犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリントプロファイルその後
後輩と二人で昨日までかかってようやく12台のMacProをセットアップ完了。
お互いに自分の撮影やデータ現像もありますから、合間でやりつつこなして、何とかリースアップ品返却に間に合ってホッとした、といったところ。

さて、そんな中でさらにプリントプロファイル作りをしなければ…困るのは自分だけでなく…というプレッシャーがあったので焦っていたのですが、PX-5600なら純正プロファイルも割と問題が無いと聞いてちょっと安心。

そんな訳でようやく比較テストできました。
やはり、先日の設定でプリント設定ダイアログの「カラーマッチング」のところが「Colorsync」で作ったプロファイルだと、色が全く変になりますね。
なので「カラーマッチング:EPSON Color Control」でi1から出力したチャートから作ったプロファイルとEPSON純正プロファイルとの比較になりますが…
色に関してはかなり似た傾向に落ち着いてますが、よく見るとやはりカスタムプロファイルの方がコントラストが高い。
そこが一番の違いですかね。
シャドーが落ち気味、ハイライト飛び気味はやはり良い傾向ではないと思われます。
という訳で今回は純正プロファイルの勝ち。
うちの環境でEPSON純正写真用紙の時は純正プロファイルを使おうと思います。あとは「EPSON COLOR BASE」をまた時間を作って試してみたいですね。

いろいろお騒がせしましたが、他のメーカーの紙を使いたい時には今回のことが生きると思います。
コメント頂いた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m。
コメント
この記事へのコメント
一般的な話ですが...
EPSONColorBaseを使うとプリンタ性能限界まで使う事になるので色味(コントラスト含む)は変化します。
実際問題はプリント内容がモニターと比較してカラーマッチしているかどうかという事が評価基準になるので、そこがどうなっているか、また時間のある時に聞きたいですぅ~。
2010/09/16(木) 10:00:08 | URL | PLIE #mQop/nM.[ 編集]
お疲れ様です。
メーカープロファイルいけそうでしょ?

EPSON Color Baseは、確かMyEPSONからのダウンロードだったと思うので、ユーザ登録が必要かと思います。

5600は例のLCCSによって、マッピング、マッチングが改良されておりますので、下手なカスタムプロファイル使うよりメーカープロファイルの方が、階調性は良いと思います。
なので、Epson Color Baseでプリンタ側のキャリブレーションを行って、メーカープロファイルを使う方が良いと思います。

ただ、プリンタのキャリブレーションと言っても、その修正はドライバ上で行われるので、修正ファイルを作成したマシンからプリントしたときのみ、補正がかかるのかも・・・・。
ということで、12台全部にColorBaseを入れて、ドライバを修正する必要があるかも・・・・(^_^;)
2010/09/16(木) 10:15:17 | URL | yukinyaa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。