犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
雪の撮影
今度の日曜から長野のスキー場近くで雪を背景にした撮影をします。
いろいろ考えて、結果デジタルで今のところいくつもりなのですが・・・不安が一杯。
人形や雪・氷で作った制作物を雪バックで撮るので、純粋に撮影要素だけでも大変なのですが、カメラやPCが現場の状況的に大丈夫なのか、が一番分からないところです。
単純に考えて、
・低温下での動作(カメラ・PC共)
・雪(水分)対策
・結露対策
この辺は気をつけないといけないですよね。
カメラのバッテリーについては複数持って行って、ポケット(カイロをいれるべき?)などであっためながら使いまわそうかな、とか思ってます。
結露対策については・・・機材をホテルなどに持ち込むときは慎重に温度を慣らしていかないといけないのでしょうか?
それと見開きでページレイアウトを考えながら構図を作っていかねばならないため、PC直結での撮影を考えています。
できればPCは車の中に引き込むべきなのでしょうが、それができない時はどうするか・・・
軽い折りたたみいす&PC用に空のカメラバッグを用意して・・・かな?

あとは自分の防寒対策ですね。
温度的には晴れたスキー場での撮影、をイメージしているのですが、なにせ雪の中であれやこれや制作しながらの撮影になるので何時間雪の上にいることになるのやら・・・。
それが4~5日続きそうですし。
一応先日ICIスポーツ(登山用品屋さん)で防寒長靴と灰懐炉は入手してみました。

というわけで北の国の(もしくは雪の国の)賢人の方々、知恵があったら教えていただけると嬉しいのですが・・・
コメント
この記事へのコメント
PC直結が大変な場合は、エプソンP-5000直結という手はどうでしょう?
2007/02/19(月) 03:25:38 | URL | katagiri #-[ 編集]
>katagiriさん
さっそくどうもです。
残念ながらP-5000持ってないんですよ。
やはりマストアイテムですかね今時(笑)。
普段はレッツノートR4(10.4inch)持参が苦にならないので無くてもなんとかなってるんですよね。
2007/02/19(月) 08:10:51 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
wanwanさま
どもども、初めまして仙台の沼田と申します。
えっとyukinyaa師匠にアドバイスと言われたんですがその、えーとそんな大それた事もなかなか。。。

では、私の
スキー場のパンフレット撮影の時に感じた事を、
まず雪の反射等でパソコンは全く見えません。
カメラのモニタでさえ目が雪の明るさに
やられてかなり見えません。。。
早稲田の伊藤様がブログで
公開してた様に画面をすっぽり
覆わないとかなり厳しいです。
その対策は大丈夫でしたらごめんなさい。
なので露出もどこら辺で
押さえたら良いか悩むと思われます。
状況が可能であれば初日の
撮影を軽いものにしてホテルに戻って確認、
次の日に備えるて感じだと
全然気持ちが楽になる様な、ならない様な。
すいません。
機動力を考えるとやはりP-5000は
私も重宝しました。。。なので下のグレードでも問題ないし、取材系は今も大活躍です。。。
結露は機材を一日外に置いて部屋に
入った時に暖かい部屋でバッグを明けると
もう大変です!室内の撮影が無ければ
良いですがレンズからボディから
結構なことになります。30分~1時間は
撮影出来なくなります。。。
なので次の日の準備には
バッテリ、メディアはすぐ取り出せる
所に保管して、充電、パソコンでのチェック
カメラのお手入れは
時間をおいてからにされた方が何日も
取材されるのでしたら無難かと思います。
お役に立てましたでしょうか?
あ、寒さにも寄りますがバッテリ急激に落ちます。
ただし晴れたスキー場位だと結構大丈夫です。
リフトなんかで上に登った時に大変でした。。。
2007/02/19(月) 13:20:20 | URL | 沼田 #LkZag.iM[ 編集]
こんにちは。
これはかなり過酷なお仕事ですね。
役立たずで恐縮ですが、ご武運をお祈りしております。
2007/02/19(月) 13:33:14 | URL | 画像屋 #Cffe//BI[ 編集]
経験上、カメラに関してはバッテリーだけ多めに持っていけばそんなにナーバスになる必要はないと思っています。
ホントの雪対策はスムーズな撮影が進むよう、それ以外の負担を現場に持ち込まないようにする工夫と「気持ち」だとは思います。構図とレイアウトってPCなきゃできないのかなぁ・・・
何でもスタジオと同じ設備を求める姿勢に「?」
(まあ、それがデジタル使用の説得材料にもなりえる反面、フルデジタル化された時にそれがスタンダードになってしまいそうで、少々疑問)

4~5日撮影するのか、天候予備日も考慮しているだけで実質それほど多くないのかわかりませんが、パソコンデスク代わりかつ保温庫として大きめのクーラーバッグなんか車に積んでおくと役に立つかも、中は完全防水だし。まあスタジオワゴンの雪上版みたいなものとしていいかも。
あとは、カメラ持っている時は一歩一歩しっかりあるいて転ばないようにするのみ。

