犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
ついやっちまいましたが
Capture one 6について、その後。

6.3が出てしばらくたちましたが、
動作保証で「Mac OS 10.6.8 or later」と書かれている以上、
一応Snowleoperdの場合は10.6.8に上げておけ、
という意味でもあるわけで。
状況がどうなっているのかを先日DNPさんに確認。
すると6.2.2まで出ていた不具合報告は
6.3では報告無いですね、とのこと。

それならば、ということで
Apple関係のアップデートを一気にかけてからハタと気付く。

…あ、上げちゃダメだったじゃない…。

EOS UtilityがOS 10.6.8で使ってはいけない、
となっていたのを忘れてた。
先日ブログに自分で書いたのに(^_^;)。
一応Canonのサポート(CPSではなく)にTELしてみましたが、
当然…

Mac OS 10.6.8では使えない、まだ対応予定もない、
Macで使いたい場合はOSを10.6.7に下げて使ってくれ、
但しそのやり方はアップルさんに聞いてくれ…
まぁ月並みなお答え。

で、そもそもMac OSのダウングレードなんて
考えたこともなかった(汗)。

で、10.6.7にするにはどうすれば…
と思って調べてみたら、
やはりダウングレードという概念がそもそも無いのですね。
インストールCDからクリーンインスト
→お好みのヴァージョンへアップ、という流れだそうで。
そりゃできるだけやりたくない(^_^;)。

という訳で、じゃ実際試してみましょうか、と。
OS 10.6.8にてEOS Utilityを使ってみる。
…あれ、普通に使えるじゃない。

確かにCapture oneでの不具合報告も
現象が出るMacと出ないMacがある、と言ってたな。
うちの子が出ない方だったらラッキー?

それともう一つ。
実は最新アップデートのMac OS 10.6.8は
実は「ver 1.1」って文字がくっついてるんですよね。
実はAppleがこそっとマイナーアップして対応してたりして?

真相は分かりませんが使えるなら助かります。
昨日今日スタジオ撮影で使用して、
1回だけリモートライブビューでフリーズしましたが、
それ以外はいたって快調。

しばらくこのまま様子を見てみるとします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する