犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
人間ドックなど
今日の午前中は年に一回の人間ドック。
本当は5月末の予定だったのですが、出張でキャンセル、ようやくです。
胃カメラをやる勇気がまだ無いので今年もバリウム(^_^;)。
判定に日数がかかる検査以外は30分くらい待つと結果を教えてくれます。
で、今日分かる範囲では無事異常無し。
良かった良かった。
ただ「痛風」の数値がやや上がっていたのは予想外。
そんなに昨年より酒量増えたかな~?(汗)
忙しかった分外飲みは減ってると思うのですが、そういえばお酒カメラマンやってると貰い物やら自分へのお土産やら…家飲みアルコールはやや増えてるか…
気を付けなきゃいかんな~。

そのまま銀座に直行、所用を済ませ、昼過ぎに岩木さんの写真展へ。
今日しかチャンスが無さそうだったので行けて良かった。
岩木さんにもお会いできたし。

社に戻ってからはひたすらデータ現像作業。
大量過ぎて終わらない…。今週は撮影&現像でふらふらかも…。

さっき会社を出たらようやく今年初のセミの声が。
セミって昔から夜も鳴いてましたっけ?
近年やたらと夜にうるさい気がしますが…
会社の周りだけかな?
今日は会津若松
今日は日帰り会津若松。

車で日帰りは一昨年の秋に家族旅行で大変さを経験したので、仕事じゃ嫌です…ということで電車にて。
先ほど郡山にて在来線に乗り換え。
荷物は大変だけど乗ってしまえば各駅停車の旅は嬉しいものです。

先ほどの東北新幹線はとても混んでいて、ちょいと車両は小さいけれど連結された山形新幹線の座席に。
車両最後方の座席後ろが定番荷物置き場な訳ですが、山形新幹線はそこも狭い(汗)。
今回は荷物少なくて良かった…。

今朝は東京もヒンヤリでしたが、郡山はもっと冷えてます。
今回は畑カメラマンではありませんが(^_^;)、工場取材があるらしく。
節電で暑いよ~と脅されてましたが、今日の気温で助かったかも。
6.2.2リリース!
今朝PhaseOneJapanのツイッターを見たら、CaptureOne6.2.2のリリースに気付きました。
残念ながら先日書いたUSBがらみのバグについてのリリースは無いようですが、OPEN CL関係を改善したらしき内容はリリースに書いてあるそうなので、こちらは朗報か。

そういえば外付けハードディスクを用意してOSインストール、までは流石にまだできてませんが(汗)…

「OPEN CL」を使わない設定にして以降はまだカーネルパニックは起きていません。
昨日も直結撮影&現像作業でCaptureOne6Proを使いましたが、問題なし。

次は6.2.2にアップして「OPEN CL」を使って様子見ですかね。
初Youtube


早稲田のitoさんちの こちらの記事にコメントしたら
リクエストが(汗)。
さすがに仕事のデモバージョンはアップできませんし・・・
ということで試しに作ってアップしてみました。

ちなみに以下がコメント文。

=========================

ご無沙汰しております。
自分も先日とある仕事で定点観測的なことをして、
同じ用に動画書き出しをしたら面白いのではないか?という話になり、
自分でデモバージョンを作るために
webでフリーソフトを探してみました。
googleでの検索キーワードは「スライドショー 1秒以下」。
自分の場合は「GoogleのPicasaが簡単」、
という話を見つけて自宅のWindowsにインストして使ってみました。
いきなり自分のPC内のカタログを作り出すのはあきれましたが、
(読みたいファイルだけカタログに取り込みたいのですが)、
目的のスライドショーの方はなかなか良い感じ。
スライドの表示時間を1秒以下にするために
「移行スタイル」を「経過時間」にします。
音楽も付けられるし、
お遊びな分にはなかなかスタイリッシュで良いですよ。
仕事で使うには
もっと細かく設定が出来るソフトが必要でしょうけど。

