犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
本年もありがとうございました
ドバイ19
Canon EOS1Dmk3 EF16-35mm F2.8LⅡ  C1-4

さて、今年もあっという間に大晦日を迎えてしまいました。
いつもお世話になっている方々、
そして今年出会えた方々、
本当にありがとうございました。

いきなりこの写真は何だ?と思われるかもしれませんが・・・
これはドバイの砂漠です。
今年9月にドバイ出張に行く際、
皆さんにいろいろとアドバイスをいただきましたが、
ブログでのレポートが砂漠編の前でピタッと止まってしまいました。
お世話になった方々、ご報告もできずに失礼しました。
忙しくしているうちにタイミングを逃してしまって。
年明けにでも何とか続きをアップしたいと思ってます。
それにしても今年の秋以降は忙しかった。
特に11月12月は例年年末進行で忙しいのですが、
今年は今まで一番だったかもしれません。
よく倒れなかったなぁ。

私事で言えばクリスマス前から妻が風邪を引いて
なかなか治らなかったので、
年末は家事にも追われていました。
なので・・・
ごめんなさい!年賀状大幅に遅れます・・・。
だって今書いてる途中・・・。
あ、ブログ書いてる場合ではないな(^_^;)

また作業に戻りたいと思います。

では皆さん良いお年を!


>追伸

らじお様

私も今年は「クロケットヌードルじゃ!」と意気込んで
妻にお願いしたところ、
「はい、コロッケ」と買ってきたのがメンチカツ・・・(-_-#)
メンチとコロッケが「同じようなもの」とは何事じゃ。
悔しいのでブログネタにしてやりました(笑)。
無理やり年越しメンチそばになりそうです・・・。
eneloopに・・・
ふと気づくとなんと単一&単二が発売されてましたね。
ずっと待っていた方も多いのでは?

先日の京島お散歩会の時にvivoさんが持っていた
両面発熱タイプのeneloop kairoも魅力です。
片面発熱のタイプは持っているんですけど、
両面の方があったかそうでした。
まぁ片面も発熱弱い分持続時間が長く、
軽いのも利点なのですが。

そしてさらに。
Wiiリモコン専用無接点充電セット」なんてものが
eneloopのラインナップに!
(便利なのだろうか?)

そうです。
クリスマスに曾おばあちゃんサンタが娘にプレゼント。
我が家についにWiiがやってきました。

小学2年生の娘、周りのお友達のDS所有率は
かなりすごいらしいのですが、
「絶対目が悪くなる!」という妻の判断でWiiで折り合う。

いや・・・親が欲しかったんでしょ・・・ね?
2008年12月の月例展
08wanwan12

毎度おなじみ白ヒゲさんちの月例展
今月は駆け込み&ラストバッターを避けられました。
12月のお題は「捨てたいもの、或いは捨てられなかったもの」。

以下投稿文。

さて、捨てられないもの・・・は数え切れず。
が、その中でもほんとうに捨てられなくて困っていたもの。
・・・ずばり水晶玉です。
中学時代の友人の結婚式でいただきました。
もう十年以上会っていない友ですが、どこで何をしているのだろう。
ともかく中国人の結構綺麗なお嫁さんだった記憶があります。
縁起物なのでしょうが、私はあまり風水などは興味なく。
とはいえ捨てるのは何か抵抗があって今に至ります。
今回思い出して登場、ようやく役に立ちました。
お部屋にでも飾っとくべきでしょうか?


Canon EOS1Dmk3 SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
F2.8 1/40 C1-4~CaptureNX
フラッグフレーム&ストロボのモデリング1灯
→嘘でした。近い場所から2灯使ってました(汗)。

少しNikフィルターでいじるつもりでNXに送って試しましたが、
あまりピンと来なかったので結局フィルターは使わず。
ただし・・・何せ自分の左手、しわしわが目立つこと(^_^;)
なのでNXにて「選択ブラシ」→「ぼかし」を
目立つところだけ使いました。

これは見事に水晶玉を文字通り手玉にとった!!
と言う隠されたオチに・・・座布団一枚!

という白ヒゲさんのコメント・・・ありがとうございます!

私は放っておくと結構硬い写真を撮りがちなので、
こういう球体のような丸い形ややわらかいものなどを
リハビリとして撮るべきかな、と思ったり。

今年の月例展は過去最高10回投稿ながらも3月と8月が欠席。
来年は無欠席を目指すぞ~。
発売しましたね~
CS4?

