犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
3年間で
先日40Dのセンサークリーニングついでに
リースアップの1D3と5Dも同時にCPSに持込、
この3年間のショット数をチェックしてもらいました。

1D3・・・58637 (耐用30万回)
40D・・・29638 (耐用10万回)
5D ・・・ 5684 (耐用10万回)

うわ・・・
5D少なっ(汗)
これが中古で出回ると思うと・・・
手にした人はラッキーだなぁ(笑)。

それにしても全体的に予想より少なくてびっくり。
もっと使い込んでるかと思いましたが。
まぁ初期はまだフィルム仕事も残ってましたからねぇ。
次の3年はもっと使うのではないでしょうか。

昨日、ついに唯一のフィルム(4×5)のレギュラー仕事が
5D2導入によりデジタルに置き換わりました。
雑誌見開き3画面、計6Pのページ。
2000万画素の一眼デジタルデータと4×5のポジの
印刷所での刷り出しテストを経て、
製作物の作家さん、編集長共に
色や被写界深度の深さが
デジタルの方が好ましいと判断されました。
さすがにピントが合ったところの解像感は
4×5に負けますが、デジタルも結構頑張ってます。
読者の立場から見れば、
両方を横並びに見せられないと違いは気にならないと思います。

ただカメラマン的にはレンズがちょっと気になる。
どうしてもTS-E45mmを多用することになってしまうのです。
このレンズを毎月連載に使うのはつらい・・・。
こんなに多用するならNikonのシフトレンズを
マウントアダプターで使った方が良かったかな・・・?


あ、ちなみにカスタムプリントプロファイル、
昨日作ってみた結果がいまいち???
これはPhotoshopからの出力プリントを使いましたが、
カラーマッチングの違い、
「colorsync」と「EPSON ColorControl」の2パターン、
どっちがどっちか段々自信が無くなって来たので、
(書いておかなかった&2~3人で作業していた)
もう一度やり直してみます。
今度はi1から出力。
センサーをつないでi1 Matchを立ち上げて
プリンターの項目に入って初めて
「チャートの印刷」というところに行けるのですね。
以前も目にしてたのか??
久しぶりだから忘れてた??

と言うことで結論は来週以降。
コメント
この記事へのコメント
ちなみに用紙はエプソン以外の紙なのでしょうか?

もし純正写真用紙などをお使いなら、PX-5600の場合は、メーカープロファイルの方が結果がよいです。
いつでもカスタムプロファイルの方が良いとは限りません。

もし純正紙をお使いなら、プロファイルはメーカープロファイルを使い、プリンタのキャリブレーションには、EPSON Color Baseを使って下さい。
そのほうが結果がよいと思います。
2010/09/12(日) 02:58:55 | URL | yukinyaa #-[ 編集]
>カラーマッチングの違い、
>「colorsync」と「EPSONColorControl」の2パターン、

確認ですがこれはチャート印刷時の無補正印刷の時の話ですよね。
プロファイルを用いて印刷する時の印刷項目:カラーマッチング の選択を言っているのではないですよね。

なお、EPSONのドライバは最新バージョンですよね。

モニターはCG243Wですか?
当方の環境では
CG243W+PX5600(カスタムプロファイル)で今までで最高のカラーマッチング度合いです。
2010/09/12(日) 07:55:19 | URL | PLIE #mQop/nM.[ 編集]
>PLIEさん
用紙は通常は純正写真用紙です。
自分のテストをふまえた結論はまだ控えておりましたが、PLIEさんがおっしゃるようにPX-5600は意外と純正プロファイルも悪くないのでは?という感想も持っておりました。
5500の時は純正プロファイルは階調こそさすがでしたが、ややアンダーに見えがちで通常使用にはちょっと適さないかなと思い、階調性には劣るもののぱっと見の印象が良いカスタムプロファイルを使っておりました。
なので今回も一応作ってみようという話になり。
自分だけで決められないということもありまして。
純正用紙ですからプルーフプリントではありませんが、色調傾向見本としてターゲットにしていただくべく入稿データCDに添付する、というのがうちの部署のフローです。

おすすめのEPSON Color Baseも今後是非使ってみようと思います。

あと、「colorsync」と「EPSONColorControl」の2パターン、 というのはもちろんチャートの無補正印刷の話です。
EPSONのドライバもWebからDLしたので最新バージョンだと思います。
モニターも仰るとおりCG243W-Bです。
で、PLIEさんは「CG243W+PX5600(カスタムプロファイル)で今までで最高のカラーマッチング度合いです」とのことですが、これはお使いの紙が純正写真用紙でないからメーカープロファイルではない、ということですか?
もしくはプロファイルメイクはi1以外でしているから、ということでしょうか?
2010/09/12(日) 11:23:47 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
・PX5600で印刷する場合は、レファレンス用紙としてEPSON純正絹目で印刷した評価です。

・PX5600はPX5500と比較して元々の色の転びが少ないので、メーカ提供のプロファイルの効きもその分高くなります。
但しながら、正確にメーカ提供プロファイルを発揮させる為には、yukinyaaさんお勧めのEPSON COLOR BASEを使って、プリンタをキャリブレーションしなければなりません。

・私はもちろん純正用紙でもカスタムプロファイル適用です。ProfileMakerで作成しています。評価パッチ数も倍にして更に最終的なプロファイル精度(3D-Lut(色の対応表))もi1シリーズに比較して倍のものを使用しています。
印刷時のレンダリングインテント:知覚的/相対的 の選択オプションでかなり色は変わりますです。
2010/09/12(日) 13:05:32 | URL | PLIE #mQop/nM.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/13(月) 07:30:08 | | #[ 編集]
>PLIEさん
詳細な説明ありがとうございますm(_ _)m。
それぞれ納得です。
リース機材が一気に変わってしまったのでもろもろてんてこまいですが、順次整えていきたいと思います。

>鍵コメさん
手元にないのですよね~
入手できれば、といったところですか。
2010/09/13(月) 08:09:06 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する