犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
そろそろ寝ます。
今日は10時半頃帰宅。
最近の中では超早い時間。
そんなんだからなかなか咳が止まらないのですが。

月例展も昨日なんとか投稿したし・・・。
あ、そういえば5月分から自分のブログへのアップをサボっていた。
そのうち連続投稿しなければ。

それはそうと、ここのところ見開き仕事が多くて、
1Ds3やら5D2やら借りて使ってます。
2000万画素あると安心ではありますが。
PCの非力さがやはり気になるものですねぇ。
ついでにTS-E24のⅡ型もレンタル。
これはいいなぁ。
解像感やら歪みやらは厳密なテストをしていないので
コメントは避けますが(それでも良いような気はする)
シフトティルトのレボルビングが使っていて超気持ちいいです。
45と90でもねじりたくてしょうがない(^_^;)。
早急になんとかするべきでしょう、Canonさん。
弱り目にたたり目
人が弱っている時に限ってまったく…

今日は中目黒のスタジオで撮影。
朝、荷物満載の車で出発。
もうすぐ到着、この辺をナビ通りに右折…
あ、ここだ、右に曲がってと…
「ウゥ~~~」
「はい、そこのウイングロードの運転手さん左に停めて」
何故!?
「ここ10時まで右折禁止だから」
「…(-_-#)」

白バイ2台、捕まってる車4台。
そんなに名所ならもっと道路に書くとか
表示をはっきりすべきでしょ(-_-#)。
久しぶりに警官に食って掛かりました。
まぁそれで事態が何とかなる訳ではないですが。
朝急いでいたのと、疲れで流石に少しキレました。

怒りは治まりませんが、
まぁ今度からはさらにナビを信じるのは止めようと決意。
右折ポイントを探している時には道路左の標識は見辛いですが、
本当に気をつけなければ。
皆様もご注意を。
はぁ…(涙)。
なかなかしつこい
風邪をひいてはや一週間。
熱は一日で下がったのに・・・
喉がなかなか治りません。
本日内科に行って別の薬を出してもらう。
効くといいなぁ。
ま、それよりも睡眠が大事なんでしょうが、本当は。
早く仕事にひと区切り付けてちゃんと休まなければ・・・。

書きたいネタはあるのですが余力なし。
残念。
「特別優待販売」の期限
SILKYPIXを4.0に上げるかどうかずっと迷っていたのですが。
一度3.0ユーザーの特別優待販売が7月23日まで延長され、
とうとう本当に期限か?と思っていた昨晩、
HPを覗いてみると以下の文面が。

SILKYPIX DS4.0/Pro Macintosh版の発売が遅れており
Macintoshユーザー様にはご迷惑をおかけしております。
SILKYPIX DS4.0/Proのライセンスは
Windows/Macintosh共通である為、
SILKYPIX DS4.0/Pro Macintosh版が発売後、
一ヶ月まで当優待販売を延長させて頂きます。

なるほど、そういう理由で来たか(^_^;)。
いや、何となく再延長するかな~という予感はありましたが。
いや、それよりも。
「SILKYPIX DS4.0/Proのライセンスは
Windows/Macintosh共通である為」!?
おぉ、ついにシルキーもクロスプラットホーム化!
確かにライバルのLightroomやCaptureOne4に比べると
そこが弱みでもありましたし。
私みたいなWin/Macチャンポン派には嬉しいお知らせ。
これなら追加ライセンスで仕事Macで使えるかも。
本当ならProの方が使えるのでしょうが、
自宅のPen4では4.0が妥当かと。
まぁ、今は困ってないので購入はもうしばらく後回し(笑)。
あ、でも今5D2を借りているのですが、
今の自分の環境ではDPP現像しかできないことが判明。
PhotoshopはCS3だし、MacOSが10.4なので
Capture Oneが4.1.2しか使えない(-_-#)。
ちょうどいいからMacにシルキー3.0の
トライアルを入れてみますかね。
先週の話ですが
主題は先週の話ですが、先に現況を。

一昨日ぎっくり首と書きましたが、
そちらは昨晩鍼治療で少しだけ楽になりました。
…が、それとは別に昨晩38℃の発熱(-_-#)。
喉が痛いなぁとは思ってましたが…
何か先週までの疲れが一気に吹き出してますな(^_^;)。
思えばゾロ目会の日も結局仕事してましたし、
働き過ぎだなこりゃ。
先ほど耳鼻科にて薬をもらう。
喉の風邪、流行っているそうです、皆様ご自愛を。

さて主題に戻って。
先週銀一主催の「Capture One 4 Proセミナー」に行ってきました。
PLIEさんも参加とご自身のブログに書いてあったので、
もしかしたらお会いできるか?と思いましたが、
やはり第一回、早い時間のご参加だったようで…。
いろいろお話したかったですが残念。
またの機会に是非。
私は撮影をギリギリで終わらせて第二回にやや遅刻で参加。
とりあえずいろいろ聞いてメモしてきました。

