犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レンズ選択
9月に会社機材のリースアップがある話は、以前からチラチラ書いておりました。
カメラは現行の1Dmk3+5Dから5DⅡ×2台に変更の予定。1台は1Dmk4がダメならせめて7Dにしたかったのですが叶いませんでした(涙)。
なので初めてのフルサイズベースでのレンズ選択になります。
で、一人6本まで、とのことなので、選んだのは以下の通り。

EF24-105mmF4L IS USM
EF70-200mmF2.8L IS Ⅱ USM
EF24mmF1.4L Ⅱ USM
EF100mmF2.8L マクロ IS USM
TS-E45mmF2.8
TS-E90mmF2.8

以上に決定。
そしてそれに自前の
EF50mmF1.8Ⅱ
SIGMA70mmF2.8MACRO
を加えたラインナップ。

ワイドレンズに最も頭を悩ませました。
EF16-35mmF2.8L Ⅱ USMやTS-E24mmF3.5L Ⅱなどどれも一長一短。
特に16-35は1Dmk3では24-70以上に活躍したレンズでしたが、フルサイズではワイド端は21mm相当。
正直20mm未満は無くても私の撮影では困ることが無く。
ズームレンズのワイド端だったのでつい21mm相当で撮ることもありましたが、基本的には24mm以上で充分かと。
新しいTS-E24mmも良いレンズですが、ワイドでの撮影は、先日の水族館撮影など暗かったり、動きものだったりする事も多いので、AFで明るいレンズが魅力的でした。
しかもSWC採用も素敵。
実際先週の新潟出張では1Dsmk3と24mmF1.4を借りて持って行ってみたのですが、結構登場回数も多く、これは使えるなと。
ただ1.3倍の1Dmk3で31mm相当だとより使いやすかったですけど(^_^;)。
もっとも、24-105mmの許しがたいワイド端を補う意味も大きいので、35mmF1.4よりもこちらを選びました。
本当は標準ズームもF2.8のIS付きがあると良いんですけどね。
フルサイズでは存在しないので仕方ない。

欲を言えば、最近画質が不満で、なるべくズームより単焦点レンズを使うようにしているので、そういう意味では20mmF2.8 USMや35mmF2が欲しいところですがね~。
コメント
この記事へのコメント
各種レンズは、現像ソフトの事も考慮が必要ですね。広角系は現像ソフトの方で適正な湾曲補正がされないと、そちらの方が不満に思ってしまう事があります。
特に24-105mmF4は、画質は良いのですが、どの焦点距離も湾曲が多い部類なので、仕事時には、純正ソフトのDPPを使う場合が多いです。

追記
CG243W-Bを入手しました。
ええわぁ~。
2010/07/28(水) 07:32:08 | URL | PLIE #mQop/nM.[ 編集]
お疲れさまです。
以外と超広角系は使われないのですね。

他の方と数本share出来る特殊系のレンズなど有ったら良いと思ったりしました。

2010/07/29(木) 01:33:34 | URL | ito #mQop/nM.[ 編集]
>PLIEさん
確かにDPPだと歪曲収差&周辺光量補正が楽ですよね。
しかしPLIEさんがDPP使うとは意外。
どんな使い方されるのか興味津々。
DPPでフィニッシュされるのでしょうか?
あと、CG243W-Bおめでとうございます。
うちも昨日最終希望リストを見たら同じCG243W-Bになってました。
通るといいな。

>itoさん
そうなんです超広角系はなるべく使わない方向ですね。
21mm相当でもメインカットになることはほとんど無く・・・あ、でも水族館の時はさすがに特集の扉(某うちのメインの雑誌)で片ページ断ち落としになってましたが。
うちの上司が24mmすらなるべく使わない、という人なので影響されてますかね。

昔は「他の方と数本share出来る特殊系のレンズ」があったのですが、共用と思うと管理がずさんになる、という理由で廃止。
ただ他の人と貸し借りはできるので、TS-E17&24や16-35などはいざとなれば借りられる可能性はあります。
2010/07/29(木) 09:21:57 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
舞台脇でストロボ配下で撮るいわゆるバレエのポーズ写真では、DPPで現像しています。ほとんど色に関しては、いじりません。
私の色の傾向として、ストロボ配下でメイクした女性写真は、忠実設定で撮影した色が、好みなのです。
24-105mmF4はフットワークが良いので使う(全身を撮ったり、上半身だけを撮ったり)のですが、レンズ歪みを簡単に補正もできるので、DPPを使っています。
CaptureONEでも同様の色を出す事は可能ですが、レンズ歪みの補正ができないし、ちょっと基本の色味の方向が違います。

舞台撮影そのものは、望遠で歪みもあまり関係なく、大幅に色をいじる必要もあるので、生産性その他もろもろ含めて、CaptureONEしか選択子がありませんね。
2010/07/30(金) 04:49:43 | URL | PLIE #mQop/nM.[ 編集]
>PLIEさん
なるほど、バレエのポーズ写真の時、な訳ですね。
納得。
しっかり使い分けされてますね~。
2010/07/31(土) 11:24:03 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。