犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
レーザープリンター導入
C5800n

「コンタクトシートが大量で大変」という人が多く、
検討の結果レーザープリンター導入となりました。
私はそんなに不便していなかったので、
導入まではそれほど関与せず機種選びは他人任せ。
で、OKIのC5800nというプリンターがやってきました。

基本的には時間とコストの削減を狙い、
絵柄確認用で色は気にしない、というスタンス。
ですが出来る範囲での色合わせはしたいもの。
ちなみに紙は・・・
OKIのエクセレントホワイトが用意されていたのでそれで。
当初後輩がしたセッティングで出してみると、
やはり色カブリと暗部がグレーに反転するのが少し気になる。
で「プリンターでのカラー管理」など含めいろいろ試したところ、
以下のセッティングが今のところのベスト。

「Photoshopでのカラー管理」、
i1でオリジナルのプロファイルを作りそれを適用、
レンダリングインテントは「相対的」、
で最後のこれがポイント、「黒点の補正」をOFFにします。
「知覚的」の「黒点の補正」ON・OFFの2パターン、
「相対的」の「黒点の補正」ONではあさあさ・フラフラ。
「黒点の補正」はOFFだと暗部の階調を失いがち・・・
よって基本ON、と聞いていたので、
ここをいじることは最後まで思いつきませんでした。

さて、導入した分しっかり稼働してくれるといいのですが。
コメント
この記事へのコメント
うちもコストダウンの目的で何年か前にレザータープリンターを購入したのですが、トナーと感光体ユニットが一気に使えなくなると、本体が買える価格に成るので、何だかな~と言う感じです。

メーカーのコスト計算、ちょっと疑ってしまいます。
2008/08/26(火) 02:09:10 | URL | 早稲田のito #mQop/nM.[ 編集]
時代はインクジェットのようです。
ecoの点から考えると1/10近くとか。
ビジネスインクジェットこれから増えそうです。
私もなんどか講習資料用にカラーレーザー導入検討しましたけど、ランニングコストで却下。
本体は驚くほど値引きあるんですけどね~。
2008/08/26(火) 15:14:50 | URL | dojou7 #rId1tC1Q[ 編集]
レーザーですと予めCMYK変換してから出力すると安定してる気がします。たぶんスプール時間はその方が早いかも??
2008/08/26(火) 20:52:15 | URL | 画像屋 #Cffe//BI[ 編集]
>早稲田のitoさん
やはり導入されてましたか。
コストの面はどうやらそう安いとも言い切れないようですね。
紙だけは安いので使うときには安い気がしてしまうのですが。
でもスピードは明らかに速いです(笑)。
自分で検討するならもうちょっと研究するのですが今回は完全に受け身なんです。

>dojou7さん
「ビジネスインクジェット」だったらもう少しスピードが速くないと、ですね。
コストとスピードとクオリティは果たしてどれくらいでバランスが取れるのでしょう?

しかし確かに講習資料用にヘビーユースしそうなdojouさんが却下ですか。
う~ん、贅沢品なのでしょうか?

>画像屋さん
アドバイスありがとうございます。

とはいえ何せ「手間を掛けない」のが基本だと思うので、私個人の実験はありですが、その他大勢の人は間違いなく却下かと(^_^;)

問題はフォトショでコンタクトシートの場合、一枚一枚「プリント」ってEnterしていかなければいけない手間。
「Autometor」あたりで自動化って出来るのかな?
詳しくないのでこれから調べるつもりですが。
色をそんなにこだわらないなら本当はLightroomで出すのが一番楽なんでしょうけど・・・
会社には入っていないので、ねぇ・・・。
2008/08/27(水) 01:54:34 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/27(水) 22:22:42 | | #[ 編集]
wan-wanさん、EPSONのPX-B500という機種はカラーモノクロとも37枚/分なのでスピード、ランニングコスト(A4カラー約5円)はクリアーしてますが、カラープルーフには使えるクォリティではないんですね。
難しいです。
2008/08/28(木) 20:53:46 | URL | dojou7 #rId1tC1Q[ 編集]
レーザープリンタ関連もPX-B500も実機で評価しましたが、やはり、単なるインデックスの印刷でも、私としては、使えない感じでした。
プロファイルを作成する為のチャートを、それらの機種で印刷してみましたが、プロファイル作成以前の、画質でした。
階調を重視する 写真に関しては、かなり難しいように思えました。

私の撮影領域で言うと(年間数千枚クラスで印刷していますので)
ランニングコスト重視なので、最適プリンタは、A4メインでも、PX-6500系列しか選択子がありません。

特に PX-6550はPX-5600と比較しても、全く同一の画質を提供できるプリンタですので、私の次期種は、これしかありません。

なお コンタクトシート作りにはバッチやスクリプトを理解していれば ...
コンタクシート命ですので。
2008/08/28(木) 21:48:35 | URL | PLIE #mQop/nM.[ 編集]
>鍵コメさん
あ、その方法はまったくノーマークでした。
もしかしたら有効かもしれません。
早速会社で試してみます。

>dojou7さん
Offilioシリーズでインクジェットが出ているなんて知りませんでした。
やはり最低限の望むバランスもまだ満たせない感じですかね。
でもこのジャンルは需要がありそうなので、改良が期待できるかも知れませんね。

C5800nの場合、「プルーフ」として使おうとまではさすがに思っていませんが、そこそこ近いイメージにはなってきたので絵柄確認用には使えそうです。
あと最近聞いたのが、やはり編集者はポジ時代の作業の仕方がいまだに楽らしく、紙に出力したコンタクトシートをはさみでジョキジョキ切ってレイアウトしているそうです。
そういう意味では薄い紙で重ねて一気に切れるのはありがたいそうなんですね。
・・・編集部にこそ置いてあげたい機械のような気もしますが(笑)。

>PLIEさん
ご登場ありがとうございます。
さすがにプリントのことはお詳しいですね。
PLIEさん基準だと自ずとOKを出せるプリンターはかなり少なくなりそう(^_^;)

バッチはそれなりに使っているのですが、スクリプトは食わず嫌いなところがありまして(汗)。
もうちょっと学習が必要そうです。
2008/08/29(金) 02:08:46 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する