やはりProの方がいいなぁ。
ただ、自分を取り巻く環境が…
会社のMacはOSが10.4だし、自宅はPen4、シングルコアではねぇ。
買ってもソフトが使えない…(^_^;)。
まだ一年くらい先の話か。
とりあえず私も諸々リクエストを。


・ProでないCapture One 4も
表示のカスタマイズができるようにしてほしい。

・ファイルコピーをCapture One 4上でしても
パラメーターやレーティングなどセッティングが
コピーしたファイルに反映されない場合があるので改善できないか。

・ビュアーの拡大率スライダーが25%や50%などの
きっちりの数字にならない、
そもそもショートカット一発で25%や50%になるようにしたい

などなど希望。

あとは以前からのトラブル(ホットフォルダの不具合)、
実際にPCと40Dを持ち込んでフェーズワンジャパンの方にも
実際に見て頂きました。

ホットフォルダ機能の表示不具合は
フェーズワンジャパンの方のPCでも確認できていたようで、
バグですね、と認識されているようです。
早々に修正してもらいたいものですが。
またまたデビュー?
090720_01
Fuji Finepix F710

本日は家族3人で国立劇場へ。
娘の夏休みイベント第一段、ですかね。
「歌舞伎鑑賞教室」なるものを妻が発見、
予約してくれてました。
娘にとってはもちろん初の歌舞伎ですが、私も初か?
昔高校の時の修学旅行で観たあれは何だったかな・・・
疲れと睡魔に負けた記憶が・・・
あれはあれで歌舞伎だったのかも?
ま、とにかく記憶も薄いのでほぼ初ということで。

090720_02
素人は機械に頼ります(笑)。
まぁ、でもイヤホンガイド、確かに分かりやすい。
娘には良かったですね。
自分にも良かったですが、イヤホンで片耳塞がれてると
せっかくの歌や演奏がモノラルになってしまうのが残念。
着けたり外したりしてました。

090720_03
二つの演目の前に「解説 歌舞伎のみかた」なるプログラムが。
これがとても良かったです。
中村亀鶴さんの進行がお上手。
子供たちも興味が持てるように面白おかしく話が出来る、
さすがプロですね~。
「この時間は写真撮っていいですよ~」
なんて仰るので思わずパチリ。
本当の演目はもちろん撮影禁止です。

さて、本演目の「素人から見た」感想ですが。
「矢の根」は主役の演者の迫力不足か?
団十郎さんがお家芸のようなので、
本家なら違うのか?と思ったり。
こちらの期待が大きすぎかな?
「藤娘」は単純に良かったです。
舞台も着物も演者も華やかで目を引きました。

と、思いながら。
なぜか見ている最中から首がまたぎっくり気味になり(汗)。
去年痛めた右ではなく左なのが気がかり。
何とかぎりぎり大丈夫な状態。
明日マッサージに行って、悪化させないようにせねば。
デビュー
昨日「人間ドック」に行ってきました。
今まで普通の健康診断でごまかしてきましたが、今年40歳になる世代の人は強制的に人間ドック、という決まりだそうで遅まきながらついにデビュー。
なんと言っても「バリウム」がね…
人から伝え聞いているだけなのでイメージだけが膨らんでかなり怯えていたのです。
経験者から「朝早く行くと待たされずスムーズ」との情報をもらっていたので受付10分前、8:20頃病院に到着。
やはり先輩の言うことは聞くものだ、あまり待たされることなく、ぴったり2時間で検査終了。
さて肝心のバリウム。
結論としては…何だこんなものかといった感じ。
他人に脅されておくくらいがちょうどいいのかもしれませんね(^_^;)。
味ももっと不味いのかと思っていたので拍子抜け。
いや、おいしい分には歓迎ですが。
で、当日わかる範囲で結果を聞くためにさらに1時間程待って…
検査結果は全く問題無し。
まずは一安心。

全部終わって11:30過ぎ、さすがにお腹が空いたので通りの向かいの「花まるうどん」に飛び込む。
最近増えましたね~。
一人でパッと食べるには便利です。
北京の巻 最終回
09北京_08
Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8  C1-4  以下全て

だらだら書くのも何なのですが、
なかなかブログ更新の余力無く。

こちらは胡同ツアーの途中で立ち寄った「恭王府(ゴンワンフー)」。
「清代の咸豊帝の弟、恭親王奕きん(えききん)の邸宅」なんだとか。
ふ~ん、清代の邸宅ねぇ・・・
と、お庭もあるのでゆったりとした気分でまわりたいものですが・・・
実は中国人団体客で一杯。
以前、奕きん(えききん)が出てくるドラマがあって、
それ以来観光地として国内でも人気なんだとか。

09北京_09
こちらは恭王府の中の茶藝館(のはず)。
入る余裕はありませんでしたが、
これまた後から調べると
「清の時代の建物で、テーブルや椅子までもが当時ののまま」
なんて情報もありますがどんなもんだか。

09北京_10
まぁただの土産物なのですが、並べてあると目を引きます。

09北京_11
恭王府の入場チケット売り場の横で。
なんとなく気になってパチリ。
この人たちここに座って何しているのだろう?
・・・と思ったのがその時の印象ですが、
後からこの写真を良く見てみると・・・・
壁が高っ!!
人数が結構居るのにこのポカンとした感じ、
これが違和感だったことに気づく。

09北京_12
最後に・・・これは恭王府ではありませんが。
その晩の夕食で出てきた前菜。
おー凄い。きれ・・・いや、ちょいと気持ち悪いかな・・・
味は美味しかったですけど。
蝶って生理的にだめな方もいらっしゃいますし、
これも中国的かも。

そんなことで北京レポは以上。
お付き合いありがとうございました。
なーんだ
09北京_04
Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8  C1-4  以下全て

ホテルは天安門からそう遠くなかったはずなのですが・・・
結局一目も見れず。
とはいえ、観光的なスポットも見てくれということで、
「胡同(フートン)」見物へ。
wikiによると、
「北京市の旧城内を中心に点在する細い路地の事」だとか。
自転車タクシー(輪タク)での胡同めぐりが定番です。
いくら北京が綺麗になったとはいえ、
このあたりは埃だらけです(^_^;)。

09北京_05
で、ここら辺を散策すると目に付くのが・・・
この・・・飲み物?

09北京_06
老北京蜂蜜酸・・・読めない・・・。
炎天下にストローぶっ挿して積み上げてあるとは??

09北京_07
ほらほら・・・こちらもテーブルの上に綺麗に集合・・・。


で、結局現地では良く分からず帰国してから調べてみると。
要するに「老北京ヨーグルト」なんだそうです。
胡同の駄菓子屋で売られているハチミツ入りのヨーグルト。
学校帰りの子どもたちが寄り道がてら飲んでいく、
北京の大人たちにとってもちょっと「懐かしい」飲み物だそう。
で、本当は冷蔵庫から出し、ストローをさして手渡してくれるとか。
なーんだ飲み終わったものが並んでいたのですね。
これを飲むのかと思ってぞっとしてました(^_^;)。
なら記念に飲んでみればよかったか?
まぁかなり甘いらしいので、美味しいかどうかは微妙ですが。
あ、一週間たってしまいました
09北京_01
Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8  C1-4  以下全て

気づけば更新が一週間振り。
北京2泊3日の弾丸ツアーのしわ寄せが。

ともあれブログは北京ネタで。
そもそも出発からケチがつき。
なんと私たちの便だけ欠航!
なんでも到着するはずの機体が欠航で成田に居ない。
よって欠航なんだとか。
担当者が慌てて交渉、
結果航空会社も変えて1時間半遅いANAに変更。
行き先が便数がそれなりにある北京だったのが幸いしたか。

北京はホテル内の取材も多かったのですが、
外に出ても空気が気になるほど汚いということは無く。
以前の評判からすると・・・
やはりオリンピックを機会に相当きれいになったのでしょう。
気候は・・・暑いけど乾燥しているので日本とは違いますね。
タクシーに乗っても夜は窓を開けるだけで涼しいです。

09北京_02
レストランで夕食の後は飲みなおし。
よく聞けばアテンドしてくれた中国の女性の思い出の店だとか。
ここ細長い湖というか池というか・・・
周りにお店がたくさん・・・盛り場ですね。
写真の通り水路が狭いところでは大渋滞。
かまわずゴンゴンぶつかり合ってるのがいかにも中国?
平日の夜10時、11時でも平気で子供が走りまわってましたが。
そんなんで良いのか?
でもみんな楽しそうだからいいか。

09北京_03
そして飲んだ後に・・・
なんと全員一致でマッサージに行くことに。
でもここ良かったです。
「DRAGONFLY」
(私が受けたのはフットマッサージ1時間)
中国だけでなくドバイとオスロにも支店あり!!
なんと夜中の一時までやってます。
私らも結構受付遅かったなぁ・・・
結局出てきたら夜中の12時半を越えてましたが、
すぐそばの通りをタクシーが何台も通っていたので、
帰りの足に困らないのも良いですね。
中心部のホテルまで17元ほどでしたから・・・300円弱!?
マッサージとタクシーは安いのです・・・。

ちなみに飛行機。
帰りも出発が1時間遅れ。
もともと成田に21時到着予定だったのに、
22時過ぎ到着とは・・・いや、災難でした。
良い天気すぎ
090630_01
Canon EOS1Dmk3 EF16-35mm F2.8LⅡ  DPP

少し前に予告したかもしれませんが、
北京に来ております。
雑誌掲載は無いかも・・・
ですが団体行動ということで万里の長城へ。
まったく乾燥しているので気持ちはいいのですが・・・
日差しが・・・きつい・・・やっぱり暑い!!
お水のボトルは必携です。

090630_02
上の急な部分はこんな感じ。
長年の登坂のせいでしょうか?
瓦状に丸く削れていて歩きにくい。
片道30分弱で上れる一つ目の頂上?まで
行って帰ってきましたが、
運動不足な私たちはそれだけで結構お疲れモード。
ま、ともかく行ったぞ、ということで。

明日の夜には成田に着く2泊3日の弾丸ツアーなので
楽しいですが時間がタイト。
さて、バックアップがようやく終わったので寝ます。