犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォトのつばさ40D対応!
スペイン011
Canon EOS40D SIGMA18-50

ようやくフォトのつばさがEOS40Dに対応しました。
出来れば出張前に対応してくれると嬉しかったのですがね(笑)。
出張前に「まだですか~」的なメールをしてみたのですけど。
まぁそれでも使い慣れたビュアーソフトに対応してもらえると嬉しいです。
ところで、フォトのつばさのF9キーでファイルを指定してソフトを開く場合、「ツール」-「オプション」でアプリケーションを変更できるわけですが、DPPを選ぼうとした場合、「DPPEditor」ではなく「DPPViewer」を選ばなければいけないのですね。
さらに選んだファイルは調整画面で開かれるものの、そこからDPPのメイン画面に行く方法が見当たらないのもちょっと不便。
いろいろ試行錯誤でございます、WinMac両刀使いとしては。

写真は「スペインにも小林幸子(もしくは美川憲一)が・・・」な一枚。
コメント
この記事へのコメント
メーカーの違うソフトを使うとき、1枚を「セレクト」>「調整」、また1枚を「セレクト」>「調整」、と繰り返すよりも、まとめて調整したい画像をセレクト、そのあとそのセレクト画像をまとめて調整、という流れにした方が良いかも。
僕はSelectホルダーを作ってそこに移動してしまいます。
でも、仕事に寄りますネ~、これは。
2007/11/04(日) 18:12:11 | URL | tatsphoto #Qi8cNrCA[ 編集]
>tatsphototさん
コメントありがとうございます。
通常の現像処理では私も両方の流れを使い分けます。
現像が多い時は確かに先にセレクトしてまとめる方が多いですね。
ただCanonに関しては本当にまだ使い始めたばかりなのでいろいろ試してます。
昔に比べてBridgeも本当に使い易くなってきましたし。
フォトのつばさはWinのみのソフトなので、仕事で、と言うよりも自宅Winでプライベート写真の現像、もしくはロケ用ノートPCで仮に現像・調整に使う時に「アプリケーションと連携」を使用します。
2007/11/04(日) 22:51:09 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。