犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
さらっと福井

金沢2日間のあとは別の仕事でそのまま福井入り。
福井からレンタカーで高速利用時に鯖江の近くで何やら怪しげな大きい建物発見。
その時は運転してたので写真は無理でしたが、東京へ帰る電車の中からまたご対面、慌ててパチリ。


この宗教法人の総本部みたいな建物、実は福井のドーム施設だったんですね。
「サンドーム福井」って言うんだそうで。
同行の編集者が「野球は出来なそうだよねぇ…」と言っていたとおり、やや小さいドーム、主にイベントなどに使うそうです。
越前瓦の技術を使ったこの赤紫色のタイルが独特ですね。


以前数回福井に訪れた時は車で、お土産を買う暇も無く。
今回初めて福井駅でお土産を物色したら…
まぁ、羽二重餅屋さんだらけ(^_^;)。
よくわからなかったから、羽二重餅を売ってないお店のお姉さんにどこが美味しいのか聞いてみました。
で、老舗ということでオススメいただいたのがこちら、錦梅堂の羽二重餅。
餡子が入ってたりロールケーキで巻いたりした派生商品もそれはそれで美味しそうなんですが、今回は一番シンプルな何も入っていない餅をチョイス。
結果大正解。
求肥のような食感のお餅を楽しむには余計な物は無い方が美味しいようです。
我が家の女性陣にも大好評。
「今度いつ福井行くの?」という有難い?お言葉、いただきました(^_^;)。
えーと、予定は無いです(汗)。
でも今後福井行ったら絶対買います。
金沢の「とんかつ」
金沢_屯活_01
先週火・水は金沢出張。
あいかわらずの車で5時間強の旅。
今回は午後スタートだったので自宅直行ではなく会社発…
とはいえ朝6:30発ですが(^_^;)。

今回も食事に時間をかける暇なく。
唯一の美味しい夕飯はなんとトンカツ。
その名も「屯活(とんかつ)」というトンカツ屋さん(笑)。

とんかつの「屯活」
 金沢市片町2-21-21
Tel : 0762-61-2835


金沢_屯活_02
とんかつ一筋40年なお店だそうで。
中はカウンターのみ8席くらい、こじんまりとしてます。
決しておしゃれなお店ではないですが、
ご主人と奥様お二人の人柄が良く、楽しく過ごせます。

金沢_屯活_03
夜のメニューはこんな感じ。
「何がいいですかね?」とご主人にお勧めを聞くと、
「やはりロースかな。今日はいいお肉が入ってるよ。」
とのことで今回はロースの「とんかつ定食」をオーダー。

金沢_屯活_04
きました!揚げたてとんかつ!
さすがにいい肉とのことだけあって美味しい!
ジューシーな脂も美味しいのですが、
脂以外の部分がヒレ肉のように柔らかい。
ロースなのにさっぱりしていて
ぺろっとたいらげてしまいました。
写真には写ってませんが、
定食には小鉢がもう少しついてます。

それにしてもこのお店、地元の人も知らないですよ~、
とは今回同行の地元在住・編集兼ライターの女性。

日本海側に行ったら美味しいお魚…
はまた次回ということで(^_^;)。

ちなみにとんかつナイト以外は
案の定ファミレスや普通のそば屋でばたばたと食事。
コンビニおにぎりが無かっただけいつもよりマシだったかも。
雨の新潟


先週木曜から土曜までは新潟出張でした。
毎度ながらの車で出張も今回は運転無しで助かりました。
しかしこれがまた予報通り天気の悪いこと。
一番のメインカットは二日目の朝、あまりに酷い雨だと衣装が濡れてしまうので中止になりそうな内容で、かなりやきもきしてましたが、結果的には奇跡的にその本番のタイミングで雨が弱まり大成功。
「どピーカン」だとつらい撮影でもあり、後ろがややもやがかったのもむしろ好都合、ある意味理想的なコンディションになりました。
ただそれ以外の撮影は雨でびしょ濡れ、ぐちゃぐちゃのドロドロ。
雨の撮影はかなり気力体力奪われます。

新潟はかなり広範囲に移動したのですが、上の写真はその中の一カ所、「美人林」と呼ばれる有名なエリアです。
ブナ林が確かにとても綺麗で気持ち良い。
実際はこれも雨の中、傘さしながらなんですけどね。
携帯写真をSnapseedで加工でございます。
天気がよい日にもう一度行ってみたいなぁ。
西へ東へ

さてさて、また間が空いてしまいましたが、忙しくしております。
また出張再開。
月火で京都出張…と言ってもほとんど位置的には奈良なんですけどね。
またまた車で長旅です。
いつものごとくドライバーは二人なので運転は半分で済みますが。

月曜朝は朝6時発。
朝昼途中で食べて、現地到着は2時半頃。
片道約6時間半ですね。
初めて新東名を利用してみました。
噂には聞いていましたが、なかなか快適ですね(^^)。
本当は片側3車線に出来そうな道幅があり、トンネルも多用しているので、カーブも勾配も緩やか。
トラックの多い東名ではトラック同志の追い越しが渋滞の元凶ですから、これは素晴らしい!

ちなみに2日目のお仕事も朝早く、外仕事で靴は泥まみれ、相変わらずのハードさ。
帰宅は水曜午前2時過ぎでした(涙)。


さて、木曜日はいざ東北。
5時発でまたまた車にて仙台方面。
正確には村田という町。
モータースポーツ好きなら菅生のサーキットでご存知かもしれませんね。

こちらは所要時間4時間でした。
新東名の後だと東北道が走りづらくて仕方がない。
こんなにトンネルありませんでしたっけ?
大きなカーブとアップダウン…。

そして震災の本復旧工事ということで、片側塞いで舗装工事、な区間が何カ所も。
渋滞は参ってしまいますが、逆に言うとまだ地道に直している、これだけ時間がかかるんだ、と驚きも。
まだまだ、震災の爪痕は残っているということです。


村田町は昔から交通の要所で、紅花の取引などで商業が発展した町だったそうで、蔵の街並みが残っています。と言っても震災の被害も随分あったようですが。
上の写真は地元の方のお勧めの蔵元、大沼酒造店。
看板に書いてある「乾坤一」が、お酒の名前。
定番の「特別純米辛口」がお店の方のお勧めだそうです。