犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEDパネル実戦投入
110620LEDpanelTEST_01
毎月とある雑誌のプレゼントページを撮っておりまして、
写真の扱いは実際の誌面で5~6cm四方の角版。
しかも撮影物も小物が多く、背景もおまかせ・・・
ということでLEDライトセーバーがかなり有効で、
毎月のように使っているのですが。

そうだ、今月はここにLEDパネルを投入してみよう、
ということで使ってみました。
もともとパネル2枚で撮影、はあまりしないかも、
と言うことで1枚しか買わなかったわけですが、
(もちろんコスト削減も考えましたが)
手持ちのLEDのペンライトと組み合わせたらどうかと。

で、カラーメーターで色温度を測ると。
(あくまで参考値。正確な値はご自身でどうぞ)

LEDパネルはFULL側で約7500K、
ディマーコントロールで最小出力にすると8000K弱。
メーター上は25M補正が必要とのことで、
やはりG被り。

写真に写っている手持ちのLEDペンライトは「ICON LOGUE1」。
強弱2段階調光。
これがFULLで約約8000K(LOWで約7500K)。
補正値もメーター上は同じ25M補正。
まったく色傾向が同じではないですか!
これならいけるか?と思ってこの組み合わせでトライ。

んが。

・・・LEDパネル側の出力がいかんせん大きすぎ(^_^;)。
ライトセーバーにした状態では光量が追いつかない。
そこでペンライト側はアクリルの屏風越しにライティング。
今回は硬い光を生かしたので何とかなりましたが、
ちょっと苦しいライティングだったかな・・・。
LEDペンライトをもう少し明るいものにすれば
バランスは取れるかもしれませんが、
今度はISO100でも振る時間が足りない。
まして絞りを開けたい撮影でもあるし。
う~ん、もう少しいろいろ考えねば。

あ、ちなみにLEDパネルの設置方法は新藤さん方式を採用。

110620LEDpanelTEST_02
色被りを見るときに良くやる方法。
大型ストロボのヘッドの黒いおかまを撮ります。
奥のハイライトがLEDパネル、
手前のハイライトがペンライトのハイライト。
メーター上はほぼ同じでも微妙にG被りが強いようです。

110620LEDpanelTEST_03
ペンライトにCC25Mのフィルターをかましました。
だいぶ馴染んできました。

110620LEDpanelTEST_04
さらにLBB-1を追加。
これはちょっと青すぎかな。

まぁ今後また時間があるときにいろいろ考えてみます。
とりあえずデビュー、でした。
コメント
この記事へのコメント
自己レスです。
おかまの写り込みはアクリル越しなので、アクリルディフューズの場合のG被り&その補正ということで。
まぁ、生光ではあまり使わないのでディフューザーも考えて使わねば。
2011/06/21(火) 13:12:33 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。