犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
北京の巻 最終回
09北京_08
Canon EOS40D SIGMA18-50mm F2.8  C1-4  以下全て

だらだら書くのも何なのですが、
なかなかブログ更新の余力無く。

こちらは胡同ツアーの途中で立ち寄った「恭王府(ゴンワンフー)」。
「清代の咸豊帝の弟、恭親王奕きん(えききん)の邸宅」なんだとか。
ふ~ん、清代の邸宅ねぇ・・・
と、お庭もあるのでゆったりとした気分でまわりたいものですが・・・
実は中国人団体客で一杯。
以前、奕きん(えききん)が出てくるドラマがあって、
それ以来観光地として国内でも人気なんだとか。

09北京_09
こちらは恭王府の中の茶藝館(のはず)。
入る余裕はありませんでしたが、
これまた後から調べると
「清の時代の建物で、テーブルや椅子までもが当時ののまま」
なんて情報もありますがどんなもんだか。

09北京_10
まぁただの土産物なのですが、並べてあると目を引きます。

09北京_11
恭王府の入場チケット売り場の横で。
なんとなく気になってパチリ。
この人たちここに座って何しているのだろう?
・・・と思ったのがその時の印象ですが、
後からこの写真を良く見てみると・・・・
壁が高っ!!
人数が結構居るのにこのポカンとした感じ、
これが違和感だったことに気づく。

09北京_12
最後に・・・これは恭王府ではありませんが。
その晩の夕食で出てきた前菜。
おー凄い。きれ・・・いや、ちょいと気持ち悪いかな・・・
味は美味しかったですけど。
蝶って生理的にだめな方もいらっしゃいますし、
これも中国的かも。

そんなことで北京レポは以上。
お付き合いありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
楽しめました
写真を見ていると、中国もなかなか魅力的ですね。
2009/07/15(水) 22:05:30 | URL | hiroinouye #6dcvf9aw[ 編集]
>hiroinouyeさん
ありがとうございます。
中国の歴史を意識しながら史跡めぐりをする、なんてことが出来ればより堪能できるのではないかと思うのですが。
仕事ではなかなかその余裕もなく。
まぁ贅沢言ってはいけませんね。
そこに行けただけでも感謝。
2009/07/16(木) 09:48:10 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する