犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
6.2.2リリース!
今朝PhaseOneJapanのツイッターを見たら、CaptureOne6.2.2のリリースに気付きました。
残念ながら先日書いたUSBがらみのバグについてのリリースは無いようですが、OPEN CL関係を改善したらしき内容はリリースに書いてあるそうなので、こちらは朗報か。

そういえば外付けハードディスクを用意してOSインストール、までは流石にまだできてませんが(汗)…

「OPEN CL」を使わない設定にして以降はまだカーネルパニックは起きていません。
昨日も直結撮影&現像作業でCaptureOne6Proを使いましたが、問題なし。

次は6.2.2にアップして「OPEN CL」を使って様子見ですかね。
コメント
この記事へのコメント
僕的にC1Proネタに引っかかりやすい感じ、、笑
今日の仕事から使ってますが、今のところ快調。
僕のところは現行MacPro8Coreと2世代前のMacPro4Coreですが、どちらもopenCLは問題なしです。これが問題になったのは最初のバージョン6の時だけでした。
それと別HDDに予備用のOSと言うお話ですが、個人的には外付けはどうかな?と思っています。MacProなので内蔵は4基HDDが入りますから、余っている裸のHDDを内蔵させて新規インストしておくだけで十分だと思いますが。
個人的価値観の違いですかね??
2011/07/20(水) 12:47:24 | URL | tats #Qi8cNrCA[ 編集]
>tatsさん
引っかかっていただき感謝(笑)。
早速のご報告ありがとうございます。
うちは現行のMacPro4Coreです。

まぁ確かに内蔵が一番ですよね。
eSATAカードも問題かもしれないとなると、他の外付けではケーブルがスピードのボトルネックになっちゃいますし。
とりあえず外付けが用意しやすいと思ってましたが、内蔵も1個なら用意できそうなことを思い出しました。
時間を見つけてOSインストしておきたいと思います。
アドバイスありがとうございました。
2011/07/20(水) 14:44:53 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
CS5もOPEN CLを使っていますが、Macでは関係ないと思いますが、以前Windowsマシンのストールを調べていたらトリガーはOPEN CLでしたけど、結局、それを調べたらグラフィックカードがバグ かつ パソコンのメモリもバグ というのが見つかった経緯あり。C1でのOPEN CLのバグでは、画像が乱れる場合がありました。
2011/07/20(水) 15:35:53 | URL | PLIE #2S.HEQSk[ 編集]
内蔵のディスクに入れておくと、「あっ」と思った瞬間にパーテごと消したりしてしまったり、共有だったりすると何か上書きしてる人がいたりするので…。
あと、複数台を管理する環境が念頭にあったので、1台の外付けを持っている方が、全台に入れておくより便利だとの意識でした。
2011/07/20(水) 20:46:23 | URL | どんべぇ #-[ 編集]
>PLIEさん
情報ありがとうございます。
確かにWinとMacでは同列には語れないかもしれませんが、グラフィックカードの力を借りるのは一緒ですからトラブルの可能性は常にありますよね。
現にヴァージョンアップで修正しているポイントでもありますし。
慎重に様子を見ていこうと思ってます・・・
って本当はPCのトラブルに付き合っている場合ではないのですけど(汗)。

>どんべぇさん
確かにどんべぇさんの意見も納得できます。
というかどんべぇさんの環境だとそちらの選択肢しかないかも・・・(^_^;)。

MacProの場合は内蔵HDDの差し替えが異常に簡単なので、外付けに近い感覚で内蔵が使えるかな、と今のところ思ってます。
常に使うわけではないですしね。
2011/07/21(木) 08:40:40 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する