犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真展「意識の流れ」

少し前、9月の末の話ですが鈴木理策さんの写真展「意識の流れ」を見てきました。
珍しく写真撮影OK。
皆さん写真撮ってました。


場所は新宿・東京オペラシティアートギャラリー。
随分前にティルマンス展を見て以来ですね、そういえば。


ティルマンス展の時にも思いましたが、やはり大きい作品は大きな箱に映えます。
というか大きな箱で見なければ魅力半減かも、と個人的には。
理策さんの写真は取り立てて凄く好きな訳では無かったのですが、この写真展は好きでした。


一部ムービーも使ってます。これはモニターを下に置いて水面の写り込みが動いているのですが、これは新鮮でした。


他の展示も意図があってなかなか面白い。


個人的に一番手法としてやられた、と思ったのがこれ。一番端は木々の手前に雪が写ってるはずなのですが、途中は真っ白な雪なのか露光していない印画紙なのか…
なかなか考えさせられます。
たまには大きい写真展も見に行かねば、ですね。
良い時間でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。