犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
白トビ・黒ツブレ
え~まずはyukinyaaさんありがとうございます。
あのあと忙しくなってしまってLightroomあまり触れてないので、教えていただいた「小さい四角」は探せてませんが、電車の行き帰りに日本語ベータ版DL画面の説明文をプリントアウトして地道に読んだりしてます。

さて、Lightroomに限らず白トビ・黒ツブレの話題ですが、tatsphotoさんの質問に対しては、まさに「yukinyaaさんやitoさんのおっしゃるような使い方を私もしています」という答え。
ま、黒ツブレは白トビほどシビアには見ませんが。
ウェディングのスナップなど撮影時に露出バッチリとはなかなかいかず、ややアンダー目から持ち上げることも多いので、データを現像する際にやはり白トビ具合と全体の雰囲気としての明るさのバランスを考えながらやってますね。
白トビ警告が無いソフトでは、自分が望む明るさにした時にやはり白トビを作りすぎて確認に手間取りそうで怖いです。

itoさんの「あえて白飛びの箇所が少し有る状態にして、メリハリが無くならないように・・・」は最近私も心がけています。

あと、とあるデジタルに強い方に「DPP白トビ警告無くて使いづらくないですか?」と聞いたときに「だって飛ばないもん」って冗談のように言われたことがありましたが真意は・・・解らずじまい(笑)。
確かにお互い酔ってはいましたが・・・表現がオーバーになったのでしょうか?それとも「Nikonよりは」って意味なんでしょうか?

それとカメラの白トビ警告ってソフトで見るより派手に出やすい気がするのですが・・・。
現場で段階露出を切ったときに警告が出たオーバーよりのファイルの方が現像時にちょうど良かったりするんですよね、たまに。
これもきちんと検証すればいいのでしょうが・・・
検証したいことが増えすぎてストレスになるのもばかばかしいので、焦らず気長にやります(笑)。




コメント
この記事へのコメント
DPPとACR
DPPとACR(AdobeCameraRaw)では、ACRのほうが、ハイエストライトのディテールが出せます。

例えば、明るい曇り空の風景などで、DPPで空のディテールが飛んでいても、ACRなら微妙な雲のトーンを出せることがあります。
もちろん、初期設定ではACRでもディテールが出ませんが、前述の通り、露光量を下げることによって、回復させることができます。

DPPの場合は、ニュートラルにするとスタンダードより、ハイライトのトーンを出せるようになります。
ガンマカーブをマイナス方向に動かすとハイライトを押さえることが出来ます。
DPPの場合は、明るさ調整スライダ(ACRの露光量調整に当たる)をマイナスにしても、ハイエストライト部分のディテールは回復しません。
ガンマカーブをマイナスにすると、全体的なコントラストが下がるので、トーンカーブで調整してやる必要が出てきます。

キヤノンのカメラは(と言っても、他メーカーのカメラは知らないのですが)、ハイライトの情報をかなり拾っていると思うのですが、何故かキヤノンの絵作りは、その情報を切り捨てているように思えます。
JPEGでピクチャースタイルスタンダード撮ったなら、ハイライトは飛び気味、シャドウはつぶれ気味になります。
2006/11/16(木) 05:58:22 | URL | yukinyaa #dNm2mw72[ 編集]
>yukinyaaさん
コメント感謝です。
なるほどなるほど。
DPPは使わないので解説助かります。
ま、ACRもほぼ使わないのですが(笑)。
2006/11/17(金) 00:35:13 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wanwancamera.blog53.fc2.com/tb.php/62-1ebbbfb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック