犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
シグマとタムロン
早稲田のitoさんちでシグマのレンズの話題になったので、
ついつい長いコメント書き込みを。

で、さんざん書き込んだ挙句に、
「これは自分のブログに書くべきだったか?」
と後から思ったわけです(笑)。

ま、こちらだけ見る方もいらっしゃるかもしれないので、
以下やや修正して再録。

シグマの18-50mmF2.8。
私も40Dの相棒を決めるにあたって
最後はタムロン17-50とギリギリまで悩みました。
タムロンもあちこちで評価高いんですよね。
で、1ミリ広角が広いのに安い。
普通の人が選んだら多分タムロンの勝ちかな?と思います。
これのほかにもMacroレンズでもタムロン90mmとシグマ70mmという
2本の名品対決がありますよね。
両方の対決に言える傾向としてカリカリシャープなシグマ、
ソフトでやや暖色傾向のタムロン、
というイメージをお持ちの方が多いと思います。
ま、多分そうでしょう(笑)。
その辺は好みなんでしょうね。

で、私がシグマを選んだ理由。

まず今後5D、1Dmk3、40Dと3サイズを使うので
Macro70mmを必ず買うべし、と決めていました。
昔35フィルムカメラでは55、105と2種類のマクロを
使い分けていましたので、短いマクロが欲しいシーンも出てくるかと。
それを考えた時に、少しでも撮影倍率が上がる、
よりマクロとして使えるのがシグマ、それが1つ目の理由。

あとはズームリングの回転方向。
シグマはCanonと同じ。
タムロンはNikonと同じ。
今後Canonを使っていくなら回転方向はそろえておきたいな、というのが2つ目。
ま、それで今つい反対に回して苦労してますが(笑)。

で、3つ目としてはCanon以外はシグマのみ、という方が修理などの時もシンプルに一箇所でいいかと思ったから。
ま、今後絶対タムロンやトキナーを買わない、と決めたわけではないですが。

実際しばらくSIGMA18-50を使ってみて、画質的にストレスはまだあまり感じていません。
もっとも本気で仕事で使っているわけではないので、これからアラなども見えてくるかもしれませんが。
でもCanonのAPS-Cって1.6倍なんですよね~。
今まで仕事でNikon(1.5倍)で17-55のズームを使っていたので、その分ワイドにならないのが慣れない、ストレスといえばストレス。
ま、でもワイドを無理してない分か、歪みとかは使ってて嫌になるレベルではない感じです。


話題は変わりますがViewNX、
どのレベルの話かは確かめてませんがxmpに対応しているようで、
実際試してみたところではViewNXでjpegファイルに付けた赤のラベル、ブリッジに持っていっても赤のラベルが付いて表示されました。
これも便利なこともありそうです。
コメント
この記事へのコメント
悩み中
18-50mmF2.8を買おうと思っているのですが、物撮りとかで使えるものでしょうか。
例えばCDとか書籍を斜めに立てて撮る場合に、垂直線とかきちんと出るかどうかです。
カメラはD2Xです。
一番出番が多そうな撮影は、ライブ会場でのステージ機材撮影です。
短い時間で、アンプとか色々撮るので、レンズ交換をしたくないので、ズームを買おうか悩んでいます。
このレンズで、垂直とかきちんとでると楽そうなのですが。
アドバイスいただければ幸いです。
まったく急ぎません。
:->
2007/09/16(日) 20:28:29 | URL | moonisup #DrTX19Tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する