犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大チョンボ!お詫び申し上げます
皆様申し訳ありません!!
これだけ大騒ぎしたリモートライブビューの一件ですが、
今日私の使用方法が間違っていたことに気付きました。

本日Mac用のEOSUtiltyがアップデートされているのを見て、
早速インストール、カメラのシャッターボタンのカスタム設定は
デフォルトのままリモートライブビューを試してみたところ・・・
あれ?
PCのリモートライブビュー画面のフォーカスフレームを移動し、
カメラ側のAFフレームと違う場所で
PC側のフォーカスボタンからピントを合わせても・・・
カメラがAFを合わせ直す事無く、ピントがズレない!!
バージョンアップの変更点には書いてないのにおかしいな?
と思いEUをアップデートしていないノートPCでも試したところ
これまた不具合なし。

考えたところ思い当たりました。

PCのリモートライブビュー画面を開いたまま
EUで(つまりPC側で)レリーズする
のが
正しいリモートライブビューの撮影方法ですが、
私はリモートライブビュー画面でピントを合わせたあと
わざわざその画面を閉じて撮る癖がついていて、
ほとんどの場合その癖のまま撮っていました。

カメラでのライブビューの時に、CMOSの熱は大丈夫か?とか、
電池がもったいないとかの理由で
ライブビューをいちいち切る癖が付いていたため、
ついPCでも同じ動作をしていました。
カメラのライブビューの場合はピント拡大のフレームを動かしても
そこでAFが出来るわけではないので、
MFでピント合わせをしていましたから、
なんら問題はありませんでした。

PCの場合、リモートライブビュー画面を閉じてしまうと
ただのリモート撮影になってしまう
訳で、
カメラがシャッターボタンでAFを合わせる、
つまりデフォルトの設定になっていれば
AFを合わせ直すのは当然な訳です。

正しいリモートライブビューの使い方さえしていれば、
シャッターボタンのカスタム設定に関係なく
リモートライブビューのフォーカスボタンで合わせたピントで
撮影することが出来ます。


私のような使い方に対する注意がマニュアルに書いていないのは
ある意味当然で、Canonさんは悪くないです。

ただ、一連の作業で「ピントが動いちゃいます」というデモを
CPSの方の目の前でしたわけで・・・
「間違ってるなら教えてよ~」と愚痴りたくもなってしまいますが・・・
CPSの人もリモートライブビューなんて
ほとんど触らないんだろうなぁ。
気づかないのも仕方が無いか・・・。

とにかく、今回は新藤さんのサイトからのリンクで
来ていただいた方も多いと思うので、
その方々には特に混乱させたお詫びを申しあげます。
失礼致しました。


話は変わりますが・・・

今回のEOS Utility Ver2.3 for Mac OS X ですが、
改善点もあるのですが大事な修正点が一つ。
Canonさんから届いたメールから抜粋しました。

----------------------------------------

デジタル一眼レフカメラEOS-1Ds MarkIII、
EOS-1D MarkIIIおよびEOS 40Dと
Macintosh版 EOS Utility 2.2の組合せに
おいて、特定の使用方法によって、
撮影画像の転送および保存に不具合が発生する場合がある事が
判明致しましたので、ご案内申し上げます。

▼現象
Macintosh版 EOS Utility2.2のリモートライブビュー撮影機能を
使用し、コンピュータの画面にライブビューウィンドウを表示させた後、
そのウィンドウを閉じ、カメラ本体からレリーズを行う*1と、
EOS Utilityが反応しなくなります。この状態でカメラからレリーズを
行った場合、コンピュータへ撮影画像が転送されず、コンピュータの
画面に画像が表示されません。この時、撮影画像はコンピュータに
保存されていません


また、リモート撮影機能の”環境設定”で、”カメラ内のメモリーカード
にも保存する”の設定を予め選択していない場合には、メモリーカード
にも撮影画像が保存されません


*1:コンピュータからの操作によりレリーズした場合には、本現象は
   発生いたしません。

尚、本現象は下記のライブビュー機能搭載デジタル一眼レフカメラ
とMacintosh版 EOS Utility 2.2のみで発生し、
Macintosh版 EOS Utilityの他のバージョンや
Windows版では発生致しません。

----------------------------------------

私の間違いとは直接関係無いのですが、
ライブビュー画面を閉じてからレリーズする方も
やはりいらっしゃるようで。
その場合は引き続き私のようにピント要注意、ですね。

コメント
この記事へのコメント
ドンマーイ!
バッチコーイ!
(笑)
2008/02/17(日) 15:13:00 | URL | nuphoto #mQop/nM.[ 編集]
nuphotoさま、コメント多謝!!

めげずに頑張るです。
2008/02/17(日) 23:51:30 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
すばやい訂正記事りっぱです。
それに、ライブビュー画面を閉じてシャッターを切るとピントがずれるというのは、興味ある指摘でした。
 ライブビュー画面を開いたままだとバッテリーの消耗が早いので閉じたくなる気持ちはわかりますよ。AC電源からとった方がいいんじゃないですか。
2008/02/18(月) 10:12:15 | URL | iwaki #-[ 編集]
>iwakiさん
コメントありがとうございます。
いやいや、お恥ずかしい限りで。

私のように単純なミスをする人もいますよ、ということで反面教師にしていただければ、と思います。

ACケーブルについては・・・
いくらスタジオといえど、ただでさえUSBケーブルとシンクロコードがぶら下がってますからね・・・
できればこれ以上増やしたくは無いです、正直。
FOBAスタンドを使うことが多いので、それごと移動すると踏みつけそうになるのです。
同じものを画角を変えずに大量撮影、つまりカタログのようなものならACも苦にならないとは思います。

電池の持ちだけでなく、なんとなくライブビューしっぱなしはカメラに悪そうな気がしてしまって・・・(笑)。
2008/02/19(火) 10:08:16 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。