=========================


が、アップするまではもろもろ大変。
そもそもYouTubeのアカウントも持ってませんでしたし。
あとは音楽を貼り付けられるのは良いのですが、
webにアップするとなると著作権の問題とかどーなのさ、
とか心配する点がいろいろ。
結果、何とかクリアしてると思います。
あと、手に入れたファイルがWAV形式だったので、
それをMP3形式にする無料ソフト、とか、
いろいろ探してインストして、が面倒でしたね~(^_^;)。
でもこれで動画貼り付けも出来るようになったかな。
itoさん、感謝です。

ちなみに撮影はインターバルタイマーなどもちろん
持っていないので、気の向くままセルフインターバル(笑)。
気になる動きを見つけたときだけ1~2秒置きに、
10~20枚連続でシャッター切ってました。

それにしてもPICASA、
インターフェースはなかなか悪くないのですが・・・
上記コメントにも書いた通り、ウザいのは
「初回起動時のパソコン画像スキャン」のダイアログ。
「コンピューターの画像を完全にスキャン」か
「マイドキュメント、マイピクチャ、デスクトップのみスキャン」
しか選択肢が無い。
「選択したフォルダのみ」とか「スキャンしない」なんて
選択肢は一切無し。
この二者択一の横暴っぷりが頭にきます。
こういうところがGoogleって嫌なんだよな~。
「私が良いと思っているんだから絶対こうしなさい」
って態度がありあり。
後でスキャン機能を停止させる方法はあるので、
画像を外付けHDDディスクのみで管理してれば使いやすいかも。
私も早速そうしました。
カーネルパニック再び
という訳で昨日はeSATAカードを外して作業していたマイMacPro。
ところがCaptureOneにて作業中またもやカーネルパニック(-_-#)。
一昨日はフォーカスチェックツールで起きましたが、昨日はシャープネスのプリセットを色々変えて確認していた最中にグレーのスクリーンが降りてきました(T_T)。
で、流石にこれはカードが原因ではないだろう、ということで…。
そういえばカーネルパニックは毎回CaptureOne6Pro使用中だなぁと思い、DNPさんに問い合わせ。

すると実は今不具合の報告がポツポツ挙がっているんだそうです。
現象としては「接続が切れています」的なアラートが出てMac上でカメラが見えなくなるんだとか。
MacOS10.6.8に限ってのトラブルらしいですが、USBやFWのプロトコルがらみでまたアップルお得意の無断仕様変更ではないか、とのこと。
現象が出る個体と出ない個体があるので現在調査中だとか。

とはいえカーネルパニックの報告は無いらしく、しかもマイMacProのOSを見てみるとMacOS10.6.5(^_^;)。
うちの部署のMacPro達は基本ネットはオフラインなので、しばらくOSのアップデートを忘れてました。
で、少なくともDNPさんのおっしゃるトラブルとは別物のようなので、ではどういう対策が取れるのかというと…

(1)「環境設定」→「一般」→「OPEN CLを使う」を「表示しない」に変更
(日本語訳がおかしいようで、「自動」=「使う」、「表示しない」=「使わない」だそう)

(2)CaptureOneのアンインストール→再インストール
(アクティベーションはそのままでも大丈夫な場合もあるが、念のため一回停止して作業して欲しい、とのこと)

まぁ、まずは第一段階として(1)を試すことに。
さて今日はカーネルパニック起きるかな~(^_^#;)

あ、因みにMac版CaptureOneのアンインストール方法は公式ガイドブックにも書いてありますが、ただアプリケーションをゴミ箱に捨てるだけではなく、ユーザーフォルダに出来ているCaptureOne関係のファイルをいくつか捨てる必要があるのでご注意を。
崩壊するかもしれません・・・?
110711C1_Macカーネルパニック後

崩壊するかもしれません・・・って怖すぎ(汗)。


実は一昨日Capture One 6 Proで連結撮影中、
Macがカーネルパニックを起こしまして。

再起動直後、セッションを開こうとしたらこのアラート。
結局このセッションはあきらめて、
新しいセッションにデータをコピーして事なきを得る。

たまたまEOS Utility + ホットフォルダ機能で連結撮影していたので、
CFにデータが残っている分安心でしたが。
これがCapture One 6 Proのテザード撮影だったら・・・
CFに記録されてないわけで・・・
・・・ぞっとしますよね。

Capture One 6 Proを導入するに当たって、
自分のメインマシンを変えました。
いや同じスペックの隣のMacProに移っただけなんですが。
その際に今年の2月末から使っていたeSATAのカードも
取り外して付け直したのですが。
なんかカーネルパニックといったら・・・
やはりインターフェースカードがあやしそうかな、
と気づいたのが昨日の朝。
移動してから2回カーネルパニック。
アクセス権の修復、ディスクの検証(異常なし)、
ディスクウォーリアによる再構築など、
トラブルシューティングは各種してみたのですが。
でもカードを付けた途端にカーネルパニックになるわけではなく、
eSATA自体は普通に使えるわけですよ。
ドライバも不要なタイプのカードですし・・・謎。

昨日も結局カーネルパニック発生。
CS5&Bridgeも起動させつつ、Capture One 6 Proにて連結撮影。
ソフトのフォーカスチェックツールボタンを押したとたん、
上からさーっとグレーのカーテンが・・・(- -#)
Mac本体が不安定な可能性も否定できませんが、
ひとまずeSATAカードは外してみました。
今日はこの状態でテザード撮影してみます。

銀一さんから購入したカードだったので、
銀一さんに相談。
個体の不具合の可能性もある、との事で、
別のものを貸してもらいテストすることに。

忙しい最中だってのにブルーでございます。
ご無沙汰でした
すっかり更新ご無沙汰してしまいました(汗)。

<言い訳そのいち>
釜石での撮影、無事終了したのですが、やはり1時半起床なんてして働くとその後体調がなかなか戻らないです。少し前の漁の撮影の時も酷かった…。
先週は昼は大量の宿題(データ処理)夜になると睡魔に襲われてブログ更新の気力無し。

<言い訳そのに>
自宅リビングのPC台は実は娘の1Fの勉強スペース兼用となっておりまして、最近娘が塾の宿題でヒーヒー言っている結果22~23時頃までPC前を占拠され、画像付きのブログ更新のモチベーション下がりまくり、と。

そんな訳で帰宅途中…では終わらなかったけど携帯からやっとこさ更新。

ようやくCaptureOne6Proをスタジオ撮影にも導入。
今までがCaptureOne4のスタンダード(今で言うExpressですね)でしたから、操作感、最初は戸惑いますね。
Expressのクイック調整タブも便利だったんですが…
(あれ、タブってカスタマイズ出来るんでしたっけ?)

湯浅さんのCaptureOne6Proのガイド本も…たまってたヨドバシのポイントで購入(^_^;)。
これからProバージョンのお勉強しなければ。

とりあえず今日Proで便利だったこと。
雑誌見開きサイズを現場で原寸チェックがマストな現場で、4×5の時は編集者がポラを拡大コピーに走ってた訳ですが…

・クロップ画面でグリッドが出せる(涙)=ノド確認

・「ツールバーを表示しない」がショートカット一発!(涙)=雑誌見開きサイズに足りる

・色収差補正が現像時に自動で掛けられる(涙)=TS-E45mmしか使わないような撮影なので

・カラータグにショートカットが当てられる(涙)=小さい四角をクリックは意外と大変だった

などなど感激。

ただセッションの扱いが今一つ慣れないなぁ。
東北でお仕事
ただいま花巻のホテルにおります。
明日釜石にてとある炊き出し活動があり、
その取材ということで岩手入りしました。
ボランティア活動の皆さんのように
自主的に入った訳ではないので、
ややお恥ずかしい気もしますが…

被災地を見ることができるかどうかもわからない日程ですが、
見られるもの・感じられることを吸収しつつ、
しっかり仕事してこようと思っています。

現地設営が朝の4時くらいから、ということで
花巻は2時発。
6時を越えると工事車両などの影響もあって渋滞するんだそうです。
ということでそろそろ寝ます。

110702_01
コンビニでこんな地図を発見。
被災状況が入っているので必要だね、と購入。

110702_02
ちなみに7/2が同行する編集長の誕生日。
同じく同行の女性編集者からささやかなお祝い(笑)。
おめでとうございます。
明日も頑張りましょう!