犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
オーバーワーク?
余りに疲れて木金と更新できず。
毎日のように終電帰りで・・・良くないですね。
仕事が来るのは嬉しいのですが、「一息つけるかな~」と思っている日に撮影が急に入ったり、予期せぬ雑務が入ったりでちょっと頑張りすぎました。
気持ちに余裕がないと、撮影後の片付けも集中できずだらだらと時間かかるし。
結局今日は泥のように寝て過ごしました。

そんな中でも、PC関係のセットアップを少しづつ進めなきゃ、だし。
MacBookProはようやく2GBのメモリーを注文して、それがセットできればようやく実働できますかね。
PX-5500はいまだ開封できてません。
メモリーについては銀一のショップの方に相談。
銀一のショップの方はそれぞれに個性があって、誰に聞くかでアドバイスが変わる印象があるのですが(笑)、今回聞いた方(Xさん、としましょう)からはMac純正メモリではなくトランセンドのメモリを勧められました。
「信頼性と価格のバランスが良い」というのがその理由。
IntelMacになって以前よりも相性問題がナーバスになった、といわれているらしく、「銀一のほかの方は純正メモリを勧めるかも」ともXさんは言っておりましたが、Xさん自身が今トランセンドをIntelMacに実装しているらしく、2週間ほど使って結構重い作業をしても問題ないので価格を考えるとお勧めです、とのこと。
2GBで4万円程でしたので、こちらを注文。
純正より2万円くらい安いそうです。
実はトランセンドについてはCFでトラブルにあっていたのでちょっと心配だ、とも言いました。
そこはXさんもわかっていて、「トランセンドはもともとがチップメーカーで、メモリー自身はファームを使うような商品ではないので大丈夫でしょう」との見解。
もともとPCのメモリーを扱っていたことから銀一もトランセンドのCFを入れたそうなのですが、高速化の為にソフトウェアで無理をしてしまったらしくトラブル続出、当時Nikonからも「困っている」と報告があったほどだったそうで、結局それ以来取り扱いはやめたようです。

ちなみにIntelMac、Rosseta経由の現状でもCS2はPowerBook並み(以上?)のスピードで動くそうです。
「感覚としてはデスクトップG5のシングルCPUくらい」と言ってたかな。
メモリー積んだら自分でも検証してみます。
「CS2の起動が遅い」と先日言いましたが、ソフトのアップデートをかけたら512MBメモリのままでも50秒→30秒と少しは早くなりました。

昨日はもうちょっと早く帰れるかと思いましたが、そんなときに限ってPCトラブル。1台のMacからプリントが出来なくなってしまいました。
プリントの指示をしても、プリンタに送られたあとすぐジョブが停止してしまう。
OSは10.3.9のG5。プリンタは今までのPM4000PX。
直接的なきっかけは「四辺フチなし印刷がしたい」との希望があったため、「新しいプリンタの登録」をしようとしたのですが、ごちゃごちゃやっているときに「標準」を削除してしまい、それ以来登録しなおしてもダメ。Epsonのサポートに電話してドライバの入れなおしなどいろいろしてみましたが直らず。
どうもMac側に原因があるようですね。
Appleのディスカッションボードにちょうど同じような質問が載っていたのですが、はっきりとした有効な対策は結局見つからなかった模様。
長引きそうで頭痛いです。
PX-5500なら大丈夫かな?
いろいろやってみるつもりはありますが・・・
頑張り過ぎないようにします、はい。
コメント
この記事へのコメント
IntelMacでの動作状況
IntelMacを持ってる人に、EPSONのプリンタの動作状況を聞いたところ、OSに入っているドライバでそのまま動くようです。
ただ、PX-5500については、EPSONサイトから、Intel用ドライバをインストールしたほうが良さそうです。

OSに入ってるドライバにも、ICCプロファイル入ってるんですね。
いま、パッケージを開いてみたらありました。
ということは、ColorSyncユーティリティーや、Photoshopでは、プリンタ設定ダイアログで登録されたプリンタに対してだけ、プロファイルが表示されるようです。

私もIntelMac検討しているのですが、ニコンのフィルムスキャナとか、プリンタ同梱のCDプリントソフトとかが動かないのでは?という疑いが出てきて、はて、どうしたものかと悩んでます。
2006/09/17(日) 06:55:06 | URL | yukinyaa #dNm2mw72[ 編集]
MacBookProのメモリ
2GBにすると言うことは512を捨てるって事ですね。何とももったいない話ですが、、、仕方ないですよね。
一般的にメモリーの相性問題と言われているものですが、起動するしないという致命的なものから、メモリインターリープのような高度な動作をするしないまで、色々あります。
ココで問題にされているのは高度な方だと思いますが。
この動作ですが、(すみません、正式な名前を忘れました)実は誰も確認できないものらしいですが。。。
同じ容量のメモリを2枚使い、更に高度な動作をするかどうか?確実でもないし、その確認も出来ない。。。ということで僕は気にしないで安いメモリーを買いました。動作するかどうかはメモリを付けて起動すればすぐ確認できますからね。

まあ、誰にこの話を聞いても確実と言うことはないのではないかと、、、どんなに信頼できるメーカーでも全数が大丈夫はあり得ませんしね。

なんか、性格が出ますねぇ~。先のラップトップのモニターの件といい、今回のメモリーといい。
(苦笑)
2006/09/17(日) 11:10:17 | URL | tatsphoto #Qi8cNrCA[ 編集]
いや、本当に悩ましい・・・
>yukinyaaさん
IntelMacは必要が無ければもう少し待った方がいいのではないですか?
それを買わざるを得ないので導入しましたが、BootCampしたい人以外は今買っても悩みが増えて仕事が手につかなくなるだけなのではないかと(笑)。

>tatsphotoさん
そう、もったいないんですけど・・・
私が決めるわけではないのでどうしようもないですね。
会社もそこそこ大きくなるとこういう無駄が非常に多いです。
「もっとこうすればいいのに」と思うことを素直に出来ない。
困ったものです。

メモリについては・・・あ、なるほどそういう考え方もありますね。
自腹機材のときはそれも考えてみます。
2006/09/17(日) 12:09:06 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wanwancamera.blog53.fc2.com/tb.php/26-7795e24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック