犬顔きゃめら
雑誌系犬顔カメラマンの雑記
FUJI セミナー&S5pro体験会
S5pro体験会

Fuji Finepix F710  SILKYPIX 3.0

金曜日は昼過ぎまで撮影。
前日終電までに終わりきらなかった預かり仕事で、ヘアケア商品のキリヌキ。

で、行けたら行きたいと思っていたFUJIのプロ向けセミナー参加のため、いざスタジオエビス。
体験会も興味はあったのですがそれよりもセミナー目当て。
内容は「S5pro特徴説明」と「印刷のためのデジタルデータの作り方」。
「S5pro特徴説明」はカラーモードやダイナミックレンジ拡張モードについてわりと詳しく聞けました。
「印刷のためのデジタルデータの作り方」はレジュメが配られましたが、ほぼそのレジュメの読み上げに終始。
今現在の問題点についてはごくありふれたレベルの内容。ではそれらの問題について、FUJIさんが考えるワークフローでどのように解決していけるか、という話は少し興味が持てました。
で、セミナー終了後講師の方にいろいろ個人的にお話を聞きに行くと・・・
聞き覚えのある声で名前を呼ばれ・・・
振り向くとそこには捨身研主宰。
「もう終わった?そろそろいい?」とニコニコ。
あ、お待たせしてましてすみません。
で、そこからは主宰と二人で質問攻め。
講師の方長々失礼しました(笑)。

RGBデータを自動で補正するソフト、RGBからCMYKへの変換が優秀だという印刷所向けの商品などなど・・・
それぞれ面白そうではありましたが、それらの商品やワークフローがどの程度実現・浸透しているか、というと実はまだまだな様子。
値段も安いものではないようですし。
一番興味を持ったのはピクトロやEpsonのプリンター(PX-5500だったかな?)を使って色見本を作るためのソフト。
プリントキャリブレーションをして用紙ごとにプロファイルを作るのは同じなのですが、フォトショップを使わず、そのソフトがプリンタのドライバを使って出力するらしい。
つまりガマットマッピングが優れているのが売り。
私も理解しきれてはいないので詳しい話に興味がある方はPAGE2007のFUJIブースでどうぞ(笑)。
各色のピークの方向がねじれないように揃えているのが肝だ、と聞いたような気がします。
こちらのソフトもお安くは無いですがアンダー10諭吉ではあるようです。

さて、S5proの話がまだでしたが・・・
ま、ベースがD200なだけあって、メニュー画面が若干違うものの戸惑うことなく操作できます。
メニューはフジならではのものもあってかなり細かい。
で、気づいた点いくつか。

・上の写真に出ている「フェースズームイン」機能はなかなか便利。ただし少し問題があって、RAWデータ内のjpegが小さいのかRAWだけだと拡大しきれない。で、解決策を聞くと結局RAW+jpegで撮影するしか方法は無いそうで。それに目をつぶれば一人目から順々にワンプッシュで顔のアップが出てきてピント確認できる。上手く機能すれば便利かも。

・バッテリーグリップはNikonのMB-D200が使える。動作保証はしていないらしいがS5proのメニューにちゃんとMB-D200使用時の電池種類選択の項目があって、エネループ使えそう。

・NikonのSB-800が使えるとは聞いていましたが、なんとS5proのストロボメニュー内にコマンダーモード発見。どうやら完全CLS対応のようです。

あとはRAWデータ現像ソフト、私はキチンと見る時間ありませんでしたが他の人によると「割と良く出来ている、NXより使いやすいんじゃないの?」なんて意見を聞きました。

良さそうだし、興味もとてもあるのですが。
私は今ビューカメラで手一杯(笑)。


コメント
この記事へのコメント
S5proこれ私も見たかったのですが、個人的な予定が・・。wanwanさんが背中押して捨身研主宰がこれをお題に取り上げてくれないかな~!!とか思ったりして(^_^)♪PAGE2007に行けないのもますます悔やまれます(^_^;)苦笑)
2007/01/21(日) 01:56:52 | URL | ハナポンパパ #mQop/nM.[ 編集]
そんなセミナー知りませんでした~。
もっとも、行けませんでしたけど~。

ところで、Winは存じませんが、Macの場合、Photoshopじゃなくても、プロファイル使ってプリント出来ますよ。
2007/01/21(日) 02:28:32 | URL | yukinyaa #dNm2mw72[ 編集]
i-ColorQC RGB PRINT 2
>ハナポンパパさん
捨身研のお題としては確かにぴったりだと思います。
FUJIさんにその気があるかどうかですね。
PAGE2007に行けたらもう一度詳しく聞いてみたいところです。

>yukinyaaさん
それは例えばDPPとかNikonCaptureで、ということですかね?
であればもちろんWinでも大丈夫なのですが、
Photoshop出力に勝るメリットがあるという話は聞いたことが無く、
かつ慣れているPhotoshopよりは使いづらいので
正直テストすらしたことがありませんでした。

FUJIのこの商品(「i-ColorQC RGB PRINT 2」というそうです)は「RGBプリントを従来のカラーポジ感覚で運用する」ことを目指しているらしく、もしそれが実現できるのであればプロカメラマンのプルーフプリントのフローにはぴったりではないかと思ったわけです。
2007/01/22(月) 10:49:37 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
>ハナポンパパさん
あ、どっちかというとS5proについてでしたかね?
両方取り上げられるといいですね。
2007/01/22(月) 10:51:08 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
SU800はつくのでしょうかね?
捨身でやりたいですね。
2007/01/22(月) 12:15:35 | URL | yamada #HsU3vTHI[ 編集]
えっと、
Winでも、同じかも知れませんが、
プリントの仕方に3通りありますでしょ?
1.ドライバ任せ
2.ColorSync(OSでカラマネ)
3.Photoshopなどアプリでカラマネ
これの2.の話です。
Windowsだと、ICM使用でしたっけ?
つまり、アプリケーション側に色変換の機能がない場合は、OS側、つまり、プリンタ側でカラマネするってやつです。
ま、アプリにカラマネ機能があれば、通常は2.は使いませんね。
2007/01/22(月) 13:51:58 | URL | yukinyaa #-[ 編集]
>yamadaさん
おお、コメントありがとうございます。
大変でしたね。
少しは落ち着きましたか?
で、SU800が付くかは聞き忘れました。
是非捨身でやりたいですね。

>yukinyaaさん
2番の「OSでカラマネ」という奴、私まったく理解してません。
上手くいくものなのでしょうか?
2007/01/23(火) 02:10:05 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
OSでカラマネは、私も良く分かってませんが、Macの場合は、ColorSyncを使うものと思います。
根性があれば、学習帳ネタにしますが、たぶんしないでしよう。根性ないから。(笑
てゆーか、PhotoshopとかLightroomがあるから、使う必要がないってことですね。
ただ、例えばカラマネしないソフト、Firefoxの画像をプリントする時とかには有効なのかも。
でも、そうしてカラマネしてプリントした方が色は正確に出ているわけですが、カラマネしないソフトのモニタ上との色は合わないわけで、そのことが分かってる人じゃないと、使わないと思います。
2007/01/23(火) 11:41:33 | URL | yukinyaa #-[ 編集]
その線で開催
2007/01/30(火) 22:20:08 | URL | 捨身な人 #TtTmSPKA[ 編集]
>捨身な人さま
ではパゲ2007でもう一押し、ですかね。
2007/01/31(水) 01:34:11 | URL | wan-wan #fVG31C5s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wanwancamera.blog53.fc2.com/tb.php/98-2e152027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック