犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姫路の前の金沢

話は前後してしまいますが、先週火曜日は金沢に行っておりました。
昨年から何度も行っている北陸方面。
いつも通り(^_^;)当然車での往復。
まぁ、ドライバーは主に編集者さんで私は全行程の1/3程の運転なので助かってますが。

金沢は桜の撮影ではなかったのですが、盛りを2~3日過ぎたばかりでほぼ満開。
金沢は京都に次いで数えきれないほ程訪れているヘビロテな場所なのですが、桜の季節に訪れたのは初めてかも。
こんなに桜が多い町だったとは咲くまで気付かなかった。
上の写真は犀川沿い。
生憎の曇り空、そしてやや葉桜になってましたが、見事な桜並木でした。
金沢城址や兼六園周辺も桜だらけでこれまたお見事。


お次の写真、これは金沢を流れるもう一本の川、浅野川沿いにある茶屋街の主計町(かずえまち、と読みます)へと降りて行く 暗がり坂からのスナップ。
真ん中の木が一本桜だったとは前回訪れた時は気付かず。
なかなか風情がありますね。


えー、市役所でトイレを借りると、男子トイレの場合は用を足しながらの眺めがなかなか素晴らしい(笑)。
金沢21世紀美術館と満開の桜。
実はここの展示まだ一回も見た事がないのです。
一回だけ美術館のカフェで打ち合わせはしたのですが。
いつか早めに仕事が終わって、閉館間際の1~2時間だけでも展示が見られると良いのですが…
そんな暇は無いんだろうな~(^_^;)

因みにその月曜日はスタジオ撮影の後、19時東京発→翌1時金沢着、火曜日朝から撮影、また19時金沢発→翌1時東京着、とまぁいつもながらのハードなスケジュールで流石に疲れて水曜日はぐったりでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。