犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意見広告ねぇ・・・
本日は代休をもらっていたのですが、
仕事の書類提出が間に合わず、朝会社へ往復。
何やってんだか。

さて、あまり政治やら経済やらのことを書くのは
得意ではありませんが、少し気になったので。
あえてリンクはしませんので、
気になった方はググって下さい。

今日日経を読んでいたら、
一面を使って意見広告が出されておりました。
「一人一票実現国民会議」なる組織が書いてます。
詳しくはそちらのHPを見ていただければ分かりますが、
『「一人一票」の実現のために最高裁裁判官に対する
「国民審査権」を行使しよう!』ということだそうな。

「一票の不平等」問題を解決しようというのが主旨なのですが、
それを実現させるためには今度の衆院選と同時の
「国民審査」で国民審査権を行使しようという意見。
2007年の最高裁判決にて、「一票の不平等」を容認した裁判官が
今回二人国民審査の対象となっているのですが、
その二人に対して「私は×印を付けます」という弁護士の
インタビュー記事が載っている。
そして記事の最後には国民会議の発起人として
財界やらタレントやら有名人の名前が揃いぶみ。

そういえば以前何にも×印書かなかったな、と思い出し、
そうかこういう基準で×印を付ける手もあるなとも
一瞬思いましたが・・・

記事を読み終えた感想。

「是非×印を付けましょう」とは当然書けないわけですが、
冷静に考えるとかなり扇動的な記事の気もする。
目的と方法がちょっとショートカットしすぎな気もするし。
そもそも最高裁裁判官の仕事を審査すること自体、
ちゃんと公正に判断しようと思ったら大変な労力が必要なのでは。

で、ちょいと反対意見も聞いてみたいなぁと思って
ネットで調べると、やはりありますあります。

到底調べきることは出来ないと思いますが、双方の意見を
よく見て×印をつけるべきなのではと思う次第であります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。