犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
webコンタクトシート
いや、あっという間に11月(汗)。
この所死にそうに忙しい…。

さて、撮影時、昔はコンテがはっきりしていて、ここでこういう写真を使いたいからこう撮ってくれ、というオーダーがあったものですが。
最近のお仕事は(自分に依頼される仕事の性格もありますが)メインカットらしき写真の他にも、現場判断でバチバチ撮って、膨大な写真の中からページを構成する、というスタイルが多く。
アタリデータとして編集者に渡す写真のカット数も大量になります。
で、今回の担当の編集&ライターさんは非力なモバイルPCで作業するらしく、普通のjpegを大量に渡されても実は頭が痛い、と本音がポロリ。

そこで今回はこれの出番と思い出したのがCaptureOneのwebコンタクトシート機能。
こちらでwebコンタクトシートのフォルダを作成して相手に渡せば、誰もが持っているInternetExplorerやSafariなどのwebブラウザで快適なスピードで画像閲覧ができる。

さて、とはいえ、そのフォルダをどうやって手渡すか。
個人的にも会社の部署的にもデータやり取り用のサーバなどは持っておらず、普段はCD&DVDなどディスクでのやり取りばかりなので、ネット経由のデータやり取りはメール添付程度。

そこで後輩に教えてもらったのが「データ便」。
登録無しで使えるのが気楽らしく。
早速フォルダをzip圧縮で一つのファイルに変換、データ便にて送付…と思ったら送れない(-_-#)。
どうやらwebコンタクトシートには.exeの実行ファイルが含まれていて、データ便では違反になるらしい。

では以前使ったことのある「宅ふぁいる便」ではどうかとトライ。
お、こちらは送れる!偉い!
ということで無事編集Sさんの手元に。

結果編集さん大喜び(^_^)。
自分でもCaptureOneが欲しい!なんて言いかけたくらい(^_^;)。
プロ版じゃなくても1万以上しますよ、と言ったら断念してましたが…。

確かに編集者さんにこそ必要な機能かもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
私はBridgeでPDF作ってコンタクト作るのですが、添付したそのPDFが重宝されます、お客さんとはPDFでやり取りしてるみたいです。
2011/11/02(水) 16:36:34 | URL | yamada #HsU3vTHI[ 編集]
確かにBridgeのPDF出力コンタクトシートも便利ですよね。
アタリデータを入れたDVDにそのPDFも入れてあげると喜んでもらえます。
CaptureOneのwebコンタクトシートはサムネイルをクリックすると大きい画像が見られるので、セレクト作業にはもってこい。だけどそのコンタクトシートをプリントアウトは出来ないのが残念なところ。
対してBridgeのPDFは当然紙に出力できるので、これが重宝されます。
レイアウトの時にチョキチョキ切って使うんですって。
2011/11/03(木) 09:57:45 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。