邪ひきます(笑)。

ドバイ13

さて、もう一つ心配していたのがラマダン。
イスラム教の人は日の出から日没までは食事が出来ない訳ですが、
外国人が観光でホテルにいる分には
ラマダンだということを忘れるくらい食事には不自由しません。
ただし街中では要注意。
やはりショッピングセンターなどでもレストランは閉まってました。
テイクアウトのみやってます、なんてお店も。
あと、不用意にミネラルウォーターなど街中で飲んではいけません。
目に付かないところでササッとなら大丈夫かな。

上の写真はとあるベジタリアンレストランにて。
イスラムですから豚肉はダメ、とかもありますし、
野菜だけならみんなが食べられます。
ここはとても美味しかった。
野菜だけでも大満足でした。

ドバイ14
朝食は全てホテルでとりましたが、かなり充実しておりました。
特にパンの種類が豊富でどれも美味しい。
アラビア料理っぽいものは少なめ、
イングリッシュブレックファーストのメニューは当然?あるとして
(昔はイギリスの支配下でしたもんね)
なぜか寿司、味噌汁、ご飯などもあったりします。
やはり日本の方のステイも多いのでしょうか?
そういえば日本人に合わないホテルは無かったかも。

ドバイ15
少ない自由時間で「ワイルドワディ」という・・・
まぁ豊島園のプールみたいなところですかね、
少し体験してきました。
まぁ、これも半分仕事ということで(笑)。
写真は入り口なのでよく分からないと思いますが、
超高いところから落ちるウォータースライダーや、
浮き輪で長いコースを上がったり下がったり・・・
水のボブスレーみたいなイメージですね・・・
が、目玉アトラクション。
きっと女の子と行けば楽しいのでしょう。
えーと、なにせ男二人で・・・(笑)

ドバイ16
で、閉園間近に入りましたので当然すぐに日が暮れます。

ドバイ17
何処のホテルもきれいにライトアップしております。

ドバイ18
やはりドバイにいる間はどうしてもこの奥に写っているホテル、
バージュ・アル・アラブに目がいってしまいますね。
ドバイのアイコンみたいなものでしょう。
御覧のとおりライトアップも赤を始め七色に変わります。
時間によってはレインボーカラーがグルグル動いたりして・・・
派手というか・・・
もう少しお上品でも良いのでは(^_^;)
七つ星とか言われているのですし。
ドバイその2
ドバイ04
以下Canon EOS1Dmk3 EF16-35mm F2.8LⅡ
 &Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8
C1-4

ドバイはかつて海のシルクロードの重要な中継地だったそうです。
このクリーク(運河)の存在も大きかったのでしょう。
ドバイと言えば、の一つです。

ドバイ05
そしてこのクリークと言えばアブラ(水上タクシー)。
普通に街の人々の交通として片道30円くらいで乗れます。

ドバイ06
車でとなると南と北に橋やトンネルもあるのですが、
中心街を最短で結んでいるのがこのアブラなので
頻繁に使われているようです。

ここは「デイラ・オールド・スーク・ステーション」
という船着場ですが・・・

ドバイ07
このスーク(市場)の別名は「スパイス・スーク」、
スパイスを売っているお店の多い市場ですね。
この辺一帯は観光で訪れたいエリアなんだそうで。

ドバイ08
で、そのすぐ近くには「ゴールド・スーク」。
金の売買のお店ばかり並んでいる、ということですが、
思っていたより地味です。
時間がないので駆け足で通り過ぎます。

ドバイ09

というか多少の時間はあっても
仕事で撮影となると許可申請は最低限、
それでもあれダメこれダメ、で大変です。
まったくのプライベートだったら誰に迷惑かける訳でもないので、
もう少し頑張って踏み込めるかも。
ただ遠景以外で人を撮るのはかなり注意が必要のようです。

ドバイ10
こちらもササッと。
ドバイで一番代表的なモスクです。
ドバイその1
ドバイ01
Canon EOS1Dmk3 EF16-35mm F2.8LⅡ C1-4

行くことになるまで私も良くは知らなかったのですが、
「ドバイ」とは、アラブ首長国連邦の
7つの首長国のうち2番目に大きい国。
UAE(=United Arab Emirates)とも言いますね。
(サッカーなどでは「UAE」の方がなじみがあるかも)

そしてそのドバイ首長国の首都でもあります。

「原油依存経済からの脱却・産業の多角化」を掲げて、
中東における貿易・商業の最大の中心地として急激に成長。
いまや経済の石油依存率は半分以下とか。
詳しくは「ドバイ wiki」でググッてみてください。

ドバイ02
Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8 C1-4

とにかく変な形の新しく高いビルがわんさか。
街の中は工事だらけです。
こうやって切り取ると超近代的にも見えますが・・・

ドバイ03
Canon EOS1Dmk3 EF16-35mm F2.8LⅡ C1-4

メインストリートを外れたところに目をやるとこんな感じでもあります。

今回のドバイ行きに当たって友人のブログのドバイ旅行記が
かなり参考になりました。
「リゾートだと思って行ったら
建設ラッシュの殺伐とした雰囲気にガッカリ」
「建設中の香港だと思って行きましょう!」
というアドバイスを最初から心しておいた方がよいかも、とのことで。

・・・おっしゃるとおり。
やはり本日でした
5Dmk2、発表ですね。
販売店からメールが来ました。

11月末発売、実売30万前後。

2110万画素、秒3.9コマ、
視野率98per、バッテリー新型、
200万画素フルハイビジョン動画AF撮影可能とのこと。

同時にEF24/1.4L 2 USM も発表だそうです。
ただいまです
Dubai_01
FUJI Finepix F710

無事ドバイより戻ってまいりました。
取り急ぎ。
では行ってきます
天気予報によると・・・
今日から秋っぽい空気になるそうですね。

では私は今日から暑いとこへ行ってまいります。

とある方に「土産は油田で。」と言われました。

・・・油田チョコでも探すことにします。

土曜深夜に帰国予定です。

続・砂漠対策
てなわけで本日はヨドバシに行って各フロアをまわりつつ
うんうん唸ってました。
カメラの防塵対策グッズなんてのはなかなかないもので。
大体が雨雪と寒さ対策なんですよね。
良さげな防水プロテクターがあったのですが、
値段もそれなりにするし、なんといっても蒸れそう・・・。
却下しまして、結局こちらをお試し購入。
値段1/10でんがな(笑)。
これなら「ハズレ」だったとしてもまぁいいかと。
あとは三脚もやばいよね、みたいな話もあり。
清掃用具も含めその他もろもろ買い物しましたが、
その成果はいずれまた。

ところで自由雲台の掃除ってどれくらい出来るものなのだろうか?
砂漠対策
今週はさすがにバタバタ、
更新がおざなりでいかんです。

さて本日の撮影&納品も完了、
ようやく9日からの海外の準備です。
で、一つ気になるのが最終日にデザートツアーがあるそうで、
砂漠での防塵対策をどうしたものかと。

ようやくネットで調べてみたのですが、
やはり最低限やれることはやっていった方が良さそう。
水中ハウジングがベストなのは当たり前ですが(^_^;)、
当然現実的ではないので何かレインキャップ的なものを
ヨドバシに物色しに行かねば。
普段の雨とかならホテルのシャワーキャップで代用、
くらいでいいのでしょうが今回はもう少しまともにしたいもの。

あとは…大きめのジップロック?埃そうじ用のブラシ?
簡易シーリング強化のためにテープ類?
そんなところでしょうか。
あ、あとカード交換も難しいでしょうから8GBのカードを買わねば。
(普段は4GB使い)