犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて結果は?
100611_01

前のエントリの続き。
で、早速スピード測定の結果。

上の写真、上の赤いのがBUFFALO BSCRA55U2。
下が約3年前購入、I-O DATA USB2-C9RWG。

テスト環境は同じく3年前のMacPro、
カメラは1D3でRAW+JPG(L)をCFとSDHCに同時記録。
FULLになるまで撮影、何故かSDの方が多く撮れました。

Extreme(60MB/s)8GB CF(RAW430枚+JPEG430枚)の結果。

BUFFALOは約8分。
I-Oは約10分。
2分の差が出ました。
UDMA対応のあるなし?
一応新しいものは早くなってますね。

Extreme3(30MB/s)8GB SDHC Class6 
(RAW438枚+JPEG438枚)の結果。

BUFFALO、I-O共に約10分。
あれれ、こちらは残念、差が無いですね。

それにしても、買ってから気づいたのは
BSCRA38U2より新しい製品なのに
こちらはTurboUSB対応ではないのですね。
うーん、残念。
ついてたらやや速かったかも。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。