犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Let'sNoteR4 &CaptureNX
Let’sNoteR4&CaptureNX

Fuji Finepix F710 + Capture NX

結局今回もシュクセンのお世話に。
yukinyaaさんごめんなさい、だって楽なんですもの(笑)。
適宜Exifを付けようとは思ってますので、気になるものはソフトで開いて・・・ってそんな面倒なことしないか(笑)。
その時々で「web用に保存」なども使ってみます。

さて、最近会社のMacが使用頻度が高くなってしまい使いたいときに使えないことが増えてきました。
なるべくそうはしたくないのですが、やむをえず自分のWinノートをナナオのL567(何故かこれだけ余ってます)に接続して使わなければならないときもチラホラ。
カラマネなどに厳格な方はあまりいい顔をされないでしょうが、現像処理が出来ないよりは100倍マシなのです。
やや遅いし、アナログ接続だし・・・ですけどね。
最終的にはコンタクトシートとアタリデータをMacで作るのでその際にいつもの環境で確認はします。

最近ようやくCaptureNXも仕事で使うようになりました。
と言っても点数が少ないときだけですけど。
「ゆがみ補正」と「範囲選択」、それと「カラーコントロールポイント」で人の顔をやや明るくするなどNC4では出来ない作業をしたいなと思ったときは使ってます。
まだまだNC4のようにすんなりとは使えませんが。

ちなみに後ろのモニタにボケて写っているのは10/17のブログにチラリと書いたお仕事。
対談がの顔写真がメイン、と思ったら「この机を強調したいんだよね~、人入りで」と言われて「ゲッ」と思ったのですが、時間が無いこともあって完璧なライティングは捨てて、地明かり+オレンジフィルターがけSB-800。
ちなみにその日は当日昼頃の急な依頼の仕事で、カメラはD2XもD200も売り切れ。
仕方なくD70+D2Hで行きました。
で、このカットはD70のISO800。
1/2秒F8で机ピントも人の顔はそこそこわかり、しかも夜の庭もそこそこ写る、というギリギリの条件。
人は少しだけ止まってもらったカットも押さえてあります。
この話をCanon使いのカメラマンの皆さんにしたら、「え~」という反応でしたが、いやいやD70はNikonの中ではもっとも高感度がキレイなカメラなんですよ。
あ、最近はD80なんてのが出たから、もしかしたらそちらに抜かれてるかもしれませんが。
それに使用サイズもさほど大きくないと聞いているし。
フィルムならとてもこんな撮影の仕方はしようとは思わなかったでしょう。
コメント
この記事へのコメント
ノート+外部モニタでカラマネ
お疲れ様です。
フリーと違って、社員カメラマンは、機材の制約があって大変ですね。

縮専、結構なんじゃないですか?
結局は、Mac、しかもキャリブレーションしたノートのモニタが、一番色域が狭いようです。
デフォルトのモニタプロファイル使った方が、まだWindowsに近い(ガンマは違うけど)のかも。
この話は、また、自分のところで続けます。

さて、Let's note + L567 ではカラマネ的にはよろしくないかも?と書かれていますが、何故でしょう?
L567をつないだ状態で、L567のモニタキャリブレーションすれば良いのではないですか?

私は昨日、MacBookPro(MBP)にL997を接続してキャリブレーションし、使い始めました。
Lightroomを使って、昨日の仕事を仕上げようと思ったからです。

これも、学習帳ネタにしようかと思うのですが、PowerMacに接続してキャリするのと、MBPにつないでキャリするのでは、モニタの色調が異なりました。
かねてより、PowerMacにつないでキャリしても、全体にマゼンタががかるのが気になっていたのですが、MBPにつないでやったら、マゼンタが取れ、ニュートラルなグレーになりました。

今回は、本体のゲイン調整をしていないので、これはビデオカードの差ではないかと想像しています。

2006/10/30(月) 06:25:45 | URL | yukinyaa #dNm2mw72[ 編集]
カラマネでからまねーで(AERAっぽい?)
「カラマネに厳格な方は~」の書き方が良くなかったですかね(笑)。
「カラマネ的によろしくないかも」とまでは書かなかったつもりなのですが。
ノートにつないだL567のキャリブレーションは一応していますが、それこそyukinyaaさんご指摘のとおり、普段使っているG5
+Cinemaの環境とは厳密に言えば色が違うので。
2006/10/31(火) 02:48:40 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wanwancamera.blog53.fc2.com/tb.php/51-8e47e4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。