そういうワタクシ、明日から北海道。
車の寒冷地試験なんかする山の中だから、そりゃ寒いよ。
キヤノンの雪山デビュー、大丈夫かしらん。
2007/02/19(月) 13:41:13 | URL | animato-mtn #aXvzjISo[ 編集]
そうなんです。
仙台なので、、言いずらかったんですが
以外に大丈夫なんです、、行くと。
でも言っておいて大変な目にあわれても
なんて。モニタはやはりかなり見えませんよ。。

なので三脚固定にファインダー覗いてもらう
が、一番良いと思います。
三脚大ジョブならですが。。失礼しますた!ほえ。
2007/02/19(月) 13:46:44 | URL | 沼田 #LkZag.iM[ 編集]
ジップロックの一番大きな奴を携行
http://www.maverickflyfish.com/simms/simms_vests.html
にあるウェストバッグにレンズやらを入れて防水対策して
室内に入るときはジップロックでなるべく密閉して室温近くになるまでひたすら待つ
(カメラとレンズはそれぞれバラしていれないといけませんが)
撮影中の確認は4x5の冠布しか無いのかな(笑
iwakiさんあたりなら良いアイデアありそうですね。
2007/02/19(月) 14:24:59 | URL | CrazyCrow #YknlGJpY[ 編集]
僕の意見は求められていないと思いますが、、一応・・(笑)
まず、パソコン使用は余程でなければ無理です。そもそも何のためのパソコンか?考える必要があるでしょう。クライアントとの確認用は承知してますが、条件の厳しいところでそれを求めるのは無謀。状況に応じたセットを使い分けるべきでしょう。
クライアントに見せるだけなら、撮影画像をカメラに繋いだアウトドア用テレビで見せるというのが現実的です。>僕ならそうしますね。
バックアップもしたいというなら、ロッジに戻って落ち着いたところでやるべきです。

そもそもですが、、、僕ならデジタル撮影ではやりたくない状況ですね。晴れたら晴れたで白が飛びまくります。それを押さえたアンダー気味の露出でどこまで希望通りの絵を作れるのか?非常に難しいケースだと思います。
2007/02/19(月) 20:34:46 | URL | tatsphoto #SqoPBuKQ[ 編集]
ご苦労様です。
お疲れさまです。
北海道育ち、先日もスキー場取材があったので、ぜひお伝えしようと思っていましたが、もう必要なさそうですね(笑
特別ナーバスに成る必要は無いと思いますが、ヌマッチさんの言われるようにモニターは全く見えません、多分壊れたと思うくらい真っ黒ですね。私はすべてRAWで撮影して、液晶の表示をハイライト警告にして、雪がほんの少し警告されている状態を基準にしていました。

もし、厳密なレイアウトチェックが必要なら、ケント紙、黒布など持参して、窓をふさぎ、車内を確認ルームとわりきって、休憩、暖を取るのにつかったらどうでしょうか、余裕が有ればPC直結撮影も出来ますし。
インバーターも持参すれば充電もOKですね。
あと、手袋とスノーシューズは大切なのでご注意下さいね。
では、雪国楽しんで下さいね。

2007/02/19(月) 21:18:50 | URL | 早稲田のito #mQop/nM.[ 編集]
皆さんいろいろありがとうございます
取り急ぎ、皆さん多くのご指導ご鞭撻ありがとうございます!
ようやく今日のスタジオ撮影が終了、これから明日のロケ準備で、終電に飛び乗る予定なのでお返事短く申し訳ありません。
これだけ教えていただけたのでいろいろ検討してみます。
あすあさってもバタバタしそうなのでまた改めてその後のご報告させていただきますね。
2007/02/19(月) 23:17:01 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
遅れましたけど、
CrazyCrowさん、どうもです。
バッテリーは、マイナス5℃くらいまでなら、予備を3個ぐらい用意してポケットに入れてとっかえひっかえすれば大丈夫でしょう。落ちても暖めればまた復活します。
マイナス10℃を越えるようだと1分もしないうちにダメになりますから、カメラ側に防寒対策が必要ですね。カメラに毛皮を貼付けるとか白金カイロをつけるとか。
 結露は、
バッグは温かい部屋の中にすぐ入れないことですね。最初はドアの外とかドアのすぐそばの寒いところとかに置いてだんだんならしていくことですね。山小屋でも宿でもおんなじです。テントなら平気(笑)。
 あと、レンズの指紋に気をつけて。凍り付く。
**天気のいいスキー場なら全然平気ですけど。
カメラだけじゃなく人間の対策も大事ですよ。下着は速乾・汗吸収性のものがいい。ユニクロにもある。手袋も大事。
 気をつけていってらっしゃいませ。
2007/02/22(木) 12:10:56 | URL | iwaki #-[ 編集]
>iwakiさん
「南八甲田のプロ」からのご意見、ありがとうございます。
具体論が山盛りでこれまた非常に参考になります!
「ユニクロ下着」これも買いに行かねば。
2007/02/23(金) 03:02:14 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wanwancamera.blog53.fc2.com/tb.php/117-0a9bd539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック