犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大渋滞&風邪もようやく…
また一週間以上経ってしまいました。

前回は前橋出張に車で、
なんて話で終わりましたが…意外なトラブルに。

先週月曜日は朝9時前に出発、
前橋に12時半待ち合わせですから
昼食込みでも余裕で間に合う時間。
下道で関越練馬インターを目指すか、
首都高→外環で行くか迷いつつ、
なんとなく首都高経由に決定。
首都高に乗った途端、関越練馬-所沢間で事故渋滞の表示。
まぁしょうがない、とあまり気にしていませんでしたが、
外環美女木ジャンクション直前の電光掲示板の文字が。

「関越練馬-所沢 事故渋滞8km110分 外環和光出口渋滞中」

これは尋常じゃない、と感じつつ、
や、やばい、外環への側道に入ってしまった…
と、思ったら運良く赤信号停止。
ここは高速道路には珍しい信号がある場所でしたね。
和光で詰まってる=国道254号も混んでるだろうし、
和光も練馬も抜けるだけで何分かかるか…
直感的に直進が正解?と判断。
運良く直進レーンもあるし。
実家が所沢の元埼玉県民な私、
浦和経由所沢行きのルートを思いつき、
取り急ぎすぐの浦和南インターで新大宮バイパスへ降ります。
後から見てみると一応正解だったみたい。

新大宮バイパスもそれなりに混んでいますが、
流れてはいたので無事、旧県道浦和所沢線=国道463号線へ。
ここで運良くwi2のWi-Fiを拾えてiPodtouchが役立ち、
どうやら川越のあたりまで規制あり?の情報を見て
行き先を川越インターに変更。
wi2 加入しといて良かった~。

254号本線手前、
旧富士見川越有料道路=254号バイパスはすいすい。
結局10:40くらいに川越インターから関越に乗りました。
それなりに時間はかかりましたが、
あとでTwitterなどで報告を見ると、
おそらく40~50分は短縮できたのではないかと。
精神衛生上も渋滞でのイライラもなく、
昼食の時間も取れたので大正解でした(^^)。

さて一方、風邪の件。
1/5頃からですから…3週間以上かかりましたが、
ようやく風邪や咳の症状がおさまってきました。

1/9 呼吸器科にて風邪薬処方

1/11頃から咳も酷くなる

1/18 呼吸器科でより強い薬を処方

1/23 耳鼻科で花粉症の薬
(アレロックとフルナーゼ点鼻薬)を処方

翌日からやや咳が楽になってくる

1/25 呼吸器科で前回より弱めの風邪薬処方

1/27 咳が激減

で今日に至ります。
こんなに咳で大変だったのは3~4年前の喘息認定の時以来。
しかも今回の咳は今までと違って、
鼻水が喉に落ちてきてそれが喉に絡んで咳が止まらない、
といったもの。
ネットで素人調べで決めつけるのは危険ですが、
どうやら「後鼻漏(こうびろう)」という症状に
かなり当てはまります。
これがまた治療方法もこれと決まっている訳ではなく、
その効き目もかなり個人差があるようで。
咳が止まらないときは本気でなんとかしなきゃと焦りましたが、
幸い今回は花粉症の薬でだいぶ治まってる様子。
とはいえ根本的なアレルギー体質を
本当はなんとかしたいところ。

後鼻漏だけなら鼻うがいなども効果があると聞きますが、
その他に「Bスポット療法」なるものがあるらしく。
上咽頭と呼ばれる喉の奥の部分。
ここに慢性的に炎症をおこしている人が実は多いらしく、
そこに塩化亜鉛という薬を塗って炎症を治すだけで、
アレルギー症状を始め、頭痛や肩こり、いびき、めまいなども
改善される可能性があるんだとか。
(もちろん効き目も個人差あり)
とはいえ都内でその治療をやっている病院は
数えるほどなのが難点。

そして前のエントリーのコメント欄でも触れましたが
実は今某雑誌にて美容テーマの連載を担当していて、
毎月お医者さんを取材してまして。
今月末に伺うちょっと遠くのお医者さんが
実はそのBスポット療法をしているお医者さん。
取材の本論とは違うのですが、
相談できるチャンスがあったら
詳細を聞いてきたいと思ってます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。