犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
Lightroom勉強会を経て考えたこと
おらひ日記帳(http://yukinaa04.exblog.jp/)の1/17の記事、
「標準プレビュー生成完了!」のコメントを書こうとして
思わず長文になってしまったので、こちらに書きます。

勉強会のときに、mooisupさんがLightroomについて
「かっこいいインターフェイスで作業すると気分がいい」
ということを力説されてましたが、私もその点は同意します。
そこは他のどの現像ソフトよりも秀逸かも。
大事なポイントだと思います。
でも一番の魅力は、やはり「他の誰よりもカメラマンのために」
という発想で作られているAdobeのソフト、
という点ではないでしょうか。

yukinyaaさんが「Lightroomは階調重視、
それを壊してまで画像を修正することを良しとしないし必要としない、
それがPhotoshopとの大きな違い」
というような趣旨のことをおっしゃっていたような気がしますが、
そういう考え方の違いが細かいところでこのソフトを
Photoshopよりも使いやすくしていると思います。
角度補正~切り抜き、ヒストグラム上でのドラッグ操作、
無駄に複雑に出来ないトーンカーブ調整、
HSLパネルでのターゲット調整ツールなどなど、
直感的に必要なことだけ出来る、という部分で
いまだにCameraRaw以上に魅力があります。
もっともこれについてはCameraRawもバージョンアップで
これに合わせて変えてしまえばいいのでは?とも思いますが。
もしくはLightroomモード、みたいなものを付け足して
ユーザーに選ばせるとか。
そんなに難しいことではない気がします。

プリント作業についても然り。
Photoshopはなぜいまだに複数ファイルを
一気にプリントできない?
コンタクトシート作成の自由度が無い?

そう考えると・・・
結局私にとってのLightroomの最大の魅力は、
いままでのPhotoshopの作法でカメラマン的に使いづらい、
時代遅れになってきたところが見直されている点、
なのです。

あとはWin/Macクロスプラットフォームで
値段もPhotoshopよりは安い、ということ。

ただしその根幹である、「カタログ」というシステムが
気に入らないのがやはり大きな障害です。
ソフトに登録する、読み込む、という作業が増えることと、
元データとのリンクを気にしなければならない、
というのは正直重荷です。

話は変わりますが・・・
Photoshop Elements6 for Mac にはBridgeが付いています。
対してfor WinはBrideではなくiPhotoライクというか・・・
つまりLightroomのように登録型のブラウザになっています。
これがまたバックアップなどを考えると頭が痛い。
Win版についてはユーザーの囲い込みのような
嫌らしさを感じますが・・・

で、何が言いたいかというと・・・
Elements for Mac とLightroomを合わせたような、
つまり現像機能はLightroom、ブラウズはBridge、
プリントは双方のいいとこ取りで進化させて、
で値段はElementsに近い線、
せいぜい¥1.5000くらいに抑えたソフト・・・
理想を言えばそういったものが欲しいわけです。

なので今は様子見。
今後PhotoshopとLightroomがどういう進化を見せるか次第ですね。
もっともその間にDPPなども進化しているかもしれないけど。
コメント
この記事へのコメント
いつもながら、欲張りなんだから~(^_^;)
2008/01/18(金) 10:03:04 | URL | yukinyaa #-[ 編集]
えー、欲張りですかぁ??
本当にそう思っているんですけどね。
私はどちらかというとCameraRawの進化を待つべきなのでしょう、きっと。
2008/01/18(金) 22:05:28 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
Photoshop Elements6 for MacとLightroomの抱き合わせのお得なパッケージとかで出てきても良さそうですよね♪Elements4又は6があれば仕事の現像でほとんど困ることが無いので、Lightroomと上手く統合したのが出てくれれば嬉しいですよね♪
2008/01/19(土) 00:27:48 | URL | ハナポンパパ #amXlFcx2[ 編集]
>ハナポンパパさん
やはりElementsでは仕事は・・・
出来なくはないですがつらいですね、正直。
単純にCameraRawの話だけでも、トーンカーブやHSLは付いていないし、そもそも普通のレイヤーが使えないのが痛いです。
なので画像の修正や加工を仕事でしたいなら本家CSが欲しくなるかと思います。

Elements for Macはあの値段でBridgeが付いているのがうらやましい。
結局またyukinyaaさんにあきれられそうですが(笑)、私はLightroomの現像機能だけが欲しいので、「現像&ビュアーソフト」としてその両者の合わせ技が理想なのにな、と「贅沢」を言ったわけです。
2008/01/20(日) 23:10:23 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
Elementsって、レイヤーありますけど・・・。
普通の、って?
2008/01/21(月) 01:29:15 | URL | yukinyaa #-[ 編集]
>yukinyaaさん
す、すみません!!
とんでもない間違いを。
ご指摘ありがとうございます。
レイヤーは当然あります。
「クイックマスク」が無い、だったかな?
以前何かをしたかったときに、「調整レイヤー」じゃできないなーと思った何かがあって、不便だなと思った記憶があったのですが、何が不便だったか忘れてしまいました。
中途半端な発言、お詫びいたします。
2008/01/21(月) 10:52:41 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する