犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姫路の前の金沢

話は前後してしまいますが、先週火曜日は金沢に行っておりました。
昨年から何度も行っている北陸方面。
いつも通り(^_^;)当然車での往復。
まぁ、ドライバーは主に編集者さんで私は全行程の1/3程の運転なので助かってますが。

金沢は桜の撮影ではなかったのですが、盛りを2~3日過ぎたばかりでほぼ満開。
金沢は京都に次いで数えきれないほ程訪れているヘビロテな場所なのですが、桜の季節に訪れたのは初めてかも。
こんなに桜が多い町だったとは咲くまで気付かなかった。
上の写真は犀川沿い。
生憎の曇り空、そしてやや葉桜になってましたが、見事な桜並木でした。
金沢城址や兼六園周辺も桜だらけでこれまたお見事。


お次の写真、これは金沢を流れるもう一本の川、浅野川沿いにある茶屋街の主計町(かずえまち、と読みます)へと降りて行く 暗がり坂からのスナップ。
真ん中の木が一本桜だったとは前回訪れた時は気付かず。
なかなか風情がありますね。


えー、市役所でトイレを借りると、男子トイレの場合は用を足しながらの眺めがなかなか素晴らしい(笑)。
金沢21世紀美術館と満開の桜。
実はここの展示まだ一回も見た事がないのです。
一回だけ美術館のカフェで打ち合わせはしたのですが。
いつか早めに仕事が終わって、閉館間際の1~2時間だけでも展示が見られると良いのですが…
そんな暇は無いんだろうな~(^_^;)

因みにその月曜日はスタジオ撮影の後、19時東京発→翌1時金沢着、火曜日朝から撮影、また19時金沢発→翌1時東京着、とまぁいつもながらのハードなスケジュールで流石に疲れて水曜日はぐったりでした。
スポンサーサイト
またまたまた姫路


今シーズン3度目の姫路。
今日は朝出発、昼から現地入って撮影。
雨はほとんど降らず、曇りで辛うじて助かったか?
でもちょっとしたトラブル発生。
よってホテルの部屋でこれから追加撮影(^_^;)。
あ、浴室で撮る訳じゃないですよ、もちろん(笑)。

そのまま、風呂に入ったら風流ですかね(^^)。
念願かなって

先週木金は姫路第二弾。
先々週の念願かなって姫路城に近づけました…
というか中に入れました!
「天空の白鷺」として中の公開をしてるんですねぇ。


箱の中はこんな感じ、まさにすっぽり覆われてます。


エレベーターに乗って7・8階だけ見られます。
屋根をこれだけ近くで見られる機会も今ならでは(^^)。


上から見る城内もなかなか、桜も満開(^^)。
…映り込みバリバリ手抜き写真でごめんなさい(汗)。
ことしもまた


久々に出張…
と言っても1ヶ月ちょっとぶりですが、先週の木曜は姫路出張でした。
前日の晩、岡山行き最終の新幹線にて現地入り。

今年は無いのかな~、と思っていた桜の撮影。
結局今年も一部分担当することに。
で、私は関西方面担当。
その第一回目でした。

せっかく姫路に行ったのだから一目は見たい姫路城…
と思ったらなんと工事中 (>_<)。
でも、ある意味この姿も凄い。
帰京直前の新幹線のホームから撮った写真なんですが、そこから見ても「デカイなぁ~」と感心。

この姿が見られるのはある意味貴重なのでは…?
でも一生の内 に姫路を訪れるチャンスが 今しか無かったとしたら…普通でいいんですが(^_^;)
実はこの大規模修繕、調べてみると5年がかりなんですね。
平成21年10月に着工して完成予定が26年末~27年春くらい。
まだ、しばらくこの姿のようです。

実はまた明日から行く予定なので、もうちょっと立派な「城の箱」の写真も撮れるかも(笑)。
荷物持ちの新幹線座席


さてこれからしばらくまたお世話になる新幹線ネタです。
荷物が多いので指定席はいつも進行方向の一番後ろの席です。
端の車両は遠い、どこがベスト?となると。
東海道新幹線 の東京駅は上りエスカレーターを上がると
12号車あたりなので12・13号車かな、と。
13号車はすぐ後ろにトイレとゴミ箱も あってとても便利。
次回もそうしよう。

11号車でも良いのでは?と思ったのですが。
調べてみるとこの車両…
多目的室という部屋が車両の後部に付いている。
授乳などに使えるので、
この 車両は子連れの方が多くなる傾向がある、とのこと。
自分も子連れの時ならともかく、
一人で静かにしたい時は他の車両がオススメ、
なんだそう。

ちなみに東北新幹線。
東京駅 &仙台駅は10号車がベスト。
東京駅は ホームの端にエスカレーターがあるんですね。
山形新幹線はうろ覚えだけど…
2・3号車あたりがベストだったかな?

以上備忘録として。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。