犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライトセーバー活躍の巻
毎月3~4カット、物撮りをするページを担当しておりまして。
最近そのページではLEDライトセーバーが毎月活躍。
小さな物でも当てたい所だけ光を当てて
背景を落とすことが出来るので重宝しております。

ま、とはいえケースバイケースですからストロボも使います。
スタジオで撮る場合は
やはりジェネレータータイプのストロボが使いやすいのですが、
絞りを開けたい場合はちと強すぎる。
で、あまり良くないことは知りつつも
モデリングランプで撮影してしまうこともあります。

で、今回もそんなケース。
花束が被写体、あまり絞りたくなかったので
モデリングで撮ってみると全く別の色。
実は登場したのは青紫の花。
この色難しいことが多いのですよね…。
赤系の紫からピンクに写ってしまいます。
モデリングランプ下では肉眼で見てもピンクなんですけどねf^_^;。
現像ソフトの色温度スライダーを動かして青くしても全く直らない。
で、ストロボなら色が出るのかと絞って撮ってみるとこれも大差なし。
あちゃー、どうしたもんか…と思いましたが、
LEDライトでライティングしてみるとこれがまぁ見事にドンピシャ、
青紫が出ます。
「光源の赤外線がうんぬんかんぬん」みたいな原理なんですかね?

まぁ、こんな形で役立つとは意外でした。
今回は正にライトセーバーさまさまで。
コメント
この記事へのコメント
LEDライトって紫外線が結構でてます。
それが影響したのかもしれません。
それに光自体色温度高めですしね。
2009/02/21(土) 00:06:13 | URL | vivo #v6O6VgHs[ 編集]
>vivoさん
ありがとうございます。
さすがお詳しい。
それとその時は調べる余裕が無かったのですが、近赤外線の影響もあるようですね。
こんなフィルターもあるようです。
http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/filter/4961607080924.html

光の色温度が元々高めなのは低いよりはいいかと思いましたが、色温度だけの話ではなさそうです。
2009/02/22(日) 19:21:25 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
情報ありがとうございます。
そういえば、デジカメは赤外線の影響を考えて、赤外線カットフィルターを装備している機種もあるんでしたね。
光源による色転びは手強いですね。
2009/02/22(日) 19:48:49 | URL | vivo #v6O6VgHs[ 編集]
>vivoさん
いやお恥ずかしい。
本当に後から調べているようではいけないのですが(^_^;)。
とはいえ青紫の花ばかり撮っている訳ではないので、あまりマニアックに調べてもキリが無いですし・・・。
ただ、言われるまでは紫外線・赤外線の影響に頭が回りませんでした。
感謝ですm(_ _)m。
2009/02/22(日) 21:40:09 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
つまりは、光源の分光特性によって被写体の発色が変わるということではないでしょうか?
そのことは、当たり前田のクラッカー(あ~、wan-wanさんはこのCM知らないかな~)なのですが、デジタルだと色温度調整だけで色を再現出来ると勘違いしがちですよね。
でも色転びの発生してる場所を選択して、色相を動かせば、少しは調整できるのでは?

入力装置としてのデジタルカメラは、本来は光源ごとにカメラプロファイルが必要なのではないかと思います。
光源それぞれによって分光特性が異なるからです。

今回のようにスタジオ物撮りでしたら、カメラプロファイルは結構有効ではないかと思います。
i1でカメラプロファイルを作るにはSGチャートが必要ですが、24色チャート(Lab値を実測するのが理想)とピクチャースタイルエディターを使って、ピクチャースタイルを追い込むことでカメラプロファイルのような働きをさせることも出来ます。

でも~、DPPはヒジョーに生産性の悪いソフトなので使う気しないですよね~。(^_^;)
Camera Rawでしたら、ピクチャースタイルのまねっこソフト、DNG Profile Editorで24色チャートを使ってカメラプロファイルが作れますが、まだBeta版のせいか、数値追い込みが出来ず、出来たプロファイルもいまいち?です。
2009/02/24(火) 07:53:50 | URL | yukinyaa #dNm2mw72[ 編集]
>yukinyaaさん
こんにちは~。
前田のクラッカーは「聞いたことはあるけれど・・・」のレベルで(笑)。

さて、yukinyaaさんのお得意分野ですかね(笑)。
まぁ確かに分光特性の問題なんですけども。
その昔のNikonデジタルを使っていた者としては赤外線&衣料の問題は身近だったんですけどね。
そういう時はフィルムで、なんて逃げていたことが多くて(^_^;)。
今回は私の拙い技術レベルで色相やら特定色域やら動かしてみましたが、どうも効率よく上手くはいかなかったのです。
あまりに私に使っているLEDライトが(もちろんグレーは取りましたが)ぴったりはまって色が出たものでびっくりしたのです。
いろいろいじらず色が出るならそれが一番かと(^_^;)。
2009/02/24(火) 12:23:20 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。