犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラッグフレーム製作手順
白ヒゲさんフラッグフレーム図

フラッグフレーム製作、今回はかなりまじめに参加しました。
製作手順をできる限り記録しておきましたので、アップします。
まだ修正・加筆が必要かもしれません。
今後書き直す可能性もあります。

すみません、白ヒゲさん。
説明するにあたってこの図が必需かと思いまして、
無断で転載いたしました。
こちらの手順もコピペ&校正・加筆して
転載していただいてもかまいませんので。


<<<フラッグフレーム製作手順>>>

遅れて参加したので最初の段取りは未確認。
間違いや加筆の必要があったらご指摘お願いします。
やはり要所要所では誰かアシスタントがいた方が
上手く作業できそうです。


・フラッグフレームの四辺のパイプを規定の長さに切る

・まず鎖骨の曲げテスト。どのくらいの寸法になるかを確認。

・鎖骨を規定の長さに切る
 (曲げテストと切る作業の前後は逆かもしれない)


以下、私が確認できた作業。


・取っ手のアルミパイプの直径は12mm、
 フレームと鎖骨(図の青いラインの部分)のアルミパイプは8mm。

・取っ手のパイプの長さは400mm。

・取っ手とフレームを結合する方法としてチーズを使う手もあるが
(この場合チーズの中の余分な出っ張りをヤスリで削り取る必要あ  り)、今回は使わない方法を選択。

・薄いアルミの板2枚でフレームの横パイプ、鎖骨2本、取っ手を挟む構造になるが、取っ手のみ12mmなので8mmになるまで万力でつぶす。

・万力でつぶす際、横だと上手くつぶれないので縦で3回程に分けてつぶす。8mmのいらないパイプ片を2つ挟んでおくと目安にしやすい。

・仮にフラッグフレーム全体を組んでみる。
一発で鎖骨がピッタリになることは稀なので万力とハンマーで曲げを調整する

・アルミ板と取っ手をしっかり固定するためにネジ止めをする。
まずはそのための穴開け。
ネジ穴の位置はネジを1本にするか2本にするかでバランスを考えて決める。
今回は結果的に1本止め。

・穴を開ける際には位置決めを確実に。
アルミ板2枚を重ね適当なテープで止める。
その上に取っ手・鎖骨・フレームの位置を合わせるように仮組みしたフラッグフレーム全体を置く。
鎖骨を取っ手と平行に合わせるのは意外に難しい。
フレームの横棒とアルミ板の端はピッタリではなくアルミ板が1~2mm出っ張るように位置決めしておくと後で微調整しやすい。
位置が決まったらフレームと鎖骨をそっと外し、テープでアルミ板と取っ手を止める。

・穴を開ける前に、この段階でフラッグフレーム本体の四辺は止めてしまってよいので、チーズ2箇所、エルボー2箇所をエポキシ接着剤(今回は5分接着タイプ使用)で接着。
接着の前にパイプやチーズをヤスリがけ&アルコールで拭いておくと万全。
30分ほど乾燥させる。

・電動ドリルの台にアルミ板セットをテープで固定。
ネジ穴を開ける。

・もう一度全体を借組み。
アルミ板2枚で取っ手・鎖骨・フレームの横棒を挟み、大体の位置を合わせてネジ止め。

・取っ手のアルミ板で隠れる部分の少し手元側に小さな穴をドリルで開ける。
この穴に針金をひっかけて取っ手と鎖骨を針金で固定する。
針金の端は後でエポキシで固めてしまうのであまり出っ張らないように処理しておく。

・アルミ板をテープでマスキングする。後でエポキシを流し込む際にエポキシがアルミ板に付着しないため。

・エポキシを大量に作って準備しておく。
5分乾燥の小さなチューブなら1セット使いきる位あった方がよい。

・鎖骨とチーズをエポキシで接着。
乾く前に次の作業をするので、接着部分をテープで補強しておく。

・取っ手を上にしてスタンドなどに立掛ける。
取っ手の針金部分から2枚のアルミ板内部までたっぷりと塗り込む(流し込む)。

そのまま乾燥させればフレームは完成。

・フレームの四辺に両面テープを貼る。
アートレ(ディフュージョンフィルム)を床に敷き、その上からフレームを置いて接着。
両面テープで接着する際、テープの裏紙は一気にはがさず、まず一辺をはがして接着すると上手くいきそう。



フラッグフレーム04
fuji Finepix F710 CaptureNX 以下全て
今回大活躍の万力。一家に一台?

フラッグフレーム05

パイプカッター。
名前が・・・dojouさん大喜び!?
これも便利です。
欲しいなと思ったら会社にもありました。
今日ずっと切りたかったアルミパイプを切れて私も大喜び。

フラッグフレーム06

アルミ板部分の内部。
この部分のチーズは今回関係ありません。

フラッグフレーム07

穴はこのあたりに開けました。

フラッグフレーム08

針金を巻いたところ。
この図のように横棒の下やアルミ板の横をテープで止めておくとエポキシが垂れずに固まるのでよい。

フラッグフレーム09

こんな風に大量のエポキシ接着剤を流し込んで固めます。


フラッグフレーム10

針金部分もしっかりエポキシで固定。
(この時はアルミ板のマスキング忘れました)。


以上まずはこんなもんでいかがでしょう?
コメント
この記事へのコメント
wanwanさま
先日は記録係有り難うございました!
3枚ほど写真お借りしました。
フラッグフレーム早く活躍しますよーに・・・
2007/08/08(水) 11:42:35 | URL | 白ヒゲ #G7ZTLGt.[ 編集]
ここまで記録を撮っていたとは知りませんでした。素晴らしい~♪&凄~くわかりやすいですね~(^○^)
2007/08/08(水) 13:57:39 | URL | ハナポンパパ #NkOZRVVI[ 編集]
すばらしい!
レポートもですが、参加するために家族サービスも!!
どこか安く製品化してくれないかな~。
2つぐらいほしいのだけれど...。
2007/08/09(木) 03:15:33 | URL | ida@M2 #.57wf8DY[ 編集]
>白ヒゲさん
先日は本当にありがとうございました。
ついに私の手元に・・・大感激です。
さすがに家に持って帰ったら家族にびっくりされましたが(笑)。
一般人には「大きなハエ叩き」にしかみえないよーです。
実は昨日会社に持っていって早速活躍してくれました。
レポしようと思ったら・・・
画像が壊れてる・・・う~む。

ところで鎖骨部分は先に長さを決めて切ったのですか?
それとも曲げた後に切って長さを合わせたのでしょうか?

>ハナポンパパさん
今回、私とハナパパさんは持ち帰る気満々だったのでお互い必死でしたよね~。
もともと記録好きなので是非残しておきたいなと。

>idaさん
いえいえ、M2bottaさんの足元にも及びませぬ。
こういう軽いのが商品になればいいんですけどね。
確かにもう一個欲しくなりますね。
2007/08/09(木) 10:02:48 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
鎖骨部分は先に切りました。
で微調整は万力とハンマーです。

活躍!!良かったね~。
2007/08/10(金) 13:15:29 | URL | 白ヒゲ #G7ZTLGt.[ 編集]
>白ヒゲさん
回答ありがとうございます。
今日も使いましたよー。
天トレが楽々~♪
2007/08/11(土) 02:57:31 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。