犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
潮干狩り
潮干狩り・横浜海の公園
Fuji Finepix F710

連休中書きたいネタはたくさんあったのですが、平日以上に疲れてバタンキュウ。
ペースが崩れてるんですね、きっと。

さて、5/4に行った潮干狩りの話。
潮干狩りって行かない人は「いつできるの?」ってとこですよね。
私もそんな一人でした。
一体何年ぶりでしょう?
潮干狩りのシーズンは3月~8月くらいで、行く浜によりけりです。
また期間中いつでもできる訳ではなく、干潮時間を中心に前後2時間づつくらいが潮干狩りが出来る時間らしいので、ちゃんと事前に調べて行きましょう。
さて、今年のGWはどうも潮干狩りには絶好な状態だったらしく、それで例年以上にメディアにもクローズアップされてすごい人出だったようです。
我が家が行った横浜・海の公園の浜もご覧の通り。
気持ち悪いほどの人出です。
海の公園は潮干狩り自体は無料。
木更津方面は入浜にお金がかかるところが多いのでそれはいいのですが、代わりに駐車場代がかかります。(木更津方面は無料なところも多いよう。)
駐車場は1000台以上確保されているようなのですが・・・
前夜にいろいろ調べて駐車場に入るまで大渋滞になりそうなことが良く分かりました。
八景島のすぐ隣なのでダブルで混むんですね、道が。
が、いかんせん翌朝の話なので早朝には起きられなそうなので、7時起きの予定を6時起きに変更にとどめる。
さて朝7時過ぎPCで道路情報を見るともう首都高・幸浦出口のあたりが渋滞マーク。
いや~な予感のまま家を出る。

8:00前
 大井南ICより高速に乗る。
 直後羽田の手前からアクアライン方面に行く車の大渋滞。
 千葉方面にしなくて良かった。
 一番右車線は流れているので横浜方面は影響なし。
8:15頃
 ベイブリッジの電光掲示板に「幸浦出口渋滞2km」の文字。
8:25頃
 幸浦出口の列の後ろに付く。
8:45頃
 あまりにジリジリとしか進まないので不安になり、
 まっとうに並ぶのはやめにして、列を離れる。
 ちょっと前に進んでみると、なんと出口の列は2列であること判明。
 一番左の長い列に並んだのはばかばかしかったかも。

列を離れたのは隣の横横道路の「能見台」のインターで降りて何とかしようと思ったからなのですが、賢明な方なら私のドジっぷりはお分かりでしょう。
「能見台」は首都高速方面からは出口が無いんですね~。
しかたなく朝比奈インターで降りて、ナビに頼って現地に近づく。
\400余計に出費しましたが、さほど混まずに金沢八景あたりまでは到着。
一応あたりの駐車場をチェックするもあまり数もないし、すでに満車な所も多い。
ま、とにかく無駄に並ばないルートはないかと浜に近づいてみる。
が、幹線道路沿いにびっちりと車の列。
そこそこ入り口に近いところだとさすがに警備員さんがいて途中の道からは行列に入れない。
このままでは駐車場に入れる頃には潮干狩りが終わってしまう時間かも・・・と予想したので、作戦を変えて離れた駐車場に止めて電車でアクセスすることに。
「金沢シーサイドライン」という電車、というか新交通システムが新杉田~金沢八景まで走っておりまして、これを使えば浜まですぐなのです。
出来ればあまり離れたくない、しかし駐車場はあって欲しいのでこれまた事前に調べておいた「産業振興センター」駅近辺に駐車場が無いかと狙いを定める。
行ってみると・・・やはりありました。
産業振興センター自体の駐車場。
ここは料金も安いのでお得です。
ここから産業振興センター駅はすぐ。
10分ちょっとで「海の公園柴口」駅到着。
11時過ぎには着けたのでまぁまぁですかね。

で、早速潮干狩り。
濡れる事を予想して娘には水着を着せておきました。
ビニールシートを適当なところに敷いて荷物を置く。
こんな貝より人が多そうな状態であさりはゲットできるのか?
と思ってましたが、隣の3家族合同みたいな方々はすごい量のアサリをすでにゲットしている。
朝早くから来ているのかと思いきや30分くらい前にきたばかり、とのこと。
男衆だけで浅いところではなく腿までつかるぐらいの沖の方まで出てとってきたらしい。
それがコツなのね。
ということで我が家も膝までつかるくらいの所で貝をあさりましたが・・・
結構それでも小さいあさりばかり。
45分くらいで娘が震えだしました。
「さ・む・い・よ~」と言ってきかなくなったのでそこで終了。
水着の上に薄手のカーディガンは羽織っていたのですが・・・
気温は高くても、風が結構あるんですね。
それで体を濡らしてしまうと冷えてしまうのです。
子供は得てしてこのパターンが多いらしいので要注意です。
で取れたのは・・・400~500グラムくらいですかね。
荷物の所に戻ってお弁当を食べていると隣の方に声をかけられる。
「取れました?」
「いえいえ、うちはこんなもんです。」
「じゃ、少しあげますよ、いっぱいあるから」
て、ことでうちが取れた量よりはるかに多くのアサリを頂いてしまいました。
1:30頃には浜を引き上げ、車に戻り、着替えなどをさせて2:30頃駐車場を出る。
帰りはスイスイでした。

さすがに疲れてその日は早めに寝てしまいました。
翌朝、腰から腿から張りだらけ。
そりゃ良くないですよね、あの体勢。
自分も水着にすべきだったかも。
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様です。
そうです、腰に来ます。
次回は、風呂の椅子のような、腰掛けられるものを持っていこうと学習しながら、それ以来十数年は潮干狩りに行ってないのでした。
帰ってきてから、砂を吐かせるのに、全紙の現像バットが大活躍。(笑
2007/05/07(月) 15:54:55 | URL | yukinyaa #-[ 編集]
おつかれさま
GWの家族サービスご苦労様でした。うちは前半八ヶ岳に行き後半は実家の平塚で稲の種まきと野菜の苗の定植を体験させてきました。6月の初め頃には田植えを手伝わせる予定です。
中学生の頃海に行って少し沖に出て蛤をよく捕ってましたね。懐かしいです・・・
2007/05/07(月) 23:05:31 | URL | BOTTA #GCA3nAmE[ 編集]
>yukinyaaさん
実はまさにそういう椅子のような物を持っていったのですが・・・
水の深さが膝まであるところだと役に立ちませんでした(泣)。
水着でお尻を落とした体勢で濡らしても大丈夫、な状態が良さそうです。

>BOTTAさん
お互いお疲れ様です。
相変わらずのパパぶりですね~。
お子さんが羨ましい。
うちもそういう経験をどんどんさせないとな~。
2007/05/08(火) 08:16:59 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wanwancamera.blog53.fc2.com/tb.php/158-cc0454f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。