犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
なーんだ
09北京_04
Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8  C1-4  以下全て

ホテルは天安門からそう遠くなかったはずなのですが・・・
結局一目も見れず。
とはいえ、観光的なスポットも見てくれということで、
「胡同(フートン)」見物へ。
wikiによると、
「北京市の旧城内を中心に点在する細い路地の事」だとか。
自転車タクシー(輪タク)での胡同めぐりが定番です。
いくら北京が綺麗になったとはいえ、
このあたりは埃だらけです(^_^;)。

09北京_05
で、ここら辺を散策すると目に付くのが・・・
この・・・飲み物?

09北京_06
老北京蜂蜜酸・・・読めない・・・。
炎天下にストローぶっ挿して積み上げてあるとは??

09北京_07
ほらほら・・・こちらもテーブルの上に綺麗に集合・・・。


で、結局現地では良く分からず帰国してから調べてみると。
要するに「老北京ヨーグルト」なんだそうです。
胡同の駄菓子屋で売られているハチミツ入りのヨーグルト。
学校帰りの子どもたちが寄り道がてら飲んでいく、
北京の大人たちにとってもちょっと「懐かしい」飲み物だそう。
で、本当は冷蔵庫から出し、ストローをさして手渡してくれるとか。
なーんだ飲み終わったものが並んでいたのですね。
これを飲むのかと思ってぞっとしてました(^_^;)。
なら記念に飲んでみればよかったか?
まぁかなり甘いらしいので、美味しいかどうかは微妙ですが。
コメント
この記事へのコメント
これ美味しそうですねー。

中国の風景ってなんだか日本の明治、戦後の復興期、今、の全部が揃ってるような印象ありますね。鳥カゴ持った仙人に合いませんでした?
2009/07/13(月) 22:03:37 | URL | 画像屋 #Cffe//BI[ 編集]
>画像屋さん
毎度どうもー。
怪しくないのが分かってればチャレンジしてみても良かったかな?
鳥カゴ仙人はいなかったですが(^_^;)、昔の日本のエッセンスは感じられる気がしますね確かに。
5年くらい前の上海もそうでしたが、高度成長ってこんな雰囲気なのかもと、アンバランスさを見て思います。
2009/07/14(火) 19:35:09 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する