・・・いえいえ。
Nikon派待望のD3Xです。
さて、それを前にして木曜日、銀一主催のD3Xセミナーがありました。
ちょうどキープされていた撮影予定日、
ぎりぎりで外されたのでこれは行ってこいということだな、
と思いいざ銀座。
いや、個人的にはかなり充実のセミナーでした。
ノート10ページ書いたのも久々です(笑)。
仕事を抜け出して無理して出席してよかった。

書けそうな内容だけ以下に。
2008年12月のゾロ目会
081212_01
Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8  C1-4

昨日は通常ゾロ目会at不動前。

忘年会ムードだからか?
白ヒゲさん誕生月でおめでとうだからか?
とにかく記憶にある中では最高人数の大盛況。
28人でしたっけ・・・
とにかく遅刻の私が着いた時には
どうやって中に入ろうかと戸惑うほど入り口まで一杯でした。

081212_02

081212_03

081212_04

081212_05

081212_06
常連さんから、久々参加の方、初参加の方、多士済々♪

ちなみにらじおさんがどうしてこんなに満面の笑みなのかは・・・
以下自粛(笑)。

081212_07
さて、冬のゾロ目会といえば恒例の鍋♪
今シーズン初でしたね。
第一弾は鳥鍋でしたが、食べつくし。
これは第二弾、豚肉鍋になっております。
こんなにもりもり作ってもあっという間になくなります。

081212_08
さて、12月は白ヒゲさんの誕生日。
ケーキを持参させていただきました。
ワンパターンで申し訳ありませんが今回もこのケーキ。
九段、ゴンドラパウンドケーキです。
もうちょっと見ため派手なケーキの方がいいかとも思いましたが、
夕方急に買いに行ってホールケーキ、は売り切れも多く。
それと切り分けやすく食べやすいのもいいかなと。
老舗の名品、結構お酒が効いているケーキで
「比較的男性好み」とはお店の人のお言葉。

081212_09
ここまでは撮れたんですけどね。
あとはブレブレでだめでした。
やはり25600が必要か?
この日さりげなく置いてあった例のカメラで撮ってみればよかった。
ともかく54歳おめでとうございます♪

081212_10
さて、鍋もひと段落、
ハンチングをかぶった謎の男が取り出したりますは・・・

081212_11
カニ♪
・・・って私はNGなんですけどね。
一部のカニ狂いの方は目を輝かせて・・・
というか無言で一心不乱に食べていました(笑)。
カニって黙りますよね~。
「10月ゾロ目会のときの写真のお礼です」
とshimさんが持ってきてくださいました。
ありがとうございました!

081212_12
ほら美味しそうでしょ♪

081212_13
食べ物のあるところにこの男あり。
moonisupさん食べ物のアップ撮りまくり。

081212_14
おやおや、こちらは端正に正面から。
なんとイトケーさんの簡易レフ手前起こしサービス付き。

081212_15
あ、まだ撮ってた。
結構じっくりと撮られています。
Nikon F3、硬派な感じで良いですね。
でもデジカメが欲しいって言ってました。
ナイスなおじさま達が貢いでくれるという情報もあり(笑)。

081212_16
11時過ぎにはお片づけの始まり、
第一陣の電車でお帰りタイム。
久々の参加で白ヒゲさんと硬い握手の図。

でもこの日は何か飲み足りなそうだった白ヒゲさん。
結局第二陣は総勢・・・7名くらいでしたかね。
1時過ぎにお疲れ様でしたということで解散。
その後私は頑張って家まで歩いて帰りました。
こういうときはたいていよろしい具合に酔っ払っております。
yukinyaaさんの予見は正しい(笑)。
靴は脱がなかったので大丈夫でしたが、
帰宅後自宅の鍵を閉め忘れていた模様・・・。
ああおそろしや・・・反省。
2008年11月の月例展
08wanwan11
ちょっと・・・というかかなりアップが遅れましたが、
新藤さんちの月例展、11月分。
2ヶ月連続のギリギリの提出=ラストバッターという不名誉。
今月も・・・1/3が過ぎて不安なところですが、
ラストバッターは避けたいですねぇ。
11月のお題は「あなたの靴」。
安直にその日履いてた靴で。

Canon EOS1Dmk3 EF16-35mm F2.8L_2
F4 1/15 C1-4
スタジオの大きい電動バンク一灯(モデリングランプのみ)

安直でしたがまた座布団いただきました。
「この大胆さとフレーミングの良さ。
ワイドレンズの効用ですね。」

とのコメント。
そうです、ワイドでないとローアングル正面で
こんなにノーズが長くは見えません。
さすがの白ヒゲさん、一目で見抜かれました。

ちなみにこんなに逆光でも茶色がしっかり出ているのは
C1-4で彩度をガンガン上げたおかげなのであります。
撮ったままだとモノクロみたいでした。
最近読んでいる本
以前にもちらりと本について書いたこともありますが、またたまには。
以前どこまで書いたか忘れましたが…

基本読書の時間は電車の行き帰りくらいで、
疲れて寝ていることも多いので、
一ヶ月に2冊くらいのペース、
つまり読書家ではありませんな(^_^;)。
浅田次郎、村上龍、山崎豊子などが好きな作家、
もちろん全ての作品を読んでいる訳ではないので
たまにそれらの未読作品などにも戻りますが
他の作家の小説を読みたいとも思う訳です。

で、自宅から図書館がとても近いので
これを有効利用しない手は無いかなと。
図書館で持ち歩きしやすい文庫本を探そうとすると、
意外と限りがあって難しい。
それを逆手にとって、たまに「文庫本」を条件に
知らない作家の作品にトライするのですが、
それが大当たりだと結構嬉しいのですね~。

以前のヒットはブログにも書いた池井戸潤、
そして今回のヒットは石持浅海というミステリー作家さんでした。
最初に読んだのが「月の扉」、これがとても面白かった。
それ以来5冊連続で石持作品を読んでます(笑)。

連続して読むと「密室殺人を素人探偵が解決」というワンパターン、
内容が総じてやや軽い、など気になるところもありますが、
全体的に上品な印象に好感が持てます。
読んだ5冊の中では他に「アイルランドの薔薇」も良かったかな。

気軽に何かミステリーでも読みたいなぁと思っている方、
オススメですよ。
TTLコード比較
白ヒゲさんに「NISSINのユニバーサルシューコード」
でリンクを貼っていただいたのでアクセスが増えております。
初めての方いらっしゃいませ。
先日の記事はこちら

で、せっかくなのでこのタイミングでTTLコードの比較を。
Canon、Nikonのコードは後輩が持っていたので借りてみました。

081206_01
上からNikon SC-28、Canon OC-E3、NISSIN SC-01です。
NikonはSC-29という上級(?)モデルが存在するようですが、
とりあえず手元のものでの比較で。
とりあえずNikonの長さが目立ちます。
これは使い方のお好みで、良くも悪くもありますね。

081206_02
カメラ側の取り付け部。
左からNikon、Canon、NISSINです。
NISSINだけここにもホットシューが付いているのが売りです。
おや、Nikonだけ横にコードが出てますね。
ロックはさすがに純正はストロボと同じロックです。
とはいえNISSINのシンプルな締め付け型も私は好きです。
Nikonは締め付けがまったく無いのが個人的には使いづらい。
純正でないシューに取り付けることもあるのですから、
締め付けは必需でしょ。

081206_03
同じくカメラ側の裏面。
NISSIN以外は金属を使って丈夫に、ということでしょうか。
NISSINがプラスチックなのは・・・
ユニバーサルだから?コスト?

081206_04
コードの逆端、いわゆるストロボ取り付け側です。
NISSINにも着脱ロック用のピン穴が開いているのはGoodですね。

081206_05
同じ部分の裏側。
3社ともにネジ穴は切ってありますが・・・
Nikonだけシューが付いてないですね。
やはりシューは当然として、
ここにも締め付け型のロックを付けて欲しいと思うのは
私だけではないはずだ!

それにしてもこの部分の高さはマチマチ。
それがあだになることもあろうとは。

081206_06
これはCanonの場合。
「スピードライトブラケットSB-E2」を使用する方の場合は、
純正コードにもメリットがあります。
580EX2には写真のような浅い金属のネジ穴が切ってあり、
SB-E2のネジで固定できるようになっています。

081206_07
これをつかうと確かにしっかり固定できて安心ではあります。
NISSINのコードでは高すぎてネジ穴の位置が合いません。
ブラケット使用率が高い方は良く考えた方がいいかも。


それにしてもここの所毎日のようにNISSINのコード活躍中。
本当にオススメです。
うちの最近の580EX2なり
081204_01
普通にアンブレラホルダーを付けて
受光部が見えるように逆さにすると
マニュアル光量コントロールが裏になって
非常に操作しづらいではないですか。

なので最近はこんなことになっております。

081204_02
アップにするとこんな感じです。

081204_03
ストロボを外すとこんな感じ。
パーツはハクバだかエツミだかを組み合わせました。

081204_04
番外編。
お約束の梅本クリップ装着の図。


相変わらず年末進行バタバタモード。
終電続きでかなりヘバリ気味。

・・・いやいや、頑張るどー。
天気予報どおり
夜になって雨になりましたね。

本日は紅葉&子供ロケのリベンジ@小金井公園。
昼間は風も少なく良い天気で助かりました。

しかしこの季節は最も日が短い訳で。
かなり太陽も低く、日差しがキツくてハイコントラスト。
今日も580EX2のお世話になりました。
そういえば確か白ヒゲさんのオススメだったサンパックのディフューザーキット、最近私も愛用してます。

それにしても…
落ち葉をバサバサせざるを得ない秋ロケ。

やはりこちらも予想どおり…
鼻ズビズビでツライです。鼻炎持ちカメラマンとしては秋ロケは2年に1回くらいだと助かるのですが(涙)。