犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DPP3.9.2
普段RAW現像はCapture Oneなのですが、
人物の時はDPPも使います。
とはいえ、ちょっとご無沙汰してました。
そうだ、先日3.9.2にバージョンアップしてましたね。
早速インストール…いろいろ機能が増えたようで…

今回のアップでの変更点かは分かりませんが、
以前と比べて改善されて嬉しかった点。

・チェックマークが1~5に増えた
・「レーティング」「除外」が新設された
・ファイルの「情報」が開いたファイルに連動するようになった
 (以前は情報ウインドウを自力で閉じて
   新たに開けないと更新されなかった)
・クイックチェックツールや
  傾き補正/トリミングツールのボタンが付いた

などなど画像セレクト作業が快適になるような改善が。

今回はモノクロページ使用が決まったとのことで、
早速アタリ用にモノクロ変換しながらセレクトするも…
やはりカメラが5D2になったからか、
今一つサクサク感が無く…
(ちなみにMacProは最新モデルに
  メモリ8GB積んでいるので環境は良いはず)
しかも作業途中で「メモリ不足~」とやらのアラートが出て
強制終了(泣)。
メモリ不足な筈はないでしょ…??(-_-#)。
やはりクイックチェックツールやセレクト編集画面に
5D2のデータを大量に持って行くと負担が大きいのか?

あと、もう一つ大きな欠陥が。
いつの間にファイル移動が出来なくなったの???
て、ネットで調べてみると、
どうやらMacOS10.6でファイル移動の際にトラブルが頻発したようで、
ファイル移動出来ない仕様に変えてしまったようですね。
トラブルへの対処として
「じゃ、止めちゃいましょう」ってのはどうなのよ(-_-#)。
セレクト作業時にファイル移動が出来ないのは痛すぎる…


あ、因みにこの仕様はMacOS10.6向けのようです。


今朝ウインドウズに3.9.2をインストールしてみましたが、
移動、問題無くできました。
MacOSの古いバージョンについては検証してませんので悪しからず。

コピー&ペーストで何とか同様のことはできるのですが、
選択→コピー→別フォルダを選んで張り付け
→元フォルダの選択分を消去と手間が増える。
しかも改めて消去作業だとミスも起こりやすく、
実は誤って必要なファイルも消しちゃいまして(汗)。
慌ててバックアップ分から補充して事なきを得ましたが…
危ない危ない。

でも不満を言いつつも現像結果的に使わざるを得ないこの状況。
うーん良くないなぁ。


以下自分用備忘録。


DPP 3.9.2 ShortCutKey for MacOS

チェックマークを付ける・・・「Option」+1~5
チェックマークを外す・・・「Option」+Z
チェックマーク1~5のみ選択
   ・・・「Command」+「Option」+1~5

レーティングを付ける・・・1~5
レーティングを外す・・・0
除外・・・ X
レーティング1~5以上を選択
   ・・・「Command」+「Control」+1~5
除外画像を選択・・・「Command」+「Control」 X


レーティングに関してはBridgeなどと違って
レーティング1「以上」を選択という仕様になっており
「のみ」選択が出来ませんので、
チェックマークとの使い分けが必要とされます。
うーんこれも良いような悪いような…
私的にはいらぬお節介仕様に思えるなぁ…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。